ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比1.3%増の7880億円だった。プラス転換したが、前月の落ち込みをカバーできなかった。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。7~9月のGDPがまさかのマイナス成長となり市場にはちょっとした衝撃が走ったが、その原因のひとつが設備投資の伸び悩みであった。

 10~12月のGDPについても引き続き、設備投資がカギになる可能性が高いが、10月の機械受注はマイナス6.4%と大きく落ち込んでいた。11月で前月のマイナスを埋め合わせればプラスマイナス・ゼロとなるが、結果は1.3%増にとどまった。10~12月の機械受注の見通しはマイナス0.3%となっている。内閣府は基調判断について「緩やかな持ち直しの動きがみられる」から「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に変更した。

 内訳は、製造業の落ち込みが大きく、10月のマイナス5.5%に続いて、11月はマイナス7%と下げ幅を拡大させた。非製造業は何とかプラスとなったが、変動の大きい船舶と電力を含めた民需全体ではマイナス10.6%に達する。設備投資はかなり弱いと考えた方がよいだろう。

 この先、しばらくは景気が持ち直す材料がほとんどない。個人消費は回復せず、今回の統計が示すように設備投資も冴えない状況が続いている。14日に閣議決定された2015年度予算案は、景気対策よりも財政再建を優先する内容になっており、政府支出もあまり期待できない。

 これに加えて、原油価格の大幅な下落によって、しばらくは物価に対して下押し圧力が働く。原油価格の下落は最終的には景気にプラスに作用するが、その影響が出てくるのは、半年から1年後のことである。今年の前半は、不透明な状況が続くことになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

brics
BRICSが世界銀行やIMFに対抗してBRICS銀行を創設。だがタイミングが今一つ・・・・

  BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は3月26日、南アフ …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

harada
マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社 …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

seiho
バブル崩壊以来続いた生保の逆ざやが解消。金利上昇で保険会社はさらに有利に?

 生命保険各社の業績が上向いている。主な要因はバブル期に販売した予定利率の高い商 …