ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イスラエルの諜報機関モサドが「ネット」で人材募集。スパイ組織が公募に踏み切る事情

 

 かつては世界最強ともいわれたイスラエルの諜報機関「モサド」がスパイの募集を開始したとしてちょっとした話題になっている。イスラエルに対して突き放した態度を取るオバマ大統領が選挙で勝利した直後だったこともあり、ネットを中心に話題が盛り上がったようだ(写真はモサドのWebサイト)。

 だがモサドがスパイを一般から募集するのは今回が初めてではない。2004年頃からインターネットでの人材募集を開始しており、外部からの登用はすでに一般的となっている。
 一般公募に踏み切った理由は、諜報能力の低下が国内で批判されているから。特にイラクの大量破壊兵器について有力な情報を得られなかったことが問題視された。従来の要員だけでは十分ではないと判断し外部からの登用に踏み切った。

 各国の諜報機関は多かれ少なかれ同じような状況に立たされている。希望者の減少やインターネットの普及、経済のグローバル化、金融システムの高度化などによって、古くからの諜報組織では対応できなくなってきているのだ。
 英国諜報部(MI6)はかつては名門オックスブリッジ(オックスフォード大学とケンブリッジ大学)に諜報活動担当の教授を置き、能力があると見込まれる学生を密かに採用していた。MI6に採用された学生は、一般の学生と同じように大学を卒業し、官庁やロイターなどの通信社に就職して秘密裏にスパイ活動を行った。採用されなかった学生についても、面接をしたこと自体が秘匿されたという。
 だが最近では任官を拒否する学生も多く、人材難が指摘されていた。MI6もモサドと同様、外部から人材を募っている。

 CIAも冷戦終結後は仕事がなくなり、組織が継続できるか疑問視された時期もあった。利用価値があることをアピールするために、なれない産業スパイ分野にも進出したこともある。日米の半導体交渉ではCIAが経済産業省の電話を盗聴していたことは有名な話である。だが産業スパイは不慣れなせいか、電話に雑音が入り、盗聴されていることに皆気付いていたという。

 モサドに対してはインターネットから直接応募できる。職種は特殊活動、インテリジェンス業務、コンピュータ、語学、警備、兵士など様々。学歴、年齢、経歴は不問だが、実質的には高等教育や高度な語学力は必須と思われる。
 原則としてイスラエル国民もしくは帰化申請中であることが条件なので、表向きは日本人は対象外だ。だがここはスパイの世界。なりたい人は応募してみてはどうだろうか?ひょっとするとひょっとするかもしれない。

 - 政治

  関連記事

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

obama00001
米国で「財政の崖」回避に向け共和党が妥協か?減税マフィアの首領が権力を失う日

 感謝祭の休日を終え平常モードに戻った米国の政界で、いわゆる「財政の崖」をめぐる …

super01
消費税の軽減税率導入に関する具体的議論がスタート。だが課題は山積

 消費税の軽減税率導入に関する具体的な議論が始まった。自民・公明の両党は2014 …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

guncontrol
オバマ大統領が銃規制強化策を提案。だが演出のやり過ぎで一部から批判も

 オバマ大統領は16日、攻撃用銃器の販売禁止や銃購入時の身元調査を義務付ける包括 …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

tranpgenzei
トランプ政権が税制改革案を発表。総額には触れずじまいだが、内容はほぼ想定通り

 トランプ政権は2017年4月26日、もっとも注目されていた公約の一つである税制 …