ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質GDPはマイナス1.9%(年率換算)と速報値(年率換算でマイナス1.6%)からさらに下方修正された。前回の速報値では、エコノミストの予想とは正反対にマイナス成長となり、市場に衝撃が走った。改定値は上方修正されるとの予測が大半だったが、今回もエコノミストの予想は完全に外れてしまった。

 economistataranai 要因として大きかったのは公共事業と設備投資。速報値では公共事業はプラス2.2%だったが、改定値ではプラス1.4%に下方修正された。設備投資はマイナス0.2%だったが、最終的にはマイナス0.4%となった。

 GDPは直接計測するものではなく、各種の統計データから作成する2次統計である。このため発表される時期によって使用できる統計が異なっている。
 今回、発表された改定値には、法人企業統計など新しい統計の結果が反映されることになるのだが、エコノミストはこうした新しい統計を見て、数値を予測している。

 12月1日に発表された7~9月期の法人企業統計では、ソフトウエアを除く全産業の設備投資額(季節調整済)が前期比プラス3.1%となっており、比較的好調だった。GDPの確定値ではこのデータが追加されるため、設備投資が上方修正されると多くのエコノミストが判断していた。

 実は、本誌も上方修正されると予想していたのだが、結果は驚きの下方修正であった。法人企業統計の設備投資はサンプル調査であり、実際にGDPに適用するためには、サンプル調整やリース取引分の除外作業を行う必要がある。このあたりが数字に影響した可能性がある。

 公共事業についても同様で、建設総合統計の最新結果は悪い数字ではなかったことから、横ばいと見るエコノミストが多かった。だが公共事業も下方修正となったことで、全体の足を引っ張る形となった。過去の数字が改定されてしまった影響で、今期のプラス幅が減ってしまったものと考えられる。

 前回のGDPでは、エコノミストの予想があまりにも現実と違っていたことから、エコノミストの予想について疑問視する声が相次いだ。今回の予想も前回と同様、エコノミストの予想は完全に間違っていた。

 ただ、今回の確定値については、上方修正されると判断したエコノミストが多かったことは、致し方ないことかもしれない。エコノミストの予想がいい加減というよりも、エコノミストが持っている情報だけでは、精緻な予測は難しいと考えた方がよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

imfjapan
IMFの年次報告書で消費税は15%が望ましいと主張している理由

 IMF(国際通貨基金)は8月5日、日本経済に関する2013年度の年次報告書を発 …

newyork02
米国で良好な経済指標が相次ぐ。再び早期の出口戦略論が台頭か?

 米供給管理協会(ISM)が8月1日に発表した7月の製造業景気指数は前月の50. …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

Conde Nast Building
ニューヨークの景観論争で浮き彫りになった?日本の規制の実態

 ニューヨークの超高層ビルの看板をめぐってちょっとした論争が起こっている。場所は …