ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた。経営再建中のシャープが、米半導体大手インテルから300億円程度の出資を受ける方向で調整中だという。

 14日のロイターによると、インテルとはスマートフォン向けなどの部品の共同開発で協業交渉を進めており、資本面でも提携を結び経営の安定を図る考えだという。同時に米通信技術大手クアルコムからの出資についても協議を進めており、月末までには結論を出す予定としている。シャープはこの報道について「当社が発表したものではない」としてコメントしていない。

 シャープ周辺からはなぜか出所不明のニュースがわんさか出てくる。巨額赤字を伴う決算情報が一斉に報道されるのを恐れて、事前にマスコミに小出ししているのか、単に現経営陣に指導力がなく、勝手に社員がリークしているのか真相は定かではない。

 インテルとクラルコムと交渉していたのは事実のようだが、今回のニュースが真実なのかは今のところ不明である。だが仮に真実だとしても、シャープの現状を抜本的に解決することにはならないというのが大方の見方だ。
 インテルやクアルコムはシャープと同様デバイス・メーカーであり、最終製品を開発しているわけではない。両者にとってシャープに出資するメリットはあまり大きくないのである。ただ、両社からの出資によって資金面で多少安心感が増し、銀行側のスタンスが軟化するという効果は期待できるかもしれない。
 だがシャープの経営を根本的に改善させるには、鴻海やアップルといったシャープのデバイスを購入してくれるセットメーカーとの提携、もしくはサムスンのような競合メーカーからの買収(あり得ないと思うが)が必須となる。

 マスコミへのリークが意図的なものかそうでないかは別として、出所不明の情報が飛び交う状況は、シャープに対する市場の不信感を助長するだけである。もしシャープ経営陣の意図的なものなら、その経営センスのなさに開いた口が塞がらない。

 - 経済

  関連記事

kousai20130513
日米で金利が急上昇。米国は景気拡大を反映しているが、日本はどう解釈すべきか?

 日米で長期金利が上昇傾向を見せ始めている。米国の金利上昇についは、市場関係者の …

usakoyoutoukei201405
雇用が完全回復しても二極分化が続く米国の状況は、日本の近未来図?

 米労働省は2014年6月6日、5月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …

bouekitoukei201309
円安による輸出回復は困難であることがほぼ確定的に。政府も現状を認識し始めている

 アベノミクスのスタート以降、円安によって日本の製造業が回復し、設備投資が復活す …

mizuho
新みずほ銀行がようやく発足。だが失われた10年はあまりにも長い

 みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が7月1日合併 …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

googlehead
グーグルは成長鈍化でいよいよ普通の会社へ。資本政策などの転換も必要?

 ネット検索大手米グーグルは2014年10月16日、2014年7~9月期の決算を …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …