ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた。経営再建中のシャープが、米半導体大手インテルから300億円程度の出資を受ける方向で調整中だという。

 14日のロイターによると、インテルとはスマートフォン向けなどの部品の共同開発で協業交渉を進めており、資本面でも提携を結び経営の安定を図る考えだという。同時に米通信技術大手クアルコムからの出資についても協議を進めており、月末までには結論を出す予定としている。シャープはこの報道について「当社が発表したものではない」としてコメントしていない。

 シャープ周辺からはなぜか出所不明のニュースがわんさか出てくる。巨額赤字を伴う決算情報が一斉に報道されるのを恐れて、事前にマスコミに小出ししているのか、単に現経営陣に指導力がなく、勝手に社員がリークしているのか真相は定かではない。

 インテルとクラルコムと交渉していたのは事実のようだが、今回のニュースが真実なのかは今のところ不明である。だが仮に真実だとしても、シャープの現状を抜本的に解決することにはならないというのが大方の見方だ。
 インテルやクアルコムはシャープと同様デバイス・メーカーであり、最終製品を開発しているわけではない。両者にとってシャープに出資するメリットはあまり大きくないのである。ただ、両社からの出資によって資金面で多少安心感が増し、銀行側のスタンスが軟化するという効果は期待できるかもしれない。
 だがシャープの経営を根本的に改善させるには、鴻海やアップルといったシャープのデバイスを購入してくれるセットメーカーとの提携、もしくはサムスンのような競合メーカーからの買収(あり得ないと思うが)が必須となる。

 マスコミへのリークが意図的なものかそうでないかは別として、出所不明の情報が飛び交う状況は、シャープに対する市場の不信感を助長するだけである。もしシャープ経営陣の意図的なものなら、その経営センスのなさに開いた口が塞がらない。

 - 経済

  関連記事

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

imfjapan
IMFの年次報告書で消費税は15%が望ましいと主張している理由

 IMF(国際通貨基金)は8月5日、日本経済に関する2013年度の年次報告書を発 …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

nihonen
円高が止まらない。政策の手詰まり状態を市場は見透かしている?

 為替市場で急速な円高が進んでいる。欧州で英国のEU(欧州連合)離脱への警戒感が …

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

no image
EUが金融取引税(トービン税)の導入を決定。欧州はルビコン川を渡ってしまった

 欧州連合(EU)は9日、ルクセンブルクで理事会を開き、金融取引税(いわゆるトー …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …