ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると発表した。料金改定は2005年10月以来7年半ぶり。改定後の着陸料は、現在各エアラインが主力機と位置付けるボーイング777-200で42万8000円(2万8000円減額)となる。

 同社では「競争を勝ち抜くための引き下げ」としているが、実はこの水準ではまったくお話にならないというのが現実だ。
 成田空港の着陸料は世界的に割高であり、現在アジアにおいてハブ空港(拠点空港)の地位を争っている仁川(ソウル)や浦東(上海)などと比べると倍の値段となっている。近年、各国のエアラインは日本には目もくれず、アジアに路線の拠点を移しているが、このバカ高い利用料金ではそれも当然である。

 利用料がバカ高いというのは成田に限ったことではない。日本のすべての空港がこれにあてはまる。
 日本航空や全日空の運航コストは諸外国の1.5倍から2倍と異常な水準だが、この原因の多くが、バカ高い日本の空港施設利用料にある。結果として日本のエアラインの利用料金は諸外国に比べて非常に割高となっている。
 最近、日本でもLCC(格安航空会社)が進出して話題になっているが、日本では海外で提示されているような低価格は絶対に不可能である。
 日本では、利用者から高い値段を徴収しないとエアラインは経営していくことができないのである。

 ではなぜ空港の施設利用料は高いのか?これは説明するまでもないが、ほとんどの空港が官庁の利権団体となっているからである。職員の天下りはもちろんのこと、施設建設の業者発注など、細部に至るまで利権が網の目のように張り巡らされている。そもそも低コストで運用できるわけがないのだ。日本の航空行政は、公務員とその周辺の利害関係者が甘い汁を吸うために、すべての負担を利用者に押し付けることで成立している。
 高給と破格の年金が保証されている彼らにとって、日本がアジアとの競争に負けて産業が衰退することなど、どうでもよい話なのだ。

 成田国際空港側も「(今回の値引き水準でも)十分ではない」と認識しているようだが、これ以上の思い切った値下げは現実的に難しいだろう。同社の経営陣だけを批判しても根本的な問題は解決しない。最終的には国民が決断するしかないのである。

 もっともアジア各国とのハブ空港競争は、日本の全面敗北という形ですでに決着が付きつつある。今から大幅な値下げをしたところで焼け石に水であることもまた事実である。

 - 政治, 経済

  関連記事

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

panasanyo
三洋電機が完全消滅へ。ところで三洋はもともとパナソニックだって知ってました?

 パナソニックは2011年に戦略的買収を実施した三洋電機を事実上解体する。日本経 …

carter
米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カータ …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …