ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの象徴でもあるタンス預金が増加する兆候が見られる。多くの人にデフレマインドが残っていることが主な原因と考えられるが、高齢化の進展も影響を与えている可能性がある。

okane201407

 世の中に出回っている現金(日銀券と硬貨)の残高は約92兆円である。マネーストック(M3)はざっと1200兆円あるので、約8%が現金ということになる。現金に対するニーズは常に一定数存在するため、経済規模が拡大すれば現金の量も増えてくることになる。

 日本は先進国の中でも、特に現金に対するニーズが強いことで知られている。GDPに対する現金の割合はドルやユーロの2倍の水準に達する。
 しかもドルやユーロの場合、現金で保有している人の多くは、海外在住者やアングラ・ビジネスの関係者であり、一般的な国民が現金を持つ割合はさらに低い。日本円はあまり国際化していないことを考えると、、日本の現金流通の水準は国際的に見て突出して高いということになる。

 しかし、ここ10年の日本経済は横ばいが続いており、現金に対する潜在的ニーズは増えていない。実際、しばらくの間、現金の流通量も横ばいの数字を示していた。だが最近、現金の流通量が再び増加に転じており、現金の伸びがマネーストックの伸びを上回っている。

 日銀による量的緩和でマネタリーベースは増加しているものの、マネーストックがそれに合わせて顕著に増加するという状況にはなっていない。また、量的緩和策は企業への波及が先行すると考えられるので、個人が主体となる現金保有が量的緩和策で増加したとは考えにくい。
 日本におけるクレジットカードの年間決済額は約50兆円とGDPの1割を占めているが、この数字は10年間で2倍以上に拡大している。最近では電子マネーによる決済が加わるので、現金へのニーズはさらに低下している。

 それにも関わらず現金が増えているというのは、個人のタンス預金が増加していることが主な原因と考えられる。タンス預金の増加は、金利収入を捨ててまで手元に現金を置くという行動であり、不安心理の裏返しであることが多い。実際、日本がデフレに突入した直後には、タンス預金が大幅に増加したといわれる。

 量的緩和策が効果を発揮するならば、日本はインフレになるはずであり、基本的に現金保有は不利となる。しかし、現実には多くが国民がまだ現金に対する執着を持ち続けている。インフレになるかどうかということよりも、不安心理が大きいということなのかもしれない。

 どれほどの影響を与えているのか定かではないが、高齢化もひとつの要因になっている可能性がある。人は高齢になるほど行動が保守的になる。日本の金融資産の7割近くが60歳以上の高齢者によって占められていることを考えると、一部の裕福な高齢者がタンス預金を増やしている可能性は否定できない。

 アベノミクスに伴う円安や株高は、市場のインフレ期待を反映したものである。投資家や企業経営者のレベルでは、インフレ期待は徐々に高まっていると見てよいだろう。しかし、多くの国民にとって、インフレはまだ具体的にイメージできるものではないようだ。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …

imf201407
IMFの世界経済見通し。機関車役だった米国の失速で、多くの国が下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2014年7月24日、世界経済見通しの改定値を発表した …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

gaikokujinrodosha
これは事実上の移民政策?オリンピック以後も外国人労働者を継続して受け入れへ

 安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に向けて本格的に動き始めた。安倍首相は20 …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

ieren02
米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イ …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …