ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国内生産に切り替える。中国の人件費の高騰で現地生産コストが大幅に上昇したことや円安が主な要因。

 panachinakojo 同社は国内向け白物家電の多くを中国で製造しており、日本に輸入して販売を行っている。しかし、中国での人件費高騰が激しいことから、2年ほど前から生産の一部を国内に戻す検討を進めていた。

 今回の決定を受けて、生産拠点の本格的な国内回帰を期待する声も出ているようだが、こうした動きは限定的なものと考えた方がよいだろう。
 同社の津賀社長は昨年の11月時点においても「生産比率を大きく変えるところまでの国内回帰は考えていない」と発言している。その後、一気に進んだ円安が最終的な決断のきっかけになった可能性が高いが、あくまで円安は判断材料のひとつにすぎない。

 製品の製造コストに占める人件費の割合は約25%、製品価格全体からすると18%程度である。多くが部品の調達コストや減価償却費、研究開発費で占められており、これらはどこに生産拠点があっても大きく変化しない。現代の製造業では、グローバルに見て需要地域に供給しやすい場所に工場を作ることの方が重要となっている。

 現在、同社は白物家電を含むアプライアンス製品を1兆2000億円ほど販売している。このうち国内向けは5000億円程度とみられるが、同社全体の売上高からみれば、数%というレベルである。
 人件費が高騰した中国から工場をシフトする場合、あらたに途上国に工場を建設するというやり方もあるが、この程度のボリュームであれば、工場の海外移転で余剰スペースを抱える国内工場にラインを増設した方が最終的なコストを抑えられる可能性が高い。

 だがこれが世界市場を対象とした製品の場合、必ずしもそうとは限らない。需要がもっとも多く、部品の供給を受けやすい地域に工場を設置するのがベストであり、その場所は必ずしも日本とは限らない。
 国内向けの製品を中心に、今後も製造拠点を回帰させる動きが出てくると考えられるが、製造業全体の大きなトレンドとは考えない方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

ism201303
最高値更新が続く米国株式市場で5月下落説が登場。投資家にとっては悩ましい局面に

 市場最高値の更新を続けていた米国株に警戒感が出始めている。4月3日のNY株式市 …

akachan
日本経済が人口減少の影響を受けるのはこれからが本番

 厚生労働省は2014年1月1日、最新の人口動態統計の結果を発表した。それによる …

apple2016q3
iPhoneを特別視しているのはもはや日本人だけ。IT業界で進むコモディティ化の波

 米国のITビジネスが大きな転換点を迎えようとしている。米アップルの決算は2四半 …

gold04
スイスが中央銀行保有資産の2割を金にするという国民投票を実施。現実性は?

 中央銀行が持つ資産の少なくとも20%を金で保有することを問う、スイスの国民投票 …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

yunikuroginza
ユニクロは客単価の上昇路線を貫徹できるのか?

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2015年9月2日、8月の販売動 …