ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点における家計の金融資産残高は前年同期比2.7%増の1654兆円となり、過去最高を更新した。アベノミクスによる株高が主な要因だが、2014年に入ってからは伸びが鈍化している。

nichigin04

 資金循環統計は、家計や企業、金融機関など部門間のマネーの流れを調べるもので、四半期ごとに発表されている。この統計を見れば、日本の中でお金の流れがどう変わったのか知ることができる。

 個人が保有している金融資産の総額1654兆円のうち、もっとも大きな割合を占めるのが現預金で870兆円となっている。現預金の額は前年同期比で1.7%増加した。一方、株式・出資金は156兆円で前年同期比5.6%増、投資信託は86兆円で14.9%増となっている。

 アベノミクスがスタートする前の2012年9月末から比較すると、現預金は3.6%の増加にとどまっているが、株式・出資金は1.8倍になっている。株式が増加した割合は、株式市場の時価総額の増加分に近い数字なので、基本的に家計の金融資産の増加は、株高による資産額の増加が主な要因と考えることができる。

 米国ではまんべんなくどの層も株式を保有しているので、株高の恩恵がすぐに庶民にも波及する。だが、日本では株式の購入者は富裕層に偏っているため、多くの国民は株高の恩恵を受けることができない。株高によって、現預金から株式に一斉にシフトするほどの動きにはなっておらず、既存の保有者の資産額だけが拡大した恰好だ。
 一方、日本全体の海外証券への投資は前年同期比で17%増加している。2012年9月末からの比較では約37%増加した。こちらは金融機関や企業部門による投資が多く、家計が直接海外に投資をしているわけではない。

 家計では、株式をすでに保有していた層が資産額を増やす一方、それ以外の層は、現預金中心という構図をあまり変えていない。資金を預かった金融機関や投融資を受けた企業側は、積極的に海外向け投資を拡大しているということになる。

 好調な米国経済や円安を受け、輸出関連分野を中心に日本企業の業績は好調である。企業の業績向上が国民の所得向上につながっていないという指摘があるが、資金循環統計を見ても、その傾向は伺い知ることができる。
 アベノミクスの効果をより多くの国民に実感させるためには、株高や円安によるメリットが直接、国民に到達するような仕組みが必要となるのかもしれない。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

maotai
中国共産党が腐敗撲滅の徹底を宣言。これを受けて酒造会社の株価は軒並み暴落!

 中国共産党の習近平総書記は22日、党中央規律検査委員会全体会議で演説し、高級幹 …

koizumi
政局化狙い?それとも息子への援護射撃。小泉元首相による脱原発論の背景とは?

 小泉純一郎元首相が持論である脱原発論を加速させている。小泉氏は10月1日、名古 …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

pentagon
米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開 …

hasimoto2
橋下氏が石原氏とたちあがれの分断工作を開始。石原氏最大の弱点が露呈!

 次期衆院選を控えた「第三極」勢力の結集をめぐって、橋下徹大阪市長による「たちあ …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …

kosokudoro
やはり高速道路の無料化は反故に。中央道事故が格好の口実に

 山梨県の中央自動車道トンネル事故を口実に、道路に対する際限のない支出増加が懸念 …