ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃するという事件が発生した。ジャーナリストや警官など12名が死亡した。仏当局は実行犯の行方を追っているが、テロリストは非常によく訓練されており、米国など他の西側諸国も警戒感を強めている。

paristero

 襲撃されたのは、フランスの風刺週刊紙「シャルリエブド」のパリ本社。同紙は批評的な風刺画を掲載することで有名で、イスラム教の指導者ムハンマドを題材にした風刺画を繰り返し掲載していた。これまで何度も脅迫を受けており、オフィスが放火されたこともあった。

 現地メディアによると、実行犯は2015年1月7日、午前11時30分に黒い乗用車で同紙が入居するビル前に到着。受け付けにいた1人をまず殺害、子供連れだった女性を脅して社内に侵入し、編集会議が開かれている部屋に直行した。編集会議の最中だったことから幹部が集まっており、実行犯は幹部の具体的な名前を叫びながら頭を狙って自動小銃を発射したという。
 つまり、実行犯はこの時間に編集会議が行われることを事前に知っており、同社幹部の顔と名前を特定していたことになる。

 逃走する際には、パトカーを銃撃し、警察官を殺害している。パトカーのフロントガラスには、弾痕が一点に集中しており、照準を定めて自動小銃を撃ったことが分かる。銃撃を受けた警察官は現場に倒れ込んだが、生存していることが分かると、致命傷になるようさらに銃撃を加えたという。使用された自動小銃はカラシニコフ銃とみられるが、予備の弾倉を多数保有しており、用意周到だったことを伺わせる。

 仏当局が犯人を特定したとの報道があり、それによると、実行犯はアルジェリア系フランス人の兄弟で、イスラム過激派との関係で逮捕歴があるという。もう1人は国籍不明で18歳の青年とみられる。
 テロリストとしての訓練を受けている可能性が高く、これまでよく見られた自爆テロの実行犯とは、人物像が異なっている。西側各国がもっとも警戒してきたテロリストのタイプであり、各国の情報機関や捜査当局は情報の連携を行っているという。

 - 政治 ,

  関連記事

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

hoppouryoudo
森元首相がプーチン大統領と会談。北方領土問題における「引き分け」の真意とは?

 森喜朗元首相は21日、安倍首相の特使としてロシアを訪問しプーチン大統領と会談し …

no image
なぜか報道されないスペインの国家分裂危機。支援を要請できないのにはワケがあった

 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、スペインの国際 …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

sinjuwan
安倍首相が真珠湾を公式訪問。だが日米同盟の意味はすっかり変わってしまった

 安倍首相は2016年12月26~27日、太平洋戦争のきっかけとなったハワイの真 …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …