ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数の増加は32万1000人となり、事前予想を大きく上回った。米国の雇用が急拡大していることが明らかとなった。米国は来年にも利上げが予想されているが、年明けの雇用統計次第では、利上げが早まる可能性も出てきている。

 usakoyoutoukei201412 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。これまでの新規雇用者数の推移は、8月が20万3000人、9月が27万1000人、10月は24万3000人であった。この数値は、今回上方修正されたものなので、5日の発表前まではもっと小さい数字であったことに留意する必要がある。
 市場関係者の多くは22万人から23万人程度の増加を予想しており、32万人という数字はかなりのサプライズといえる。米国の雇用は改善が進んでいるといわれていたが、足元では急激に雇用が拡大していることが鮮明となった。

 米国では年末商戦に突入しており、例年、この時期は雇用が増える傾向にある。だが、32万人という数字は単なる季節要因ではなく、米国の雇用が回復してきたサインと理解した方がよいだろう。
 失業率は5.8%と横ばいだったが、もはや完全雇用が見えてきている段階であり、ここからの大幅な上昇は難しいと考えるべきである。景気が好調なので、昇給を狙った離職も増えてきており、単純に失業率が減少することにはならない可能性が高いからだ。

 米国では来年、利上げが行われる見込みだが、その時期は夏頃ではないかといわれていた。FRBのイエレン議長は、景気動向に加えて雇用を重視しており、雇用が大幅に改善しないと、利上げの前倒しはないといわれてきた。
 今回の雇用増が一時的なものなのか、それとも恒常的なものなのかについては、来月の雇用統計を見てから判断する必要がある。もし来月以降も雇用環境が良好だった場合、早期利上げを予想する声が高まってくることになるかもしれない。

 早期利上げという雰囲気になれば、円安がさらに加速する可能性がある。物価目標を達成したい日銀にとっては朗報かもしれないが、輸入物価の上昇に苦しむ一部の中小企業にとっては、状況がさらに厳しくなるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

soros02
ソロス氏が日銀の緩和策について、円崩壊につながると警告。我々はどう捉えるべきか?

 日銀による異次元の量的緩和の拡大は、円相場崩落と日本からの資本逃避の引き金にな …

toshibakojo
東芝の債務超過が確定。だが、この期に及んでも正式な決算は発表できず

 東芝が債務超過に陥っていることがほぼ確定的な状況となった。唯一の大型収益事業で …

nintendowii
巨額赤字の任天堂。相続された株式の行方をめぐって市場は戦々恐々

 任天堂は2014年1月17日、2014年3月期の業績予想を大幅に下方修正すると …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

yukashi02
金融庁が海外ファンド投資で有名な「ゆかし」に対して行政処分の構え

 証券取引等監視委員会は「いつかはゆかし」のキャッチフレーズで知られている投資助 …