ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開催されている。今回の議論には、最大の排出国である米国と中国が積極的なスタンスで臨んでおり、大きな成果が期待されている。一方、エネルギー構成の比率を決めていない日本は、リーダーシップを発揮しにくい状況にある。

cop20a

 COPは、1992年の地球サミットで採択された「気候変動枠組条約」に基づいて開かれる国際会議のことを指し、95年の第1回会合以来、毎年開催されている。
 大きな注目を集めたのが、97年に京都で開催されたCOP3である。COP3では、2012年までの具体的な温室効果ガス排出削減目標を示した「京都議定書」が採択されたが、内容に不満を示した米国が離脱し、中途半端な形で枠組みが構築されることになった。
 京都議定書は2013年から2020年まで8年間の延長が決定されたが、今度は、原発事故で削減目標達成が不可能となった日本が事実上脱退してしまうなど、形骸化が進んでいる。

 今回のCOP20では、京都議定書に変わる新しい枠組みが議論されており、京都議定書の効力が切れる2020年以降の導入を目指している。
 世界最大の排出国である米国と中国が非常に前向きであることから、新しい枠組みには期待が高まっている。米中とEUは早くも積極的な削減目標を打ち出し、会議の主導権を握ろうとしている。

 一方、日本は、最終的なエネルギー源の構成比率が決まっていないため、具体的な目標を打ち出すことができない状況にある。今回は各国の足並みが揃っていることもあり、日本にとっては不利な状況が続いている。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

saiki
外務省の斎木次官が訪中。だが今のところ日中首脳会談開催のメドは立たず

 外務省の斎木事務次官は7月29日、中国を訪問し、中国外交部(外務省)の王毅外相 …

furusatonozei
ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減っ …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

one drive
マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

gold
ドイツ連銀が国外に保管している金塊の一部を国内に移送するワケ

 ドイツ連邦銀行は、米国とフランスに保管している金塊の一部をドイツに戻し、金保有 …

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

mujinkijiko
米軍における無人機墜落事例は400件。商業利用では自動操縦で問題解決か?

 米国で400機以上の無人機が墜落していることが明らかになった。米国ではすでに無 …