ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を築きたいと考えている中国政府が対策に乗り出している。マレーシアの航空機内で客室乗務員に暴言を吐き、お湯を投げた中国人旅行者について、政府系メディアが批判記事を掲載している。

airasia

 中国政府観光局にると、マレーシアを拠点とするLCC(ローコスト・キャリア)であるエアアジアのFD9101便は、2014年12月11日、タイのバンコクから中国の南京に向けて離陸したが、途中、中国人の乗客が客室乗務員に熱湯と麺を投げつけたため、バンコクに引き返したという。

 乗客は席が隣り合わせでなかったことや、離陸中にサービスが提供されないことについて客室乗務員にクレームを付け、それがきっかけで口論になったという。バンコクに引き返したのち、この乗客には罰金と乗務員に対する補償金の支払いが言い渡された。中国政府はこの乗客4名を厳しく処罰するとしており、ツアーを企画した旅行会社についても営業停止の処分を下す方針だという。

 政府系メディアはこの事件を取り上げ「飛行機の中ではもちろんのこと、あらゆる場所でこのような野蛮が行為は受け入れられない」と批判している。政府系メディアは基本的に中国政府の意向で報道するので、政府としてこうした行動を取らないよう、国民に対して強く指導したということになる。

 中国はまだ発展途上であり、かつての日本人がそうだったように、飛行機に対する過剰な憧れがあるといわれている。だが現実には、LCCという低コストの航空会社がシェアを伸ばしており、飛行機はもはや路線バス並みの位置付けである。
 期待とあこがれを持って飛行機に乗ったものの、現実とのギャップに耐えられず、機内でトラブルを起こす中国人旅行者は多いという。今回、トラブルを起こした4人は比較的所得が高かったと報じられているが、全体的にそうした傾向が顕著である。

 中国政府は世界の大国として処遇されることを強く望んでおり、こうした国民の振る舞いに対して神経質になっている。北京オリンピックの際には、ゴミをポイ捨てしないよう、徹底的な指導が行われたのは有名な話だ。
 中国のGDPはとっくの昔に日本を追い抜き、すでに日本の2倍の規模があるが、1人あたりのGDPはまだ5分の1である。国民の生活水準や洗練度合いは基本的に1人あたりのGDPに比例するといわれている。中国政府がいくら指導を強めても、本土の中国人の振るまいがスマートになるまでには、まだかなりの時間がかかるだろう。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

shujutsu
止まらない医療費の膨張が財政を圧迫。これは日本の中間層が抱える問題そのもの

 厚生労働省は11月14日、2011年度の国民医療費の概況を発表した。国民医療費 …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

banri
万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …