ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場委員会)において、緩和的スタンスを継続するとともに、利上げに対してさらに踏み込んだ表現を行った。経済指標を見ながら慎重に判断するという姿勢は崩していないが、利上げが近いことをうかがわせる。

ieren02

 FRBは2014年10月、量的緩和策の終了を宣言し、リーマンショック以後の危機対応策として行ってきた国債などの資産購入を停止した。これは米国経済が順調に回復していることを示しており、本来であれば、景気の回復を反映して長期金利は上昇することになる。
 だがFRBは金利の上昇が景気の腰を折らないよう、事実上のゼロ金利政策を続けている。市場ではこのゼロ金利政策をいつ解除するのかに注目が集まっていた。

 これまでの声明文では、利上げまでの期間について「相当な期間を置く」としており、これは約半年と理解されていた。したがって利上げの時期は少なくとも来年の6月以降ということになる。
 市場からは、低金利を継続するとバブルなどの弊害が大きくなるため、利上げを前倒しすべきとの声も上がっているが、一方で景気の見方には慎重であるべきという意見もあり、見解は分かれている。

 2004年にFRBが利上げを行った際には、「相当な期間」という文言が「忍耐強く」という表現に切り替わって6カ月後に利上げが実施された。ただ今回は「忍耐強く」という文言が入ったものの、「相当な期間」という記述も併記されている。
 素直に考えれば、基本的に来年6月頃の利上げを考えてるが、経済指標次第ではその変更もあり得るという解釈になるだろう。6月の利上げを示唆したという点では、これまでより一歩踏み込んだが、利上げが確定したわけではない。17日の株式市場では、緩和スタンスの継続という点が意識され、ダウ平均株価は288ドル上昇してその日の取引を終えた。

 このところ原油価格の急落で市場が落ち着かない状況となっている。利上げが早まるとの観測が強まれば、利益確定売りなどが出てくる可能性が高い。その意味では、利上げを示唆しつつも、緩和スタンスの維持も強調した今回の声明文は、非常にタイムリーなものだったといってよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

shirakawae
安倍首相が日銀に4月までに物価目標の道筋を付けるよう要望。困った日銀はどうする?

 政府は24日、首相官邸で3回目となる経済財政諮問会議を開き、金融政策と物価に関 …

kinkakaku
金価格が急落。ドルの復権で金は再び表舞台から姿を消す運命なのか?

 これまで長期にわたって上昇が続いてきた金相場が変調している。15日のニューヨー …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

apple2016q1
アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去 …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

putin02
プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが

 ロシア人の大富豪ベレゾフスキー氏が、3月23日、亡命先である英国の自宅で死亡し …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …