ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

全銀協が24時間振り込みに対応する方針。最終的なライバルはビットコイン?

 

 銀行業界が振り込みの24時間対応に向けて動き始めた。もし実現すれば、15時で当日受け付けを締め切るという古い慣行に風穴が開くことになる。

ginkou

 現在、銀行間の決済業務は、全国銀行協会(全銀協)が運営する全銀システムによって行われている。全銀システムの稼働時間は平日8時30分~15時30分となっており、15時までに振込手続きをしないと当日扱いにはならない。

 海外では、24時間決済を導入するところが増えてきており、これにならって国内でも時間延長に対応すべきという議論が高まっていた。英国は2008年から全銀行が参加する24時間決済システムを導入しており、取引量が増加するなどの効果が上がっているという。

 ただ、全銀協のシステムを改修するためにはかなりのコストがかかると見込まれており、費用対効果の面から疑問視する声もあった。利用者に対する調査でも、夕方から夜にかけてや土日祝日にはニーズがあるものの、深夜のリアルタイムの振り込みにはあまり需要がないとの結果が出ていた。

 最終的には24時間に振り込みに対応する方針が固まり、ゆうちょ銀行もこれに参加する見通しとなったわけだが、長い目で見れば意味のある決断だと考えられる。それは新しい金融テクノロジーが次々と誕生しているからである。

 海外の銀行が24時間決済への対応を急ぐ背景のひとつには、インターネット上の仮想通貨ビットコインとの競争があるといわれている。
 日本ではビットコインは単なるモノという扱いだが、米国や英国では、実質的に通貨として利用することを認めており、ビットコインでの支払いに対応する事業者が増えている。ビットコインはネットで流通するグローバル通貨なので、24時間決済のニーズはたくさんある。このままビットコインの普及が続けば、ビットコインを安価に決済する銀行のような事業者が出てくるのは時間の問題であり、従来のようなサービス体系を続けていては、銀行は相対的に厳しい環境に置かれることになる。

 日本の銀行は、振り込みの時間制限の問題に加えて、海外送金が不便で手数料が高いという問題も指摘されている。これもビットコインのようなグローバル通貨に利用者を奪われるきっかけとなる。振り込みの24時間対応をきっかけに、こうした部分への議論拡大が期待される。

 - 経済 ,

  関連記事

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

siniakigyou
起業希望者はバブル期に比べて半減。だが高齢者起業家は急増中

 起業を希望する人の数が年々減少し、2012年にはピーク時の約半分になったことが …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

panachinakojo
パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国 …

Cambodia
最近のアジアへの移住ブーム。以前とはだいぶ様子が違ってきている

 アベノミクスが効果を上げてきていることから、日本の将来を楽観視する声も聞こえ始 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …