ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると発表した。料金改定は2005年10月以来7年半ぶり。改定後の着陸料は、現在各エアラインが主力機と位置付けるボーイング777-200で42万8000円(2万8000円減額)となる。

 同社では「競争を勝ち抜くための引き下げ」としているが、実はこの水準ではまったくお話にならないというのが現実だ。
 成田空港の着陸料は世界的に割高であり、現在アジアにおいてハブ空港(拠点空港)の地位を争っている仁川(ソウル)や浦東(上海)などと比べると倍の値段となっている。近年、各国のエアラインは日本には目もくれず、アジアに路線の拠点を移しているが、このバカ高い利用料金ではそれも当然である。

 利用料がバカ高いというのは成田に限ったことではない。日本のすべての空港がこれにあてはまる。
 日本航空や全日空の運航コストは諸外国の1.5倍から2倍と異常な水準だが、この原因の多くが、バカ高い日本の空港施設利用料にある。結果として日本のエアラインの利用料金は諸外国に比べて非常に割高となっている。
 最近、日本でもLCC(格安航空会社)が進出して話題になっているが、日本では海外で提示されているような低価格は絶対に不可能である。
 日本では、利用者から高い値段を徴収しないとエアラインは経営していくことができないのである。

 ではなぜ空港の施設利用料は高いのか?これは説明するまでもないが、ほとんどの空港が官庁の利権団体となっているからである。職員の天下りはもちろんのこと、施設建設の業者発注など、細部に至るまで利権が網の目のように張り巡らされている。そもそも低コストで運用できるわけがないのだ。日本の航空行政は、公務員とその周辺の利害関係者が甘い汁を吸うために、すべての負担を利用者に押し付けることで成立している。
 高給と破格の年金が保証されている彼らにとって、日本がアジアとの競争に負けて産業が衰退することなど、どうでもよい話なのだ。

 成田国際空港側も「(今回の値引き水準でも)十分ではない」と認識しているようだが、これ以上の思い切った値下げは現実的に難しいだろう。同社の経営陣だけを批判しても根本的な問題は解決しない。最終的には国民が決断するしかないのである。

 もっともアジア各国とのハブ空港競争は、日本の全面敗北という形ですでに決着が付きつつある。今から大幅な値下げをしたところで焼け石に水であることもまた事実である。

 - 政治, 経済

  関連記事

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

gay
同性婚の問題が政治的不安定要素として急浮上。国民大分裂の可能性も

 同性婚の問題が国際社会における政治的不安定要素として急浮上してきている。米国で …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

super01
消費税の軽減税率導入に関する具体的議論がスタート。だが課題は山積

 消費税の軽減税率導入に関する具体的な議論が始まった。自民・公明の両党は2014 …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …