ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦点だった法人減税は、2年間で3.29%引き下げることで合意した。生活面では若い世代への資金移転を促す内容が目立った。

jiminzeiseikaisei201412

 現在、企業の法人税の実効税率は、標準税率で34.62%(東京都は35.64%)となっているが、これを来年度から2年間かけて3.29%引き下げる。具体的には2015年度は2.51%の引き下げ、16年度は0.78%の引き下げとなる。
 これに加えて「2016 年度以降の税制改正においても、20%台まで引き下げることを目指して改革を継続していく」との記述が盛り込まれ、安倍政権が目指していた20%台までの法人減税に道筋を付けた。

 ただ財源については、減税分すべてが手当できているわけではない。給与総額など、事業規模に応じて課税する外形標準課税の範囲を拡大するほか、欠損金の繰越し控除縮小などを決めたが、減税幅は財源を上回っており、当面は先行減税となる。

 生活面では、高齢者が若い世代に資産を移転させるための制度が目立つ。子や孫の住宅購入を援助する際、最大1000万円までを非課税とする制度を2019年まで延長し、特に2016年からの1年間は最大3000万円に拡大する。結婚や子育ての費用について1000万円を上限とする新しい非課税制度を作ったほか(ただし4年間の時限措置)、株式投資から得られる利益や配当について5年間非課税とする「少額投資非課税制度」(NISA)の子供版を設けた。

 法人減税については、法人からの課税を財源としているので、基本的には徴収対象を変更するという考え方になる。赤字企業への課税が増え、黒字企業の課税が減る。黒字を出している優良企業の負担が減る一方、税制に支えられ存続してきた企業は淘汰されることになる。これは産業構造の転換を促す効果があるが、赤字が続くベンチャー企業にとっては不利になるかもしれない。

 資産を若い世代に移転する高齢者への減税は、資産の世代間格差を解消させることになるので、マクロ的には意味のある施策と考えられる。ただ、世代間移転は促進されるものの、世代内格差は拡大することになるため、消費全体が活性化するのかは未知数だ。

 基本的にマネーは循環しやすくなるため、一定の効果は見込める可能性が高い。ただ、産業構造や社会構造の抜本的な変革を促すほどの改革ではなく、従来路線の延長という印象は拭えない。また財政再建への道筋が遠ざかったことも、中長期的には課題となってくるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

iryohi
政府内部で医療費削減の動きが活発化。財政出動が強化されれば、医療費にシワ寄せが?

 政府内部で医療費の歳出削減に向けた動きが活発化している。社会保障費は最大の支出 …

Buenos Aires
アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきてい …

cameron
英キャメロン首相がEU脱退の国民投票実施を宣言。駆け引きにしては危険すぎるとの声も

 英国のキャメロン首相は23日、ロンドンで講演し、英国の欧州連合(EU)離脱を問 …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

tokyotower02
大都市の世界物価ランキング。日本は円安で改善したが、喜んでもいられない

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …