ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大国になりたい中国。旅行客のマナーの悪さに対して政府が対策に乗り出す?

 

 中国人旅行者のマナーの悪さは今に始まったことではないが、大国として相応の地位を築きたいと考えている中国政府が対策に乗り出している。マレーシアの航空機内で客室乗務員に暴言を吐き、お湯を投げた中国人旅行者について、政府系メディアが批判記事を掲載している。

airasia

 中国政府観光局にると、マレーシアを拠点とするLCC(ローコスト・キャリア)であるエアアジアのFD9101便は、2014年12月11日、タイのバンコクから中国の南京に向けて離陸したが、途中、中国人の乗客が客室乗務員に熱湯と麺を投げつけたため、バンコクに引き返したという。

 乗客は席が隣り合わせでなかったことや、離陸中にサービスが提供されないことについて客室乗務員にクレームを付け、それがきっかけで口論になったという。バンコクに引き返したのち、この乗客には罰金と乗務員に対する補償金の支払いが言い渡された。中国政府はこの乗客4名を厳しく処罰するとしており、ツアーを企画した旅行会社についても営業停止の処分を下す方針だという。

 政府系メディアはこの事件を取り上げ「飛行機の中ではもちろんのこと、あらゆる場所でこのような野蛮が行為は受け入れられない」と批判している。政府系メディアは基本的に中国政府の意向で報道するので、政府としてこうした行動を取らないよう、国民に対して強く指導したということになる。

 中国はまだ発展途上であり、かつての日本人がそうだったように、飛行機に対する過剰な憧れがあるといわれている。だが現実には、LCCという低コストの航空会社がシェアを伸ばしており、飛行機はもはや路線バス並みの位置付けである。
 期待とあこがれを持って飛行機に乗ったものの、現実とのギャップに耐えられず、機内でトラブルを起こす中国人旅行者は多いという。今回、トラブルを起こした4人は比較的所得が高かったと報じられているが、全体的にそうした傾向が顕著である。

 中国政府は世界の大国として処遇されることを強く望んでおり、こうした国民の振る舞いに対して神経質になっている。北京オリンピックの際には、ゴミをポイ捨てしないよう、徹底的な指導が行われたのは有名な話だ。
 中国のGDPはとっくの昔に日本を追い抜き、すでに日本の2倍の規模があるが、1人あたりのGDPはまだ5分の1である。国民の生活水準や洗練度合いは基本的に1人あたりのGDPに比例するといわれている。中国政府がいくら指導を強めても、本土の中国人の振るまいがスマートになるまでには、まだかなりの時間がかかるだろう。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

tosho05
東証が審査を厳格化。なかなか前に進まない日本企業の情報開示

 スマホ向けゲーム開発企業「gumi」のずさんな情報開示をきっかけに、上場企業の …

wallst02
8月の雇用統計は市場予想を下回るもまずまず。9月緩和縮小の可能性は引き続き高い

 米FRB(連邦準備制度理事会)における緩和縮小の判断材料となる最新経済指標がほ …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

sakuranomiya01
桜宮高校の入試中止問題。日本社会の論理性のなさが浮き彫りに

 大阪市立桜宮高校の男子生徒が体罰を受けた後に自殺した問題で、大阪市の橋下市長は …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …