ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パナソニックが生産拠点を国内に回帰。だがこうした動きは限定的?

 

 パナソニックは、エアコンや洗濯機といった白物家電について、今年の春から順次、国内生産に切り替える。中国の人件費の高騰で現地生産コストが大幅に上昇したことや円安が主な要因。

 panachinakojo 同社は国内向け白物家電の多くを中国で製造しており、日本に輸入して販売を行っている。しかし、中国での人件費高騰が激しいことから、2年ほど前から生産の一部を国内に戻す検討を進めていた。

 今回の決定を受けて、生産拠点の本格的な国内回帰を期待する声も出ているようだが、こうした動きは限定的なものと考えた方がよいだろう。
 同社の津賀社長は昨年の11月時点においても「生産比率を大きく変えるところまでの国内回帰は考えていない」と発言している。その後、一気に進んだ円安が最終的な決断のきっかけになった可能性が高いが、あくまで円安は判断材料のひとつにすぎない。

 製品の製造コストに占める人件費の割合は約25%、製品価格全体からすると18%程度である。多くが部品の調達コストや減価償却費、研究開発費で占められており、これらはどこに生産拠点があっても大きく変化しない。現代の製造業では、グローバルに見て需要地域に供給しやすい場所に工場を作ることの方が重要となっている。

 現在、同社は白物家電を含むアプライアンス製品を1兆2000億円ほど販売している。このうち国内向けは5000億円程度とみられるが、同社全体の売上高からみれば、数%というレベルである。
 人件費が高騰した中国から工場をシフトする場合、あらたに途上国に工場を建設するというやり方もあるが、この程度のボリュームであれば、工場の海外移転で余剰スペースを抱える国内工場にラインを増設した方が最終的なコストを抑えられる可能性が高い。

 だがこれが世界市場を対象とした製品の場合、必ずしもそうとは限らない。需要がもっとも多く、部品の供給を受けやすい地域に工場を設置するのがベストであり、その場所は必ずしも日本とは限らない。
 国内向けの製品を中心に、今後も製造拠点を回帰させる動きが出てくると考えられるが、製造業全体の大きなトレンドとは考えない方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

setsubitousi
企業の現金保有がさらに増加。融資は伸びておらず、企業は自己資金をフル活用

 日本企業の現金保有残高がさらに増加している。基本的には企業の利益率向上が主な要 …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

kurumakonyu
若者の7割がクルマを買いたくない。価格が上昇してしまった理由は日本経済の低迷

 日本自動車工業界は2016年4月8日、2015年度の乗用車市場動向調査の結果を …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …