ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比1.3%増の7880億円だった。プラス転換したが、前月の落ち込みをカバーできなかった。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。7~9月のGDPがまさかのマイナス成長となり市場にはちょっとした衝撃が走ったが、その原因のひとつが設備投資の伸び悩みであった。

 10~12月のGDPについても引き続き、設備投資がカギになる可能性が高いが、10月の機械受注はマイナス6.4%と大きく落ち込んでいた。11月で前月のマイナスを埋め合わせればプラスマイナス・ゼロとなるが、結果は1.3%増にとどまった。10~12月の機械受注の見通しはマイナス0.3%となっている。内閣府は基調判断について「緩やかな持ち直しの動きがみられる」から「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に変更した。

 内訳は、製造業の落ち込みが大きく、10月のマイナス5.5%に続いて、11月はマイナス7%と下げ幅を拡大させた。非製造業は何とかプラスとなったが、変動の大きい船舶と電力を含めた民需全体ではマイナス10.6%に達する。設備投資はかなり弱いと考えた方がよいだろう。

 この先、しばらくは景気が持ち直す材料がほとんどない。個人消費は回復せず、今回の統計が示すように設備投資も冴えない状況が続いている。14日に閣議決定された2015年度予算案は、景気対策よりも財政再建を優先する内容になっており、政府支出もあまり期待できない。

 これに加えて、原油価格の大幅な下落によって、しばらくは物価に対して下押し圧力が働く。原油価格の下落は最終的には景気にプラスに作用するが、その影響が出てくるのは、半年から1年後のことである。今年の前半は、不透明な状況が続くことになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …