ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された。これに合わせて、特定秘密の指定が適切かどうかチェックする「独立公文書管理監」などが設置されるが、これらがどの程度、機能するのかは現時点では不透明だ。

kokkaigijido02

 特定秘密保護法は、安全保障分野を中心に秘匿が必要な情報を指定し、漏えいした公務員には最高で10年の懲役刑を課すというものである。また公務員だけでなく、漏えいをそそのかした者にも5年以下の懲役刑を科す内容となっている。この法律については国民の知る権利との兼ね合いについて議論となったが、昨年の12月に国会で成立した。

 日本には機密情報を一元管理するための法律がなく、スパイ天国とも呼ばれてきた。こうした状況が、米国など同盟国から秘密を条件に提供される情報の扱いに支障を来していたといわれる。法律の施行で、こうした状況には一定の歯止めがかかることになる。

 だがこの法律にはいろいろと問題も多い。政府では、どの情報を特定秘密の対象とするのかについて記した運用基準を用意している。特定秘密の対象となる情報はほとんどが衛星画像や暗号などで占められるとしており、むやみに情報が秘匿されることはないとのスタンスだ。
 だが、秘密対象とする基準があいまいであることや、最長で60年後まで公開されないなど、実質的にチェック機能が働きにくい仕組みとなっている。世界各国で諜報活動や軍事活動を行う米国ですら、機密扱いにする期間は25年が原則となっており、第三者による検証システムが設置されている。

 特定秘密保護法については、日本の機密情報の漏洩にばかり焦点が集まっているが、こうした法律の存在は、公務員の不正行為の隠蔽に利用される可能性もあることも十分に理解しておく必要がある。
 例えば、特定官庁の公務員が、中国など日本と利害関係があまり一致しない国に利益供与を行っても、特定秘密がカベになり、これを明らかにすることができなくなるという危険性がある。しかも、60年も経過した後では、当事者の多くは死亡している可能性が高く、その責任を追及することはほぼ不可能だろう。

 国会での議論は十分といえるものではなく、拙速に法律を通した印象は否めない。実際の運用状況を見ながら、情報公開制度の拡充について議論していく必要があるだろう。日本は議会制民主主義の国であることを考えれば、立法府である国会の関与を強めるための制度が求められるはずだ。

 - 政治

  関連記事

laser
米軍がとうとうレーザー兵器を本格配備。圧倒的な低コストで戦争の光景が変わる?

 米海軍は4月8日、現在開発中のレーザー兵器を来年にもペルシャ湾に展開する艦船に …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

jimintohonbu
自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対す …

oukizan
習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …