ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの象徴でもあるタンス預金が増加する兆候が見られる。多くの人にデフレマインドが残っていることが主な原因と考えられるが、高齢化の進展も影響を与えている可能性がある。

okane201407

 世の中に出回っている現金(日銀券と硬貨)の残高は約92兆円である。マネーストック(M3)はざっと1200兆円あるので、約8%が現金ということになる。現金に対するニーズは常に一定数存在するため、経済規模が拡大すれば現金の量も増えてくることになる。

 日本は先進国の中でも、特に現金に対するニーズが強いことで知られている。GDPに対する現金の割合はドルやユーロの2倍の水準に達する。
 しかもドルやユーロの場合、現金で保有している人の多くは、海外在住者やアングラ・ビジネスの関係者であり、一般的な国民が現金を持つ割合はさらに低い。日本円はあまり国際化していないことを考えると、、日本の現金流通の水準は国際的に見て突出して高いということになる。

 しかし、ここ10年の日本経済は横ばいが続いており、現金に対する潜在的ニーズは増えていない。実際、しばらくの間、現金の流通量も横ばいの数字を示していた。だが最近、現金の流通量が再び増加に転じており、現金の伸びがマネーストックの伸びを上回っている。

 日銀による量的緩和でマネタリーベースは増加しているものの、マネーストックがそれに合わせて顕著に増加するという状況にはなっていない。また、量的緩和策は企業への波及が先行すると考えられるので、個人が主体となる現金保有が量的緩和策で増加したとは考えにくい。
 日本におけるクレジットカードの年間決済額は約50兆円とGDPの1割を占めているが、この数字は10年間で2倍以上に拡大している。最近では電子マネーによる決済が加わるので、現金へのニーズはさらに低下している。

 それにも関わらず現金が増えているというのは、個人のタンス預金が増加していることが主な原因と考えられる。タンス預金の増加は、金利収入を捨ててまで手元に現金を置くという行動であり、不安心理の裏返しであることが多い。実際、日本がデフレに突入した直後には、タンス預金が大幅に増加したといわれる。

 量的緩和策が効果を発揮するならば、日本はインフレになるはずであり、基本的に現金保有は不利となる。しかし、現実には多くが国民がまだ現金に対する執着を持ち続けている。インフレになるかどうかということよりも、不安心理が大きいということなのかもしれない。

 どれほどの影響を与えているのか定かではないが、高齢化もひとつの要因になっている可能性がある。人は高齢になるほど行動が保守的になる。日本の金融資産の7割近くが60歳以上の高齢者によって占められていることを考えると、一部の裕福な高齢者がタンス預金を増やしている可能性は否定できない。

 アベノミクスに伴う円安や株高は、市場のインフレ期待を反映したものである。投資家や企業経営者のレベルでは、インフレ期待は徐々に高まっていると見てよいだろう。しかし、多くの国民にとって、インフレはまだ具体的にイメージできるものではないようだ。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

roujin03
イタリアで若者のために高齢者の早期退職を促す動き。だが社会全体の負担は増加?

 改正高齢者雇用安定法の施行によって、日本では生涯を通じて働くことが可能になって …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …