ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数の増加は32万1000人となり、事前予想を大きく上回った。米国の雇用が急拡大していることが明らかとなった。米国は来年にも利上げが予想されているが、年明けの雇用統計次第では、利上げが早まる可能性も出てきている。

 usakoyoutoukei201412 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。これまでの新規雇用者数の推移は、8月が20万3000人、9月が27万1000人、10月は24万3000人であった。この数値は、今回上方修正されたものなので、5日の発表前まではもっと小さい数字であったことに留意する必要がある。
 市場関係者の多くは22万人から23万人程度の増加を予想しており、32万人という数字はかなりのサプライズといえる。米国の雇用は改善が進んでいるといわれていたが、足元では急激に雇用が拡大していることが鮮明となった。

 米国では年末商戦に突入しており、例年、この時期は雇用が増える傾向にある。だが、32万人という数字は単なる季節要因ではなく、米国の雇用が回復してきたサインと理解した方がよいだろう。
 失業率は5.8%と横ばいだったが、もはや完全雇用が見えてきている段階であり、ここからの大幅な上昇は難しいと考えるべきである。景気が好調なので、昇給を狙った離職も増えてきており、単純に失業率が減少することにはならない可能性が高いからだ。

 米国では来年、利上げが行われる見込みだが、その時期は夏頃ではないかといわれていた。FRBのイエレン議長は、景気動向に加えて雇用を重視しており、雇用が大幅に改善しないと、利上げの前倒しはないといわれてきた。
 今回の雇用増が一時的なものなのか、それとも恒常的なものなのかについては、来月の雇用統計を見てから判断する必要がある。もし来月以降も雇用環境が良好だった場合、早期利上げを予想する声が高まってくることになるかもしれない。

 早期利上げという雰囲気になれば、円安がさらに加速する可能性がある。物価目標を達成したい日銀にとっては朗報かもしれないが、輸入物価の上昇に苦しむ一部の中小企業にとっては、状況がさらに厳しくなるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

usaboueki
米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはす …

skymark
スカイマークの制服について組合が政府に指導を求めるってどういうこと?

 スカイマークが新型機就航のキャンペーンとして導入したスカート丈の短い制服が物議 …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …