ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数の増加は32万1000人となり、事前予想を大きく上回った。米国の雇用が急拡大していることが明らかとなった。米国は来年にも利上げが予想されているが、年明けの雇用統計次第では、利上げが早まる可能性も出てきている。

 usakoyoutoukei201412 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。これまでの新規雇用者数の推移は、8月が20万3000人、9月が27万1000人、10月は24万3000人であった。この数値は、今回上方修正されたものなので、5日の発表前まではもっと小さい数字であったことに留意する必要がある。
 市場関係者の多くは22万人から23万人程度の増加を予想しており、32万人という数字はかなりのサプライズといえる。米国の雇用は改善が進んでいるといわれていたが、足元では急激に雇用が拡大していることが鮮明となった。

 米国では年末商戦に突入しており、例年、この時期は雇用が増える傾向にある。だが、32万人という数字は単なる季節要因ではなく、米国の雇用が回復してきたサインと理解した方がよいだろう。
 失業率は5.8%と横ばいだったが、もはや完全雇用が見えてきている段階であり、ここからの大幅な上昇は難しいと考えるべきである。景気が好調なので、昇給を狙った離職も増えてきており、単純に失業率が減少することにはならない可能性が高いからだ。

 米国では来年、利上げが行われる見込みだが、その時期は夏頃ではないかといわれていた。FRBのイエレン議長は、景気動向に加えて雇用を重視しており、雇用が大幅に改善しないと、利上げの前倒しはないといわれてきた。
 今回の雇用増が一時的なものなのか、それとも恒常的なものなのかについては、来月の雇用統計を見てから判断する必要がある。もし来月以降も雇用環境が良好だった場合、早期利上げを予想する声が高まってくることになるかもしれない。

 早期利上げという雰囲気になれば、円安がさらに加速する可能性がある。物価目標を達成したい日銀にとっては朗報かもしれないが、輸入物価の上昇に苦しむ一部の中小企業にとっては、状況がさらに厳しくなるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

sangyoukyousouyrokukaigi
産業競争力会議が初会合。だが官僚主導で従来型の陳腐な内容に終始する可能性大

 政府は23日、日本経済再生本部の下部組織となる産業競争力会議の初会合を開いた。 …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

sheruidemitu
経産省の主導の「上から」の再編にノー。出光創業家が昭和シェルとの合併に反旗

 石油元売り大手である出光興産の創業家は2016年6月28日、同社の株主総会にお …

mof02
財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁す …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

kurodasosai
日銀が事実上の追加緩和見送り。金融政策の方向性について逡巡していることを自ら証明

 日銀は2016年7月29日に開催された金融政策決定会合において、ETF(上場投 …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …