ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府が金利上昇対策に本腰。国債発行総額の抑制と超長期債へのシフトが進む

 

 政府が金利上昇に備えた動きを加速させている。財務省は2015年1月14日、2015年度国債発行計画を策定したが、金利上昇の影響を受けにくい超長期債へシフトする方向性が明確になった。

kinrijosho

 現在、日銀の量的緩和策によって大量の国債が買われていることから、金利は極めて低い水準に抑制されている。しかし、これは国債価格が極限まで上昇していることを意味しており、この状態を長く続けることはできない。どこかのタイミングで債券が下落し、金利が上昇する局面がやってくる。

 政府は同日、2015年度予算案を閣議決定したが、税収が約60兆円なのに対して、国債の利払いは10兆円に達する。金利が急騰してしまうと、利払い費が急増し、財政を圧迫することは目に見えている。
 もっとも、金利が上がったからといってすぐに利払い費が急増するわけではない。新しく発行する国債については高い金利となるが、発行済みのものについては、償還されて新しい国債に借り換えが進むまでは金利上昇の影響を受けずに済む。つまり、長期債の割合を増やしていけば、金利上昇の影響が及ぶスピードを低下させることができる。財務省が長期債の割合を増やしているのはそのためである。

  2015年度の新規国債発行額は36兆8630億円と、前年度に比べて4兆3870億円も減少した。これは2015年度予算案において、税収が増えた分を支出増に回さず、財政再建を優先させたからである。
 一方、既存の国債に借り換え分については、116兆2986億円となっており、こちらも前年度よりも5兆8509億円減少している。この結果国債発行総額は前年度より11兆5147億円少ない、170兆241億円となった(いずれも当初計画ベース)。

  あらたに発行する国債は超長期債の割合を増加させ、全体の平均償還年月を前年度より7カ月長い9年0カ月とした。2007年時点では7年0カ月だったので、2年も延びたことになる。

 もっとも長期債の割合を増やしたからといって、金利上昇の影響を完全に排除できるわけではない。長期債のほとんどは日銀が買い入れており、最終的に金利上昇のリスクは日銀が追うことになる。
 ただ、一定の時間稼ぎができることは事実であり、その間に、財政再建への道筋をどれだけ示せるのかが試されることになる。

 - 政治 , ,

  関連記事

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

abenaikaku
いよいよ安倍内閣が発足。閣僚人事を見れば政権運営の方向性が見えてくる

 衆議院は26日、午後の本会議において自民党の安倍総裁を首相に指名した。参院本会 …

no image
韓国が3隻目のイージス艦を配備。日本との差が徐々に縮小

 韓国が3隻目のイージス艦を就航させる。韓国防衛事業庁は8月末、イージス艦「西厓 …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

koushinpari
仏連続テロに抗議する大規模行進に米国不参加。オバマ政権の外交方針が際立つ

 フランスで発生したイスラム過激派テロに抗議する大規模行進が2015年1月11日 …

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …