ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21世紀の資本」は学術書ながら米国を中心に異例の大ヒットとなった。

piketishasin

 本来は地味な分野の書籍がこれだけ話題になったのは、米国で格差問題が大きくクローズアップされていることが大きく影響している。同書では、歴史的に資産の収益率が所得の伸びを上回っており、これによって富を持つ人とそうでない人の格差が拡大すると指摘している。
 今後は世界的な低成長によって所得の伸びがさらに減少することが予想されるため、資産格差もさらに拡大するというのがピケティの予想である。

 日本でも、このところ同様の傾向が見られる。資金循環統計では日本の家計金融資産はアベノミクスで大幅に増大したが、増加分のほとんどは株式と投資信託であった。日本では富裕層しか株式投資はしていないので、株価上昇の恩恵はすべて富裕層が独占したことになる。

 日本はこれまで貧富の差が少ない国といわれてきたが、相対的貧困率が先進国では最低水準に位置するなど、格差大国との指摘もある。本誌では、日本経済が過去100年間において、ピケティが主張するような資産格差が発生していたのかどうか、簡易的に検証してみた。
 資産による収益は、銀行の利子、債権・株式の配当、株式の売却益、不動産収入など多岐にわたる。ここでは、株価上昇と配当に焦点を絞り、これが国民所得の増加とどのような関係になっていたのか探った。

 日本でも、ピケティが主張するように、過去100年間、ほぼすべての時代において、株式からの収益率(株価上昇に配当を加えたもの)は、所得の増加を上回っていた。唯一の例外が、バブル崩壊から現在までの失われた20年である。
 ここ20年は、資産収益率が所得の伸びを下回っている。経済的格差の測定方法には様々なものがあるが、不況が続くと、高額所得者が減少し、富裕層と中間層の格差が縮小することはよく知られている。戦前では最大の不景気であった昭和恐慌の近辺において、資産収益率の大幅な低下が見られた。

 大雑把な評価だが、ピケティが主張するところの格差拡大は日本でも観察されることがわかった。だが、幸か不幸か、デフレ下の20年では、資産格差の拡大は見られなかった(中間層と低所得者層の格差拡大はまた別のメカニズムである)。
 しかし、アベノミクスが順調に進み、株価がさらに上昇するということになると、富裕層と中間層の格差は再び拡大する可能性が高い。資産格差を最小限に抑えるためには、株価上昇の恩恵が中間層以下にも還元される仕組みを構築することが重要である。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …

putin02
プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが

 ロシア人の大富豪ベレゾフスキー氏が、3月23日、亡命先である英国の自宅で死亡し …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

seigadai
韓国政府が若者の海外就職と海外起業を推奨。一部では「棄民政策」との声も

 韓国の朴槿恵次期大統領は11日、ソウルで開催されているグローバル就業博覧会を訪 …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

konchushoku02
昆虫に対する若者の嫌悪感が増加。一方で飢餓対策から昆虫食への関心も高まる

 虫を素手で触ることができない若者が増加しているという。一方で、世界的な食糧難を …