ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、緩和的スタンスを継続するとともに、利上げに対してさらに踏み込んだ表現を行った。経済指標を見ながら慎重に判断するという姿勢は崩していないが、利上げが近いことをうかがわせる。

ieren02

 FRBは2014年10月、量的緩和策の終了を宣言し、リーマンショック以後の危機対応策として行ってきた国債などの資産購入を停止した。これは米国経済が順調に回復していることを示しており、本来であれば、景気の回復を反映して長期金利は上昇することになる。
 だがFRBは金利の上昇が景気の腰を折らないよう、事実上のゼロ金利政策を続けている。市場ではこのゼロ金利政策をいつ解除するのかに注目が集まっていた。

 これまでの声明文では、利上げまでの期間について「相当な期間を置く」としており、これは約半年と理解されていた。したがって利上げの時期は少なくとも来年の6月以降ということになる。
 市場からは、低金利を継続するとバブルなどの弊害が大きくなるため、利上げを前倒しすべきとの声も上がっているが、一方で景気の見方には慎重であるべきという意見もあり、見解は分かれている。

 2004年にFRBが利上げを行った際には、「相当な期間」という文言が「忍耐強く」という表現に切り替わって6カ月後に利上げが実施された。ただ今回は「忍耐強く」という文言が入ったものの、「相当な期間」という記述も併記されている。
 素直に考えれば、基本的に来年6月頃の利上げを考えてるが、経済指標次第ではその変更もあり得るという解釈になるだろう。6月の利上げを示唆したという点では、これまでより一歩踏み込んだが、利上げが確定したわけではない。17日の株式市場では、緩和スタンスの継続という点が意識され、ダウ平均株価は288ドル上昇してその日の取引を終えた。

 このところ原油価格の急落で市場が落ち着かない状況となっている。利上げが早まるとの観測が強まれば、利益確定売りなどが出てくる可能性が高い。その意味では、利上げを示唆しつつも、緩和スタンスの維持も強調した今回の声明文は、非常にタイムリーなものだったといってよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

no image
鴻海が超大型液晶TVを格安で販売。シャープ経営陣に対するプレッシャーか?

 台湾の経済日報は、シャープに出資を検討している台湾の鴻海精密工業が、11月、6 …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

sbtakasago
太陽光発電の買い取り価格が2年連続で引き下げの見込み。36円は高いか安いか?

 経済産業省は、太陽光発電の電力買い取り価格を昨年に続いて引き下げる方針であるこ …