ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉でもある。首相が権力を保持することができるのは、誰にも相談することなく、解散の日程を決めることができるからだ。解散の時期を明示せず、突如解散を発表することで、政局をリードすることができるのである。

 野田総理の今回の解散は、突然だっただけに永田町では驚きをもって受け止められているが、それは別の意味での驚きである。解散権と言う「伝家の宝刀」を持ちながら、ここまで最悪のタイミングでしか解散ができない野田首相の器のなさに対する驚きである。
 これは、安倍元総理の政権投げ出し事件に引き続いて、日本の憲政史上、もっとも幼稚な出来事のひとつとして後々まで語られることになるかもしれない。

 首相周辺の話を総合すると、首相が解散を決断した最大の理由は「近いうちに解散」と口をすべらせてしまったので引っ込みがつかなくなった」(永田町関係者)からだという。
 民主党内では来年夏の衆参同日選という前提でスケジュールが組まれていた。国民への信頼云々はさておき、確実に負けが予測できるタイミングでの解散は現実的な選択肢としてあり得ないからだ。その証拠に、選挙のすべてに責任を負う幹事長は、衆院選とは関係ない参議院の輿石氏である。

 首相本人は、議員の定数是正と引き換えに「刺し違えた」つもりらしく、解散を表明した国会答弁でも異様に力がこもっていた。だが定数是正は刺し違えて解散するような政治イシューではなく、完全にスベってしまっている。

 思いつきでしゃべったことの引っ込みが付かなくなり、追い込まれても決断ができず、時間だけが経過し、最後は精神論が登場して破れかぶれの決断をする。日本のダメ組織の典型的な負けパターンである(太平洋戦争の時もおそらく同じ状態だったのだろう)。
 最近過度の飲酒で呂律が回らなくなっていた野田首相だが、もはや正常な判断能力を失っているのかもしれない。政権末期の菅首相も不眠が続き、突如奇声を発するなど異様な行動が目立っていた。

 ただし、正常な判断を失っていることにも1%の利点はある。物事を比較的合理的に考えていた維新の会などの第三極政党は、解散はまだ先と考えていたからだ。維新側は、野田首相は他の民主党の政治家よりも実務肌で常識的判断をすると考えていたフシがある。「このタイミングでの選挙は正直言って準備不足」と漏らす関係者もいる。

 ともかく、総選挙は来月12日投票で決定した。すでに永田町周辺では自民党の安倍総裁が首相になれるのかどうかについて関心が移っている。

 - 政治

  関連記事

pakukune02
韓国の中高生の7割が朝鮮戦争の経緯を知らない?調査結果をめぐって韓国で大激論

 韓国で実施された中高生に対するアンケートで、回答者の70%が朝鮮戦争の経緯をよ …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

obamapowerrice
オバマ大統領が次々と独自色の強い人事案を発表。共和党との対決に自信

 オバマ米大統領は独自色を強く打ち出した人事を相次いで発表している。6月5日、退 …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

ooigenpatu
原子力規制委員会がまとめた原発の新安全基準骨子は、迷走する原発政策の象徴

 原子力規制委員会は1月31日、内部に設置した有識者会合において、原発の安全性に …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

asahishazai
一連の朝日新聞批判。日本人はやっぱり大手マスコミが大好き

 朝日新聞社の木村伊量社長は2014年9月11日、記者会見を行い、東京電力福島第 …