ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷え込んでおり、ダウ平均株価は大幅な下落となった。為替も円高に振れている。原油価格の下落は、基本的に世界経済にプラスだが、市場では不安心理が先行しているようだ。

oilpump

 ニューヨークの原油先物市場は2015年1月5日、心理的節目となっていた1バレル=50ドルを下回った。6日も続落となり、1バレル=47ドルで取引を終えている。サウジアラビアが減産しない方針を明言していることから、当分の間、受給の緩んだ状態が続く可能性が高い。

 原油価格の下落は、ロシアやベネズエラなど、脆弱な産油国に大きな影響を与える。こうした新興国からの資金流出が加速すると、一時的には市場がパニックになる可能性があり、投資家はこうした動きを警戒していると考えられる。

 これに拍車をかけているのがギリシャ情勢である。ギリシャでは25日に総選挙が行われるが、急進左派連合が勢いを増しており、もし政権を掌握することになれば、公的債務の支払い拒否や緊縮財政の撤回などが実施される可能性が出てくる。
 ドイツを中心とする債権国はこうした状況を容認する可能性は低いため、最悪の場合、ギリシャのユーロ圏離脱というシナリオも想定されてくる。最悪のシナリオになる可能性は低いものの、投資家の不安心理を増大させるには十分なニュースである。

 マクロ的には原油価格の下落は、世界経済、特に石油を消費する先進国経済にとってプラスの要素が大きい。先進各国は1日あたり2500万バレルの石油を純消費している。原油価格はここ1年で100ドルから50ドルまで下落しているが、もし50ドルの価格が今後も継続する場合、産油国から先進国には年間50兆円以上の富が移転することになる。中長期的には先進国経済に大きな恩恵をもたらすことになる。

 一部のヘッジファンドはこうした状況を見据え、投機的に売りを仕掛けている可能性もある。実需による売りでない場合には、ある時期から、資金決済のため、売られた商品の買い戻しが始まることになる。短期的な下落幅が大きいことを考えると、場合によっては、買い戻しによって価格が急上昇する可能性があることも考慮に入れておいた方がよいだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

contena04
中国経済の失速がさらに鮮明に。だが日の丸製造業の凋落が皮肉にも中国リスクを軽減?

 中国国家統計局は7月15日、4~6月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

baxter2
ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が …

toshiba201405
東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7 …

no image
ユーロ・ベガス計画がマドリードに決定。スペインの街にイタリア都市が出現?

 ユーロ・ベガスと呼ばれるスペインの超大型カジノ計画をめぐって、激しい誘致合戦を …

amazonwordrobe
洋服の買い方が一変?アマゾンの新サービスにアパレル業界に激震

 先日、高級スーパーを買収し世間を驚かせた米アマゾンが、今度はアパレルの分野で革 …

abekaisan20141119
まるで民主党の政策?緊急経済対策は商品券など直接支援が中心

 安倍首相は2014年11月18日、消費増税の先送りと衆議院の解散を発表すると同 …

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …