ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でマイナス6.4%となった。
 7~9月期のGDPが悪い数値となり、衆院解散と消費増税延期の引き金となったが、その原因のひとつが民間の設備投資であった。機械受注統計は、設備投資の先行指標といわれているが、10月がマイナスになってしまったことで、10~12月における設備投資の見通しも不透明になってきている。

setubitousi

 7~9月期のGDP改定値における設備投資は前期比でマイナス0.4%となり、速報値のマイナス0.2%から下方修正された。12月1日に発表された法人企業統計では、ソフトウエアを除く全産業の設備投資額(季節調整済)が前期比プラス3.1%となっており、比較的堅調だった。このため多くのエコノミストが設備投資の上方修正を予測していた。

 だが、中小企業の設備投資が伸びていないことなどが考慮され、結果的に数値は下方修正となってしまった。8月に出された7~9月期の機械受注見通しはプラス2.9%、実績値はプラス5.6%だったので、機械受注の結果も法人企業統計に近い値となっている。ただ機械受注統計では10%程度の強い動きにならないと、GDPにおける設備投資を反転させることはできないので、その意味ではやはり力不足だったのかもしれない。

 機械受注統計における10~12月期の見通しはマイナス0.3%である。一方、船舶や電力を含んだ総額ではプラス4.4%なので、場合によっては大きな落ち込みを回避できる可能性がある。ただし、マイナス傾向が11月以降も変わらなかった場合、10~12月期GDPにおける設備投資は弱い数字となってしまうだろう。

 自律的な景気の拡大は発生していないので、頼みの綱は、円安による企業業績の改善と、原油価格下落による可処分所得の増大ある。
 円安が進展していることで、輸出企業を中心に、来年3月の決算は増収増益が期待できる。原油価格の下落も、一部の業種を除いては、プラスに働くだろう。ただ、企業業績の拡大が、消費の増大に結びつくためには賃上げを待つ必要がある。

 安倍政権は、財界に対して来年の春闘における大幅な賃上げ実施を要請しており、財界もこれを受け入れる方針を示している。だが財界が賃上げを受け入れても、その効果が出てくるまでにはしばらく時間がかかる。当面の景気は厳しい状況が続くだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

suzuki
軽のスズキがババを引いた税制改正大綱。自動車業界もゼロサムゲームに突入

 自民・公明両党が発表した2014年度の税制改正大綱では、自動車税の扱いが一つの …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

menkyo
韓国で自動車免許を取得する中国人が急増中。日本人の利用も

 最近、韓国の自動車教習所で免許を取得する中国人が急増しているという。自動車免許 …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …

abewomen
安倍首相が経済界に女性登用を要請。女性の社会進出は経済成長を実現するのか?

 安倍首相は4月19日、日本記者クラブで講演し、自身が提唱する成長戦略について説 …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …