ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦点だった法人減税は、2年間で3.29%引き下げることで合意した。生活面では若い世代への資金移転を促す内容が目立った。

jiminzeiseikaisei201412

 現在、企業の法人税の実効税率は、標準税率で34.62%(東京都は35.64%)となっているが、これを来年度から2年間かけて3.29%引き下げる。具体的には2015年度は2.51%の引き下げ、16年度は0.78%の引き下げとなる。
 これに加えて「2016 年度以降の税制改正においても、20%台まで引き下げることを目指して改革を継続していく」との記述が盛り込まれ、安倍政権が目指していた20%台までの法人減税に道筋を付けた。

 ただ財源については、減税分すべてが手当できているわけではない。給与総額など、事業規模に応じて課税する外形標準課税の範囲を拡大するほか、欠損金の繰越し控除縮小などを決めたが、減税幅は財源を上回っており、当面は先行減税となる。

 生活面では、高齢者が若い世代に資産を移転させるための制度が目立つ。子や孫の住宅購入を援助する際、最大1000万円までを非課税とする制度を2019年まで延長し、特に2016年からの1年間は最大3000万円に拡大する。結婚や子育ての費用について1000万円を上限とする新しい非課税制度を作ったほか(ただし4年間の時限措置)、株式投資から得られる利益や配当について5年間非課税とする「少額投資非課税制度」(NISA)の子供版を設けた。

 法人減税については、法人からの課税を財源としているので、基本的には徴収対象を変更するという考え方になる。赤字企業への課税が増え、黒字企業の課税が減る。黒字を出している優良企業の負担が減る一方、税制に支えられ存続してきた企業は淘汰されることになる。これは産業構造の転換を促す効果があるが、赤字が続くベンチャー企業にとっては不利になるかもしれない。

 資産を若い世代に移転する高齢者への減税は、資産の世代間格差を解消させることになるので、マクロ的には意味のある施策と考えられる。ただ、世代間移転は促進されるものの、世代内格差は拡大することになるため、消費全体が活性化するのかは未知数だ。

 基本的にマネーは循環しやすくなるため、一定の効果は見込める可能性が高い。ただ、産業構造や社会構造の抜本的な変革を促すほどの改革ではなく、従来路線の延長という印象は拭えない。また財政再建への道筋が遠ざかったことも、中長期的には課題となってくるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

no image
李明博大統領、政敵である朴槿恵氏と会談。退任後は逮捕されずに済むのか?

 韓国の李明博大統領と与党セヌリ党の次期大統領候補に指名された朴槿恵氏は2日、青 …

futenma
普天間基地の移設問題は、日米関係ではなく、むしろ日中関係に大きな影響を与える

 沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事は2013年12月27日、米軍普天間基地の移 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

no image
今度は中国と韓国で領有権争いが勃発。中国はラジコン飛行機で威嚇

 竹島や尖閣諸島をめぐって日本と領土問題で対立している中国と韓国が、今度は双方の …

no image
決着が付いていない中国の政権争い。誰と誰が揉めているの?

 中国の次期政権をめぐるゴタゴタはまだ解決していないようだ。  党総書記に内定し …

kosakukiki
7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …