ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国内生産に切り替える。中国の人件費の高騰で現地生産コストが大幅に上昇したことや円安が主な要因。

 panachinakojo 同社は国内向け白物家電の多くを中国で製造しており、日本に輸入して販売を行っている。しかし、中国での人件費高騰が激しいことから、2年ほど前から生産の一部を国内に戻す検討を進めていた。

 今回の決定を受けて、生産拠点の本格的な国内回帰を期待する声も出ているようだが、こうした動きは限定的なものと考えた方がよいだろう。
 同社の津賀社長は昨年の11月時点においても「生産比率を大きく変えるところまでの国内回帰は考えていない」と発言している。その後、一気に進んだ円安が最終的な決断のきっかけになった可能性が高いが、あくまで円安は判断材料のひとつにすぎない。

 製品の製造コストに占める人件費の割合は約25%、製品価格全体からすると18%程度である。多くが部品の調達コストや減価償却費、研究開発費で占められており、これらはどこに生産拠点があっても大きく変化しない。現代の製造業では、グローバルに見て需要地域に供給しやすい場所に工場を作ることの方が重要となっている。

 現在、同社は白物家電を含むアプライアンス製品を1兆2000億円ほど販売している。このうち国内向けは5000億円程度とみられるが、同社全体の売上高からみれば、数%というレベルである。
 人件費が高騰した中国から工場をシフトする場合、あらたに途上国に工場を建設するというやり方もあるが、この程度のボリュームであれば、工場の海外移転で余剰スペースを抱える国内工場にラインを増設した方が最終的なコストを抑えられる可能性が高い。

 だがこれが世界市場を対象とした製品の場合、必ずしもそうとは限らない。需要がもっとも多く、部品の供給を受けやすい地域に工場を設置するのがベストであり、その場所は必ずしも日本とは限らない。
 国内向けの製品を中心に、今後も製造拠点を回帰させる動きが出てくると考えられるが、製造業全体の大きなトレンドとは考えない方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

tosho05
新しい増資手段ライツイシューに規制?制度を生かすも殺すも、最後は投資家次第

 既存の株主に対して新株購入の権利を割り当てる「ライツイシュー」の審査が厳格化さ …

kiyosaki
金持ち父さん(倒産)、貧乏父さん(倒産)のキヨサキ氏の会社が倒産

 「金持ち父さん 貧乏父さん」などの著書で知られる、ロバート・キヨサキ氏の会社が …

yahoojapan
ヤフーの通販サイト出店無料化は、近い将来マクロ経済にも影響を与える?

 ヤフーがネット通販サイトとオークションサイトへの出店料を無料にするという大胆な …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

bananki
バーナンキ氏がヘッジファンドに転職。ブログでの発言にさらに注目が

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、米大手ヘッジファンドのシニア …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …