ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、緩和的スタンスを継続するとともに、利上げに対してさらに踏み込んだ表現を行った。経済指標を見ながら慎重に判断するという姿勢は崩していないが、利上げが近いことをうかがわせる。

ieren02

 FRBは2014年10月、量的緩和策の終了を宣言し、リーマンショック以後の危機対応策として行ってきた国債などの資産購入を停止した。これは米国経済が順調に回復していることを示しており、本来であれば、景気の回復を反映して長期金利は上昇することになる。
 だがFRBは金利の上昇が景気の腰を折らないよう、事実上のゼロ金利政策を続けている。市場ではこのゼロ金利政策をいつ解除するのかに注目が集まっていた。

 これまでの声明文では、利上げまでの期間について「相当な期間を置く」としており、これは約半年と理解されていた。したがって利上げの時期は少なくとも来年の6月以降ということになる。
 市場からは、低金利を継続するとバブルなどの弊害が大きくなるため、利上げを前倒しすべきとの声も上がっているが、一方で景気の見方には慎重であるべきという意見もあり、見解は分かれている。

 2004年にFRBが利上げを行った際には、「相当な期間」という文言が「忍耐強く」という表現に切り替わって6カ月後に利上げが実施された。ただ今回は「忍耐強く」という文言が入ったものの、「相当な期間」という記述も併記されている。
 素直に考えれば、基本的に来年6月頃の利上げを考えてるが、経済指標次第ではその変更もあり得るという解釈になるだろう。6月の利上げを示唆したという点では、これまでより一歩踏み込んだが、利上げが確定したわけではない。17日の株式市場では、緩和スタンスの継続という点が意識され、ダウ平均株価は288ドル上昇してその日の取引を終えた。

 このところ原油価格の急落で市場が落ち着かない状況となっている。利上げが早まるとの観測が強まれば、利益確定売りなどが出てくる可能性が高い。その意味では、利上げを示唆しつつも、緩和スタンスの維持も強調した今回の声明文は、非常にタイムリーなものだったといってよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

daiei
イオンがダイエーを完全子会社化。そのブランド名も消滅させる理由とは?

 イオンは2014年9月24日、傘下のスーパー「ダイエー」を2015年1月に完全 …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

nichigin02
マネーストックの伸びは順調。だが絶対値では量的緩和以降、横ばいの傾向

 日銀は10月11日、9月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

toshiba03
東芝がようやく決算を発表。だが根本的な問題は何も解決していない

 不正会計問題で決算発表を延期していた東芝は2015年9月7日、2015年3月期 …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …