ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるものではなく、海外からの投資収益の拡大が主な理由である。これは日本経済が成熟型に転換してきた証拠であり、前向きに捉えてよいだろう。

kokusaishushi201410

 財務省は2014年12月8日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す経常収支は8334億円の黒字であった。黒字は4カ月連続となっており、経常収支の改善傾向がより顕著になってきた。
 経常収支が黒字になった最大の理由は、海外投資からの収益を示す第1次所得収支が、円安によって大幅に拡大したことである。所得収支は2兆186億円にのぼり、1985年以降では最大となっている。

 日本はすでに慢性的な貿易赤字国に転落している。安倍政権は当初、輸出拡大で貿易赤字を食い止めようと、輸出企業に対する振興策を強く打ち出していた。だが、思いのほか輸出が増えないことから、輸出拡大策に対してはあまり関心を示さなくなった。

 安倍政権のこうしたスタンスは結果的なものかもしれないが、現実の経済情勢に合致している。日本は生活水準が上がり、国内企業が付加価値の低い製品を製造するメリットはなくなった。製造拠点の海外移転も進み、日本は多くの製品を輸入に頼るようになっている。これは、英国や米国など、多くの先進国がたどってきた道であり、このトレンドに逆行することはデメリットが大きい。

 一方、日本には貿易黒字の蓄積で得た巨額の外貨があり、その運用によって得られる投資収益は貿易赤字をカバーするほどの金額となる。日本はすでにお金がお金を生み出す、いわゆる金融立国になっているのだ。
 貿易赤字の拡大は、円安要因となるが、一方で、円安は海外からの投資収益を拡大させるので、最終的な経常収支は均衡する。数量ベースの輸出はあまり増えていないが、経常収支は当分の間、安定的に推移するだろう。

 中長期的には経常収支も赤字になっていく可能性が高いが、それまでには多少の時間がある。この間に、国内資本市場の整備や規制緩和など、成熟国家としてのインフラをさらに強化していく必要があるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

no image
QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第 …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

bananki
FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)にお …