ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

全銀協が24時間振り込みに対応する方針。最終的なライバルはビットコイン?

 

 銀行業界が振り込みの24時間対応に向けて動き始めた。もし実現すれば、15時で当日受け付けを締め切るという古い慣行に風穴が開くことになる。

ginkou

 現在、銀行間の決済業務は、全国銀行協会(全銀協)が運営する全銀システムによって行われている。全銀システムの稼働時間は平日8時30分~15時30分となっており、15時までに振込手続きをしないと当日扱いにはならない。

 海外では、24時間決済を導入するところが増えてきており、これにならって国内でも時間延長に対応すべきという議論が高まっていた。英国は2008年から全銀行が参加する24時間決済システムを導入しており、取引量が増加するなどの効果が上がっているという。

 ただ、全銀協のシステムを改修するためにはかなりのコストがかかると見込まれており、費用対効果の面から疑問視する声もあった。利用者に対する調査でも、夕方から夜にかけてや土日祝日にはニーズがあるものの、深夜のリアルタイムの振り込みにはあまり需要がないとの結果が出ていた。

 最終的には24時間に振り込みに対応する方針が固まり、ゆうちょ銀行もこれに参加する見通しとなったわけだが、長い目で見れば意味のある決断だと考えられる。それは新しい金融テクノロジーが次々と誕生しているからである。

 海外の銀行が24時間決済への対応を急ぐ背景のひとつには、インターネット上の仮想通貨ビットコインとの競争があるといわれている。
 日本ではビットコインは単なるモノという扱いだが、米国や英国では、実質的に通貨として利用することを認めており、ビットコインでの支払いに対応する事業者が増えている。ビットコインはネットで流通するグローバル通貨なので、24時間決済のニーズはたくさんある。このままビットコインの普及が続けば、ビットコインを安価に決済する銀行のような事業者が出てくるのは時間の問題であり、従来のようなサービス体系を続けていては、銀行は相対的に厳しい環境に置かれることになる。

 日本の銀行は、振り込みの時間制限の問題に加えて、海外送金が不便で手数料が高いという問題も指摘されている。これもビットコインのようなグローバル通貨に利用者を奪われるきっかけとなる。振り込みの24時間対応をきっかけに、こうした部分への議論拡大が期待される。

 - 経済 ,

  関連記事

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …

nichigin03
日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

nichigin04
日銀が国債保有シェア1位に。株も公的年金による事実上の政府保有が進む

 日銀による国債保有割合の増加が顕著になっている。日銀が6月18日に発表した資金 …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …

no image
Facebook経営陣が株を売らないことを無理やり約束させられた件

 Facebookのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、保有する同社株を少 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …