ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まっている。安倍政権では女性の活用について社会政策ではなく経済政策の一環と位置付けているが、これは成長戦略における生産性向上策と密接に結びついている。

josei

 賃金構造基本統計調査によると、2013年における男性の月額給与は32万6000円、女性は23万3000円となっている。男性は女性の1.4倍稼いでいることになる。一方、労働力調査によると、男性の月間労働時間(6月)は184時間、女性は140時間である。給与を時間あたりに換算すると、男性は1772円、女性は1664円となり、両者で大差はなくなる。

 女性は労働者の5割が非正規社員で男性は2割にとどまっている。非正規社員の賃金は著しく低く、これが男女の給与格差を生み出している。だが、同額の給料をもらっている男女で比較すれば、女性の方が労働時間が少なくなり、生産性は逆転する可能性が高い。実際、社会生活基本調査ではそのような結果が得られている。

 これを単純な男女対立として見るならば、女性が家事や育児などで仕事を早く切り上げた分、男性社員がこれをカバーしているという解釈になるかもしれない。一方、女性の側からみれば、何とか仕事をやりくりして時間を作り、家事や育児の負担をすべて背負っているということになるだろう。

 だが現実問題として、女性は早く仕事を切り上げることが可能となっており、確保した時間を使って、家事や育児などを行っている。すべての女性が補助的な仕事だけをしているとは考えにくいので、この事実は、工夫次第で男性も含めてもっと短時間で仕事を終わらせることができることを示唆している。
 家庭内での家事負担をどうするかは、それぞれの家庭が決めればよいことだが、生産性を向上させる余地があるのだとすると、少なくとも世帯内の時間的余裕は増えることになる。

 麻生氏は自身の発言について、保育施設の不足など子供を産みたくても産めない状況を問題視する意図であったと釈明している。保育施設の拡充などハード面での子育て支援策は確かに重要だが、それ以上に、大きいのが日本人の働き方の問題である。

 生産性の向上は、賃金の上昇に加えて時間の確保という効果をもたらしてくれる。つまり生産性の向上は、最大の女性活用策であり、子育て支援策でもあるわけだ。長期政権が見えてきた今、安倍政権は日本の生産性向上策に本格的に取り組む必要があるだろう。

 - 政治, 社会, 経済 , , ,

  関連記事

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

jidoushayushutu
米国で日本の系列取引に対する批判が再燃の可能性。今回はもう取引材料がない?

 一時期は鳴りを潜めていた日本メーカーに対する批判が、米国で再燃しそうな兆候が出 …

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

kerikokumuchokan
米国の日本に対する認識が変化?米国務省受賞者の顔ぶれに異変

 米国務省が毎年行っている「世界の勇気ある女性賞」の受賞者をめぐって波紋が広がっ …

gakkou
学校における「いじめ」の各国比較研究。教育プログラムの多様化はひとつの解決策

 全国都道府県教育長協議会は2015年1月、諸外国におけるいじめ問題の比較研究の …

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

f1
ギリシャ政府がF1への補助金にゴーサイン。政治家と役人だけがオイシイ思いを満喫?

 ギリシャ政府が、F1サーキットの整備計画に3000万ユーロ(約30億円)の補助 …

hiroyuki
見せしめ?2ちゃんねるに家宅捜索。だが追求すべきはひろゆき氏の賠償金未払いの方

 遠隔操作ウイルス事件で、インターネット掲示板「2ちゃんねる」に真犯人が直接書き …

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …