ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

全銀協が24時間振り込みに対応する方針。最終的なライバルはビットコイン?

 

 銀行業界が振り込みの24時間対応に向けて動き始めた。もし実現すれば、15時で当日受け付けを締め切るという古い慣行に風穴が開くことになる。

ginkou

 現在、銀行間の決済業務は、全国銀行協会(全銀協)が運営する全銀システムによって行われている。全銀システムの稼働時間は平日8時30分~15時30分となっており、15時までに振込手続きをしないと当日扱いにはならない。

 海外では、24時間決済を導入するところが増えてきており、これにならって国内でも時間延長に対応すべきという議論が高まっていた。英国は2008年から全銀行が参加する24時間決済システムを導入しており、取引量が増加するなどの効果が上がっているという。

 ただ、全銀協のシステムを改修するためにはかなりのコストがかかると見込まれており、費用対効果の面から疑問視する声もあった。利用者に対する調査でも、夕方から夜にかけてや土日祝日にはニーズがあるものの、深夜のリアルタイムの振り込みにはあまり需要がないとの結果が出ていた。

 最終的には24時間に振り込みに対応する方針が固まり、ゆうちょ銀行もこれに参加する見通しとなったわけだが、長い目で見れば意味のある決断だと考えられる。それは新しい金融テクノロジーが次々と誕生しているからである。

 海外の銀行が24時間決済への対応を急ぐ背景のひとつには、インターネット上の仮想通貨ビットコインとの競争があるといわれている。
 日本ではビットコインは単なるモノという扱いだが、米国や英国では、実質的に通貨として利用することを認めており、ビットコインでの支払いに対応する事業者が増えている。ビットコインはネットで流通するグローバル通貨なので、24時間決済のニーズはたくさんある。このままビットコインの普及が続けば、ビットコインを安価に決済する銀行のような事業者が出てくるのは時間の問題であり、従来のようなサービス体系を続けていては、銀行は相対的に厳しい環境に置かれることになる。

 日本の銀行は、振り込みの時間制限の問題に加えて、海外送金が不便で手数料が高いという問題も指摘されている。これもビットコインのようなグローバル通貨に利用者を奪われるきっかけとなる。振り込みの24時間対応をきっかけに、こうした部分への議論拡大が期待される。

 - 経済 ,

  関連記事

imf Deputy Director japan
IMFが日本との協議を終了。アベノミクスを評価するも、構造改革とセットにすべきと指摘

 IMF(国際通貨基金)は5月31日、経済動向と政策課題に関する日本政府との10 …

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

doller
米国の債務上限問題。1兆円コイン発行という奇策は財務省が否定

 新年に入りオバマ大統領と議会共和党の攻防が再び激しくなっている。昨年末、財政の …

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

kuroda
日銀による国債の「大人買い」で、大量のマネーはどこへ向かう?

 日銀は4月4日、これまでとは規模感の異なる大胆な金融緩和策を打ち出したが、市場 …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

euhonbu00
EUが中国製太陽光パネルに反ダンピング関税。保護主義への観測気球との見方も

 欧州連合(EU)の欧州委員会は5月8日、中国が欧州に太陽光パネルを不当に安く輸 …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …

his
旅行大手HISが日本に絶望?タイを拠点に、新航空会社の設立を発表

 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)は4日、タイに航空子会社を設立し、日中韓 …