ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉でもある。首相が権力を保持することができるのは、誰にも相談することなく、解散の日程を決めることができるからだ。解散の時期を明示せず、突如解散を発表することで、政局をリードすることができるのである。

 野田総理の今回の解散は、突然だっただけに永田町では驚きをもって受け止められているが、それは別の意味での驚きである。解散権と言う「伝家の宝刀」を持ちながら、ここまで最悪のタイミングでしか解散ができない野田首相の器のなさに対する驚きである。
 これは、安倍元総理の政権投げ出し事件に引き続いて、日本の憲政史上、もっとも幼稚な出来事のひとつとして後々まで語られることになるかもしれない。

 首相周辺の話を総合すると、首相が解散を決断した最大の理由は「近いうちに解散」と口をすべらせてしまったので引っ込みがつかなくなった」(永田町関係者)からだという。
 民主党内では来年夏の衆参同日選という前提でスケジュールが組まれていた。国民への信頼云々はさておき、確実に負けが予測できるタイミングでの解散は現実的な選択肢としてあり得ないからだ。その証拠に、選挙のすべてに責任を負う幹事長は、衆院選とは関係ない参議院の輿石氏である。

 首相本人は、議員の定数是正と引き換えに「刺し違えた」つもりらしく、解散を表明した国会答弁でも異様に力がこもっていた。だが定数是正は刺し違えて解散するような政治イシューではなく、完全にスベってしまっている。

 思いつきでしゃべったことの引っ込みが付かなくなり、追い込まれても決断ができず、時間だけが経過し、最後は精神論が登場して破れかぶれの決断をする。日本のダメ組織の典型的な負けパターンである(太平洋戦争の時もおそらく同じ状態だったのだろう)。
 最近過度の飲酒で呂律が回らなくなっていた野田首相だが、もはや正常な判断能力を失っているのかもしれない。政権末期の菅首相も不眠が続き、突如奇声を発するなど異様な行動が目立っていた。

 ただし、正常な判断を失っていることにも1%の利点はある。物事を比較的合理的に考えていた維新の会などの第三極政党は、解散はまだ先と考えていたからだ。維新側は、野田首相は他の民主党の政治家よりも実務肌で常識的判断をすると考えていたフシがある。「このタイミングでの選挙は正直言って準備不足」と漏らす関係者もいる。

 ともかく、総選挙は来月12日投票で決定した。すでに永田町周辺では自民党の安倍総裁が首相になれるのかどうかについて関心が移っている。

 - 政治

  関連記事

abe001
エコノミスト誌が安倍首相は多重人格と指摘。それは日本人全体のことを指している

 英国の経済誌エコノミストが、安倍首相が多重人格であるという記事を掲載し、ちょっ …

no image
オバマ大統領が自家製ビールのレシピ公開。背景には人種問題へのアピールが

 オバマ大統領が手作りしている特製ビールの造り方をホームページでビデオ付きで公開 …

ribiatero
米国が中東で2つの対テロ作戦を同時遂行。今後はこうした「見えない」戦争が中心か?

 米軍は10月5日、リビアとソマリアにおいてほぼ同じタイミングで特殊部隊による対 …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

kaigoshokuin
介護職員が38万人不足との推計。抜本的な解決策は見当たらず・・・

 厚生労働省は2015年6月24日、全国で介護職員が約38人足りなくなるという推 …

tanakashuonrai
北朝鮮特使との会談でも実施された、相手を翻弄させる中国の外交テクニック。

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問した朝鮮人民軍総政治局長の崔竜海氏 …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

oukizan
習近平氏の腹心で兄貴分の王岐山氏が、常務委員続投を断念したことの政治的意味

 10月の中国共産党大会を目前に控え、習近平氏の腹心と言われた王岐山・中央規律検 …

ohtahiroko
政府税調が法人減税改革案をまとめる。減税先行となり、優遇見直しは難航必至

 政府税制調査会は2014年6月27日、法人課税専門委員会(大田弘子座長)がまと …