ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を決定した。消費税の引き上げと円安による輸入物価の上昇が家計や中小企業に大きな影響を与えているとしており、こうした部分への手当を強化する。経済対策の実施によってGDPを0.7%分増加させたい意向だ。

abe20141229

 具体的な内容としては、生活者や事業者へに対する直接的支援に1兆2000億円、地方活性化に6000億円程度を割り当てる。資金使途について、各自治体が独自に決定できるよう、交付金を創設する。低所得者の灯油購入支援、介護施設や公共交通機関を利用できるサービス券、子どもがいる世帯への手当がなどが想定されている。また、住宅エコポイント制度を復活させ、住宅の購入を後押しする。

 昨年度の補正予算は5兆5000億円だったので、一部からは経済対策としては規模が小さいという声が出ている。消費増税が延期になったことから、財政状況はさらに厳しくなっており、政府としてはできるだけ支出を抑えたいところである。麻生財務大臣は、消費税を延期した効果があるので、単純に比較することは難しいとの見解を示している。

 現実問題として、補正予算の妥当性について、予算段階で評価するのは難しい。その理由は、政府が実際に支出する金額と予算額との乖離がかなり大きいからである。

 政府支出が経済に与える影響については、ほとんどが予算ベースで議論されている。2014年度の当初予算は95兆8823億円であり、今回の補正予算額は3兆5000億円である。政府支出総額は99兆3823億円となるはずだが、現実にはこの数字にならない可能性が高い。
 例えば2012年度は、当初予算が90兆3339億円、補正予算が10兆2027億円だったので、予算総額は100兆5366億円であった。しかし、政府が実際に支出した額は97兆871億円しかなく、約3兆円を余らせている。

 予算を組んでも不用として使われなくなったものや、翌年度への繰越し分などがあり、予算額と支出額は一致しない。今年度の予算額のうち何%が実際に支出されるのかは、現時点では分からないのだ。
 ここ数年、最終的な政府支出は100兆円程度になっている。当初予算と補正予算がすべて消化されれば、トータルでは例年並みということになるだろう。一部が消化されないということを前提にすると、今回の補正予算はかなり絞った内容ということになるのかもしれない。

 このところ日本経済は政府支出に依存する状態が続いている。だとするならば、実際にいくらの政府支出があり、それがGDPにどう影響を与えたのかという議論がより重要となる。予算だけなく、最終的な支出額についても検証を加えていく必要があるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

no image
台湾の巡視船が尖閣諸島の領海に侵入。投入されているのは最新鋭の船舶

 時事通信によると、25日午前6時ごろ、尖閣諸島において台湾の漁船団数十隻と巡視 …

baeikyu
台湾の馬英九総統が兼務していた党主席を辞任。中国との接近政策は見直し?

 台湾の馬英九総統は、11月29日に行われた統一地方選挙で、国民党が大敗した責任 …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

clubmedchina
元仏大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。課税回避が真の狙い?

 中国の投資会社である複星国際と、アクサ・グループの資産管理会社アクサ・プライベ …

abccook
携帯電話登場から約30年。ドコモとソフトバンクの立場は180度変わってしまった

 NTTドコモとソフトバンクの戦略の違いが鮮明になってきている。2013年9月の …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

hasimoto
維新の会が大失速。安倍氏は旧自民党の政策に逆戻り

 大阪維新の会が大失速している。各種世論調査は支持率が低迷、維新の会が開催する政 …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …