ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

結果的に宣伝に?北朝鮮ハッカー攻撃を受けたソニーの映画が一転して公開、大盛況に

 

 北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺計画を題材にしたコメディ映画「ザ・インタ ビュー」が2014年12月25日、全米の映画館で公開された。テロ予告があったことから、一時は公開中止が決定されたが、オバマ大統領がこれを批判したことで、一転して公開となった。公開中止の騒ぎは結果的に大きな宣伝となったようで、順調な滑り出しを見せている。

interviewposter

 同映画を制作したソニー・ピクチャーズエンタテインメントは2014年12月18日、全米での公開を中止すると発表した。公開直前に同社がハッカー攻撃を受けたことや、犯行声明を出したハッカー集団が映画館へのテロを示唆していたことが公開中止の理由である。

 だがこれに噛みついたのがオバマ大統領である。ハッカー攻撃を受けたことについては同情するとしながらも、ソニーが公開中止を決めたことについては「過ちを犯した」と指摘した。また国内の保守派などからも、北朝鮮に屈したとの声が寄せられた。

 米連邦捜査局はソニーへのハッカー攻撃は北朝鮮によるものと断定し、米国政府は非公式ながら、北朝鮮に対する報復のサイバー攻撃を実施したといわれている。この結果、北朝鮮のインターネットはしばらくの間、ダウンするという事態になった。

 こうした状況を受け、ソニー側は、公開中止の判断を撤回、一転して全米での公開となった。一連の出来事は、同映画に対して高い関心を集めることになり、公開後は堅調な滑り出しとなった。

 結果論だが、この映画は非常に高い宣伝効果を得たことになり、一部からは焼け太りとの声も聞こえてくる。ネットなどでは出来レースとの見解も見られるようだ。すべてが仕組まれたものというのは、穿った見方かもしれない。だが、このタイミングで北朝鮮からのサイバー攻撃があり、オバマ大統領がわざわざこの問題を大きく取り上げたことについては、何らかの背景が存在している可能性がある。

 もっとも考えられるのは中国との関係である。オバマ大統領は2014年11月、中国の習近平国家主席と首脳会談を行った。詳しい会談内容は明らかにされていないが、アジア太平地域の安全保障問題が最大のテーマであることを考えると、北朝鮮問題が話し合われた可能性は高い。

 このところオバマ政権は、北朝鮮に対して無関心だったが、首脳会談後にこうした積極的な行動を見せるようになった。北朝鮮問題が再度、動き始めたのだとすると、2015年には、再び北朝鮮の体制問題が外交上のテーマとして浮上する可能性が出てきたといってよいだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

abeusa
日本を米国並みのベンチャー大国にするという首相の驚愕発言がもたらすリスク

 訪米中の安倍首相が米国人を前に大胆な発言を連発している。9月25日、ニューヨー …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

meti03
官製ベンチャーキャピタルの産業革新機構は、まるで公共工事のゼネコン

 産業革新機構は2014年1月8日、日米両国のベンチャー企業育成を手がける株式会 …

linemorikawa
LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道 …

romarosiakaidan
ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップで …