ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、緩和的スタンスを継続するとともに、利上げに対してさらに踏み込んだ表現を行った。経済指標を見ながら慎重に判断するという姿勢は崩していないが、利上げが近いことをうかがわせる。

ieren02

 FRBは2014年10月、量的緩和策の終了を宣言し、リーマンショック以後の危機対応策として行ってきた国債などの資産購入を停止した。これは米国経済が順調に回復していることを示しており、本来であれば、景気の回復を反映して長期金利は上昇することになる。
 だがFRBは金利の上昇が景気の腰を折らないよう、事実上のゼロ金利政策を続けている。市場ではこのゼロ金利政策をいつ解除するのかに注目が集まっていた。

 これまでの声明文では、利上げまでの期間について「相当な期間を置く」としており、これは約半年と理解されていた。したがって利上げの時期は少なくとも来年の6月以降ということになる。
 市場からは、低金利を継続するとバブルなどの弊害が大きくなるため、利上げを前倒しすべきとの声も上がっているが、一方で景気の見方には慎重であるべきという意見もあり、見解は分かれている。

 2004年にFRBが利上げを行った際には、「相当な期間」という文言が「忍耐強く」という表現に切り替わって6カ月後に利上げが実施された。ただ今回は「忍耐強く」という文言が入ったものの、「相当な期間」という記述も併記されている。
 素直に考えれば、基本的に来年6月頃の利上げを考えてるが、経済指標次第ではその変更もあり得るという解釈になるだろう。6月の利上げを示唆したという点では、これまでより一歩踏み込んだが、利上げが確定したわけではない。17日の株式市場では、緩和スタンスの継続という点が意識され、ダウ平均株価は288ドル上昇してその日の取引を終えた。

 このところ原油価格の急落で市場が落ち着かない状況となっている。利上げが早まるとの観測が強まれば、利益確定売りなどが出てくる可能性が高い。その意味では、利上げを示唆しつつも、緩和スタンスの維持も強調した今回の声明文は、非常にタイムリーなものだったといってよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

abe001
政府の緊急経済対策がまとまる。内訳は公共事業とファンドを使った事実上の補助金

 安倍政権の目玉政策である緊急経済対策の規模と内容が明らかになった。政府が支出す …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

orando
仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランス …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …