ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて「まだカネをためたいなんて、ただの守銭奴にすぎない」と発言した。いつもの放言ではあるのだが、今回の放言はかなり本質を突いている。

asohadaijin201406

 この発言が飛び出したのは、信託協会の賀詞交換会での挨拶。日本企業が内部留保を330兆円近くまで貯め込んでいることについて批判し、設備投資などに資金を回すべきだとの見解を示した。
 守銭奴という言葉のニュアンスが良くなかったせいか、6日の記者会見では「個別企業について言及したものではない」との釈明を行った。

 守銭奴という言い回しはともかく、日本企業が空前の内部留保を蓄積しているのは事実である。9月末時点における日本企業の内部留保は324兆円に達している。20年前の1994年には140兆円程度しかなく、デフレ下で内部留保を2倍に膨れあがらせていたことになる。
 内部留保はあくまで決算書上の数値に過ぎず、これが収益資産などに変わっていれば何の問題もない。しかし、日本企業の内部留保のうち、じつに半分が現預金となっている。つまり日本企業は160兆円もの現金を何もしないまま、ただ銀行に預けているのだ。

 企業側の言い分としては、日本経済の見通しが暗く、人口も減る中、積極的に設備投資をする先がないという理屈になるわけだが、こうした状況を打開するための方策が、日銀の量的緩和策だったはずである。日銀が大量にマネーを供給することで、期待インフレを醸成させ、実質金利をマイナスにして企業の設備投資を促そうという目論見である。
 つまり現金を持っていると損をするような仕組みを作るということなのだが、今のところ企業は全く反応しておらず、現預金は増える一方となっている。

 麻生氏の発言の背景には、量的緩和策を実施しているにもかかわらず、企業が想定通りの行動を取らないことに対する苛立ちがあると考えられる。

 日本企業の行動が鈍いのは、業績向上に対する株主からの圧力が乏しいことが大きく影響している。日本国内に目立った投資先がなければ、工夫して新しい事業を創造するか、海外へ投資するというのが一般的なセオリーであり、多くの株主はそれを求めているはずだ。
 だが日本の場合、会社は従業員や経営者のものという意識が強く、株主が経営に関与することは批判を浴びることもある。このため日本の投資家の多くは経営に対して口を挟まない。経営者も従業員からの昇格が多く、株主から経営を委託されたという感覚は乏しい。

 日本企業の経営者は株主からの突き上げがないため、リスクを取って業績を上げる必要がない。思い切ったことをせず、経営者としての任期をまっとうした方が有利であり、結果として現金の貯め込みが続くことになる。変化がないことは現状の立場を維持したい多くの従業員にとって悪い話ではないため、これを改革しようというインセンティブは生じない。

 本来、構造改革とはこうした状況を打開することを意味していた。しかし、現在の日本では、過度な競争を強いる政策というニュアンスにすり替わっており、説得力を持っていない。こうした社会の風潮が大きく変わる兆候は今のところないため、大企業を中心に現金の蓄積がさらに進む可能性が高い。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

son
ソフトバンクの孫社長が次々と巨大豪邸を建設。その真意は?

 ソフトバンクの孫正義社長が、最近次々と豪邸を建てている。短期間に3つも豪邸を建 …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

saiteichingin
最低賃金引き上げの議論が始まる。だが経営側は以前として慎重姿勢

 最低賃金の引き上げに関する議論が政府内で始まった。厚生労働省は最低賃金の目安を …

kikaiinsatu
設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

no image
オイルマネーがフランスの貧困地区整備事業に進出。是非を巡って議論噴出

 フランスでは、オイルマネーを使って貧困地区整備事業を行うプランが浮上し話題とな …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …