ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるものではなく、海外からの投資収益の拡大が主な理由である。これは日本経済が成熟型に転換してきた証拠であり、前向きに捉えてよいだろう。

kokusaishushi201410

 財務省は2014年12月8日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す経常収支は8334億円の黒字であった。黒字は4カ月連続となっており、経常収支の改善傾向がより顕著になってきた。
 経常収支が黒字になった最大の理由は、海外投資からの収益を示す第1次所得収支が、円安によって大幅に拡大したことである。所得収支は2兆186億円にのぼり、1985年以降では最大となっている。

 日本はすでに慢性的な貿易赤字国に転落している。安倍政権は当初、輸出拡大で貿易赤字を食い止めようと、輸出企業に対する振興策を強く打ち出していた。だが、思いのほか輸出が増えないことから、輸出拡大策に対してはあまり関心を示さなくなった。

 安倍政権のこうしたスタンスは結果的なものかもしれないが、現実の経済情勢に合致している。日本は生活水準が上がり、国内企業が付加価値の低い製品を製造するメリットはなくなった。製造拠点の海外移転も進み、日本は多くの製品を輸入に頼るようになっている。これは、英国や米国など、多くの先進国がたどってきた道であり、このトレンドに逆行することはデメリットが大きい。

 一方、日本には貿易黒字の蓄積で得た巨額の外貨があり、その運用によって得られる投資収益は貿易赤字をカバーするほどの金額となる。日本はすでにお金がお金を生み出す、いわゆる金融立国になっているのだ。
 貿易赤字の拡大は、円安要因となるが、一方で、円安は海外からの投資収益を拡大させるので、最終的な経常収支は均衡する。数量ベースの輸出はあまり増えていないが、経常収支は当分の間、安定的に推移するだろう。

 中長期的には経常収支も赤字になっていく可能性が高いが、それまでには多少の時間がある。この間に、国内資本市場の整備や規制緩和など、成熟国家としてのインフラをさらに強化していく必要があるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

bussann
三菱商事と三井物産が共に創立以来初の赤字転落。原油安が業績を直撃

 資源安が大手商社の業績を直撃している。三菱商事と三井物産が揃って通期の決算が赤 …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

ieren02
イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公 …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

citi
100年の歴史を持つシティバンクの個人部門が日本から撤退

 シティグループが国内の個人向け銀行業務を売却する方針であることが明らかとなった …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …