ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質GDPはマイナス1.9%(年率換算)と速報値(年率換算でマイナス1.6%)からさらに下方修正された。前回の速報値では、エコノミストの予想とは正反対にマイナス成長となり、市場に衝撃が走った。改定値は上方修正されるとの予測が大半だったが、今回もエコノミストの予想は完全に外れてしまった。

 economistataranai 要因として大きかったのは公共事業と設備投資。速報値では公共事業はプラス2.2%だったが、改定値ではプラス1.4%に下方修正された。設備投資はマイナス0.2%だったが、最終的にはマイナス0.4%となった。

 GDPは直接計測するものではなく、各種の統計データから作成する2次統計である。このため発表される時期によって使用できる統計が異なっている。
 今回、発表された改定値には、法人企業統計など新しい統計の結果が反映されることになるのだが、エコノミストはこうした新しい統計を見て、数値を予測している。

 12月1日に発表された7~9月期の法人企業統計では、ソフトウエアを除く全産業の設備投資額(季節調整済)が前期比プラス3.1%となっており、比較的好調だった。GDPの確定値ではこのデータが追加されるため、設備投資が上方修正されると多くのエコノミストが判断していた。

 実は、本誌も上方修正されると予想していたのだが、結果は驚きの下方修正であった。法人企業統計の設備投資はサンプル調査であり、実際にGDPに適用するためには、サンプル調整やリース取引分の除外作業を行う必要がある。このあたりが数字に影響した可能性がある。

 公共事業についても同様で、建設総合統計の最新結果は悪い数字ではなかったことから、横ばいと見るエコノミストが多かった。だが公共事業も下方修正となったことで、全体の足を引っ張る形となった。過去の数字が改定されてしまった影響で、今期のプラス幅が減ってしまったものと考えられる。

 前回のGDPでは、エコノミストの予想があまりにも現実と違っていたことから、エコノミストの予想について疑問視する声が相次いだ。今回の予想も前回と同様、エコノミストの予想は完全に間違っていた。

 ただ、今回の確定値については、上方修正されると判断したエコノミストが多かったことは、致し方ないことかもしれない。エコノミストの予想がいい加減というよりも、エコノミストが持っている情報だけでは、精緻な予測は難しいと考えた方がよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …