ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1万7325円となり、昨年末より125円値を下げた。
 2014年は7~9月期のGDPがマイナスに転じるなど厳しい1年だったが、日銀の追加緩和による円安が追い風となり、株式市場は思いのほか堅調であった。大発会は続落スタートとなったものの、2015年の株式市場は、昨年に引き続き堅調に推移すると見る市場関係者は多い。

tosho002

  今年のマクロ経済の環境は総じてよくない。個人消費が引き続き低迷しており、10~12月期GDPの結果もあまりよくないだろう。企業の設備投資も大幅に伸びる気配はない。

 世界経済も、欧州と中国の低迷により全体としては低調である。原油価格はここ1年で半額近くに下落したが、直接のきっかけとなったのは世界経済の減速懸念である。
 しかしながら、世界最大の消費国である米国の経済は好調であり、6月にも利上げが実施される見込みとなっている。米国のような消費大国は原油価格下落の恩恵を直接的に享受できるので、基本的に景気の見通しは明るい。

 日本の製造業は北米市場に大きく依存している。米国景気の拡大は、製造業を中心に日本企業の業績を後押ししており、2015年3月期決算においても増収増益を見込むところが増えている。国内経済が低迷しているにもかかわらず、企業業績は堅調という、経済の二極分化が顕著になっているが、2015年はその状況にさらに拍車がかかりそうだ。

 2015年3月期における、日経平均採用銘柄のEPS(1株あたり利益)予想は1100円となっている。これは1ドル=100円前後の為替を想定した数字であり、現実には1200円程度まで上昇する可能性が高い。現在の為替水準が続いた場合、2016年3月期はさらに増収増益となるだろう。

 現在のPER(株価収益率)は約16倍だが、1200円の利益予想にこのPERをあてはめると日経平均は1万9200円と計算される。来年後半は2016年3月期の決算を織り込んでくることから、経済の前提条件が変わらなければ、日経平均が2万円を超える可能性は十分にある。

  リスク要因はやはり急激に進んだ原油安である。中長期的には原油安は世界経済にとってプラスだが、短期的には新興国通貨の下落や資金流出などを引き越こす。ロシアやベネズエラといった石油依存度が高く、経済が脆弱な国がデフォルトを起こすような事態となった場合、一時的に市場は混乱するだろう。

 ただ、国内的には株価を下支えする材料が整っている。それは、公的年金の株式シフトと日銀による追加緩和策である。公的年金の大量買いは、株価下落局面では大きな効果を発揮する可能性が高い。日銀による買いも同様だ。仮に2度目の追加緩和が見送られたとしても、現在の緩和政策が継続するだけで、株価下支えの大きな要因となるだろう。市場全体が大きく値崩れする可能性は低いと考えた方がよさそうだ。

 - 経済 , , , , ,

  関連記事

no image
中国政府が日本国債を売却してきたら、市場はどうなるか?

 尖閣諸島問題で日中関係が険悪化する中、中国政府が保有する日本国債に注目が集まっ …

toyota
トヨタの好決算は円安の影響ではない。海外生産、海外販売へのシフトが利益の源泉

 トヨタ自動車は5月8日、2013年3月期決算を発表した。売上高は前年比18.7 …

hp
パソコン終焉の象徴。HPが1兆円の巨額赤字を計上。不正会計が理由にあらず

  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)が巨額赤字を計上した。2 …

kokkaigijido
ムーディーズが日本国債を格下げ。だが日銀の大人買いで金利は動かず

 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2014年12月1日、日本 …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …