ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21世紀の資本」は学術書ながら米国を中心に異例の大ヒットとなった。

piketishasin

 本来は地味な分野の書籍がこれだけ話題になったのは、米国で格差問題が大きくクローズアップされていることが大きく影響している。同書では、歴史的に資産の収益率が所得の伸びを上回っており、これによって富を持つ人とそうでない人の格差が拡大すると指摘している。
 今後は世界的な低成長によって所得の伸びがさらに減少することが予想されるため、資産格差もさらに拡大するというのがピケティの予想である。

 日本でも、このところ同様の傾向が見られる。資金循環統計では日本の家計金融資産はアベノミクスで大幅に増大したが、増加分のほとんどは株式と投資信託であった。日本では富裕層しか株式投資はしていないので、株価上昇の恩恵はすべて富裕層が独占したことになる。

 日本はこれまで貧富の差が少ない国といわれてきたが、相対的貧困率が先進国では最低水準に位置するなど、格差大国との指摘もある。本誌では、日本経済が過去100年間において、ピケティが主張するような資産格差が発生していたのかどうか、簡易的に検証してみた。
 資産による収益は、銀行の利子、債権・株式の配当、株式の売却益、不動産収入など多岐にわたる。ここでは、株価上昇と配当に焦点を絞り、これが国民所得の増加とどのような関係になっていたのか探った。

 日本でも、ピケティが主張するように、過去100年間、ほぼすべての時代において、株式からの収益率(株価上昇に配当を加えたもの)は、所得の増加を上回っていた。唯一の例外が、バブル崩壊から現在までの失われた20年である。
 ここ20年は、資産収益率が所得の伸びを下回っている。経済的格差の測定方法には様々なものがあるが、不況が続くと、高額所得者が減少し、富裕層と中間層の格差が縮小することはよく知られている。戦前では最大の不景気であった昭和恐慌の近辺において、資産収益率の大幅な低下が見られた。

 大雑把な評価だが、ピケティが主張するところの格差拡大は日本でも観察されることがわかった。だが、幸か不幸か、デフレ下の20年では、資産格差の拡大は見られなかった(中間層と低所得者層の格差拡大はまた別のメカニズムである)。
 しかし、アベノミクスが順調に進み、株価がさらに上昇するということになると、富裕層と中間層の格差は再び拡大する可能性が高い。資産格差を最小限に抑えるためには、株価上昇の恩恵が中間層以下にも還元される仕組みを構築することが重要である。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

jinminginkou
中国が年内に金利完全自由化を実施。グローバル市場との一体化が進む

 中国人民銀行の周小川総裁は2015年3月12日、年内に預金金利の上限規制を撤廃 …

fbi
ボストン爆破テロ事件でFBIが新捜査手法。スマホ画像の提供を広く市民に呼び掛け

 米連邦捜査局(FBI)は4月18日、ボストン・マラソンのゴール付近で起きた連続 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

firefoxOS
2500円の製品も!進む海外のスマホ価格破壊は日本に何をもたらすか?

 新興国市場にターゲットを絞った格安のスマホが相次いで登場している。フィンランド …

mynumberseido
マインナンバーを持てない海外赴任者は、日本にある自分の口座に送金できない?

 マイナンバー制度のスタートに伴って、海外居住者が日本国内の自分の口座に送金でき …

no image
維新の会の経済政策が徐々に明らかに。大阪はこうなる!

 次期衆院選の準備を進める大阪維新の会の経済政策がその姿を見せつつある。  Ne …