ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でマイナス6.4%となった。
 7~9月期のGDPが悪い数値となり、衆院解散と消費増税延期の引き金となったが、その原因のひとつが民間の設備投資であった。機械受注統計は、設備投資の先行指標といわれているが、10月がマイナスになってしまったことで、10~12月における設備投資の見通しも不透明になってきている。

setubitousi

 7~9月期のGDP改定値における設備投資は前期比でマイナス0.4%となり、速報値のマイナス0.2%から下方修正された。12月1日に発表された法人企業統計では、ソフトウエアを除く全産業の設備投資額(季節調整済)が前期比プラス3.1%となっており、比較的堅調だった。このため多くのエコノミストが設備投資の上方修正を予測していた。

 だが、中小企業の設備投資が伸びていないことなどが考慮され、結果的に数値は下方修正となってしまった。8月に出された7~9月期の機械受注見通しはプラス2.9%、実績値はプラス5.6%だったので、機械受注の結果も法人企業統計に近い値となっている。ただ機械受注統計では10%程度の強い動きにならないと、GDPにおける設備投資を反転させることはできないので、その意味ではやはり力不足だったのかもしれない。

 機械受注統計における10~12月期の見通しはマイナス0.3%である。一方、船舶や電力を含んだ総額ではプラス4.4%なので、場合によっては大きな落ち込みを回避できる可能性がある。ただし、マイナス傾向が11月以降も変わらなかった場合、10~12月期GDPにおける設備投資は弱い数字となってしまうだろう。

 自律的な景気の拡大は発生していないので、頼みの綱は、円安による企業業績の改善と、原油価格下落による可処分所得の増大ある。
 円安が進展していることで、輸出企業を中心に、来年3月の決算は増収増益が期待できる。原油価格の下落も、一部の業種を除いては、プラスに働くだろう。ただ、企業業績の拡大が、消費の増大に結びつくためには賃上げを待つ必要がある。

 安倍政権は、財界に対して来年の春闘における大幅な賃上げ実施を要請しており、財界もこれを受け入れる方針を示している。だが財界が賃上げを受け入れても、その効果が出てくるまでにはしばらく時間がかかる。当面の景気は厳しい状況が続くだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

bitcoin
ビットコインの通貨以外への応用に注目集まる。実現すれば社会コストが激減

 インターネット上の仮想通貨ビットコインに関するあらたな活用方法に注目が集まって …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

tosho03
目立ってきた為替と日経平均の乖離。どちらが実体経済を表している?

 日経平均と為替相場の乖離が大きくなっている。量的緩和策の実施以降、基本的に日経 …

imf201701
IMFが最新の経済見通しを発表。トランプ経済についてはプラス・マイナス両方

 IMF(国際通貨基金)は2017年1月16日、世界経済見通しの改定値を発表した …

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …

no image
マネー誌の予想的中ランキング。予想通り日経マネーが最下位

 マネー誌の中でどの雑誌の株価予想が一番当たるのかを検証したプレジデントの記事が …

toyotamatuda
トヨタとマツダが資本提携。中堅自動車メーカーはすべてトヨタ系列に?

 トヨタとマツダが資本提携することになった。相互に約500億円を出資し、共同で新 …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …