ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首都圏の中古マンション価格は上昇が続く一方、郊外の物件を中心に、売却が困難なケースも増加している。

kougaibukken

 東京カンテイが2014年12月に発表した最新の中古マンション価格は、首都圏で前月比1.2%増と3カ月連続で上昇した。近畿圏や中部圏でも上昇となったが、全体の相場が上昇しているのかというとそうでもない。首都圏の中でも上昇幅が大きいのは都心だけで、郊外の上昇幅は限定的だ。埼玉はマイナスとなっているほか、東京以外でも地域中心部の価格上昇が全体を引き上げている構図に変わりはない。

 全体としてみれば、不動産価格の上昇は、アベノミクスのインフレ期待が引き越している可能性が高い。都心については、円安効果で外国人投資家が増えたことや、相続税が強化されることから、節税対策でタワーマンションの購入が増えていることも影響している。
 だが、長期的には、人口の減少と都市部への人口移動が不動産価格の形成に大きな影響を与えている可能性が高い。郊外から地域拠点への転居が増えており、それにともなって不動産価格の二極分化が発生しているのだ。

 実はこうした動きは10年ほど前から始まっており、中心地から遠い物件で価格破壊が起こっていることは多くの人が知るところとなっている。だが最近では、これまで高級住宅地と呼ばれていたエリアでも、市場の変化が顕著になっているという。
 首都圏でも、世田谷や高輪といったエリアの高額物件が多数売りに出されるようになった。これまで、こうした郊外の高級戸建て物件が、大々的に売りに出されることはなかった。ネットでの仲介が増えたことで、目に触れやすくなったという面は否定できないが、背景には、こうした物件に対する根本的なニーズの低下があると考えられる。一方で都心部の高級タワーマンションは飛ぶように売れている。

 東京郊外に住むある老夫婦は、自己居住していた戸建ての物件を売りに出した。子供はすでに独立し、夫が病院の世話になる頻度が高くなってきたことから、病院に近く、交通の便がよい都心に転居するつもりだという。不動産事業者が示した価格は購入価格を大幅に下回っているが、売却を優先したいので、やむを得ないという。こうした動きは、全国的に拡大している可能性が高く、各エリアの拠点都市への集中が進む。

 拠点都市への流入は、人口の減少と高齢化が進む限り、避けて通ることはできない。一部にはこうした流れを押しとどめようという動きも見られるが、ほとんど効果はないだろう。人口の集約化が進むことを前提に、インフラの再整備や少子化対策を行わないと、本当の意味で諸問題の解決にはならない可能性が高い。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

furusatonozei
ようやく聞こえてきた、ふるさと納税制度に対する自治体からの異論

 ふるさと納税に対する異論が一部の自治体から出始めている。今のところ、税収が減っ …

kokusaishushi201303
日本の経常収支。マスコミ報道では「黒字激減」だが、足元の状況は少し異なる

 財務省は5月10日、3月の国際収支を発表した。貿易収支は2194億円の赤字だが …

sen15 00
過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功 …

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

ichimanen
インフレが進むと実質的に増税となる「インフレ課税」って何だ?

 消費税増税を最終判断する時期が近付いてきたことで、増税の是非に関する議論が活発 …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

monka
発達障害に関する文部科学省の調査。なぜか被災地域は調査対象から除外

 文部科学省は5日、全国の小中学校に通う児童生徒のうち、人とコミュニケーションが …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …