ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テロ容疑者らに拷問を行っていた問題に関する報告書を公表した。残虐な内容に対して批判の声が高まっているが、こうしたプログラムを開発した心理学者2名に延べ8100万ドル(約96億円)もの報酬が支払われているという驚くべき実態も明らかになった。

senetereport

 上院はこの問題について約5年の歳月をかけて調査を行い、600万ページ以上のCIAの文書を入手し分析を行った。報告書は6000ページにもわたっており、要約だけでも500ページを超える膨大なもの。

 報告書には、睡眠を禁じる、水責め、手を鎖でつないで上からつるす、全裸でコンクリートの床に放置するなど、おぞましい拷問の実態が記されている。
 報告書ではこうした拷問によって具体的な成果は得られなかったとしており、成果があったとするCIAの主張と真っ向から対立している。一般的にごく一部の例外を除いて、拷問を用いた尋問で有益な情報が得られることはほとんどないといわれているが、議会の報告書はこれを裏付けた恰好だ。

 内容が内容だけに、拷問そのものに批判が集中しているのは当然のことなのだが、報告書をよく読むと、巨大組織が持つ負の側面に関する実態が浮き彫りになっている。

 拷問が行われた収容施設の監督は、経験のない若手に任されており、正式な訓練を受けていないCIA職員が監視役がいない状態で尋問を行うことも少なくなかったという。組織内で最初からトカゲのシッポ切りが想定されていたことをうかがわせる。

 またこうした非人道的な尋問プログラムを開発した心理学者2名には累計で8100万ドル(96億円)もの報酬が支払われていた実態も明らかにされた。CIAの資料に掲載されている心理学者の名前は偽名といわれており、米メディアは、本人と思われる人物を特定している。両名とも空軍出身で、退役後、CIAからこうしたプログラムの策定業務を請け負っている。

 米国では近年、軍の業務に関するアウトソーシングが急激な勢いで進んでいるといわれる。アフガニスタンやイラクなどにも、民間の軍事請負会社から派遣された兵員が多数存在する。
 今回は議会が権限をフル活用し、拷問の実態を明らかしたが、戦争の外注化が進んでいくと、こうした行為はますます国民から見えにくくなる。

 今回の報告書は、現代の戦争が持つ不透明性を象徴するものといえるだろう。一方、今回の上院における調査活動は、米国議会が持つ権限の大きさをあたらためて実感させた。議会の強力な調査権は、民主主義の最後の砦であるということがよく分かる。

 - 政治 ,

  関連記事

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

iryouhi
自業自得患者の自己負担を上げれば医療財政が改善できるというのはまったくの幻想

 テレビ局の元アナウンサーがブログで「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担に …

no image
日米共同の離島奪還訓練が中止に。米国側も訓練に及び腰だった

 政府は、11月に行われる自衛隊と在日米軍による共同演習において、実施予定であっ …

hitojichi
5年ぶりに米兵解放。タリバンが撮影した引き渡し場面の驚くべき中身

 アフガニスタンでタリバンに拘束されていた米陸軍軍曹ボウ・バーグダル氏が2014 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …