ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比1.3%増の7880億円だった。プラス転換したが、前月の落ち込みをカバーできなかった。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。7~9月のGDPがまさかのマイナス成長となり市場にはちょっとした衝撃が走ったが、その原因のひとつが設備投資の伸び悩みであった。

 10~12月のGDPについても引き続き、設備投資がカギになる可能性が高いが、10月の機械受注はマイナス6.4%と大きく落ち込んでいた。11月で前月のマイナスを埋め合わせればプラスマイナス・ゼロとなるが、結果は1.3%増にとどまった。10~12月の機械受注の見通しはマイナス0.3%となっている。内閣府は基調判断について「緩やかな持ち直しの動きがみられる」から「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に変更した。

 内訳は、製造業の落ち込みが大きく、10月のマイナス5.5%に続いて、11月はマイナス7%と下げ幅を拡大させた。非製造業は何とかプラスとなったが、変動の大きい船舶と電力を含めた民需全体ではマイナス10.6%に達する。設備投資はかなり弱いと考えた方がよいだろう。

 この先、しばらくは景気が持ち直す材料がほとんどない。個人消費は回復せず、今回の統計が示すように設備投資も冴えない状況が続いている。14日に閣議決定された2015年度予算案は、景気対策よりも財政再建を優先する内容になっており、政府支出もあまり期待できない。

 これに加えて、原油価格の大幅な下落によって、しばらくは物価に対して下押し圧力が働く。原油価格の下落は最終的には景気にプラスに作用するが、その影響が出てくるのは、半年から1年後のことである。今年の前半は、不透明な状況が続くことになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

alipay
中国のメジャー決済サービスが来年上陸。日本人向けにサービスを展開

 中国のネット通販大手「アリババ」が、決済サービス「アリペイ」を日本国内で展開す …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

sonyhirai
米投資ファンドがソニーに分社化を要求。グローバルカンパニーならではのプレッシャー

 米国の投資ファンドであるサード・ポイントは、5月14日、ソニーの平井社長と面談 …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

brasil
インフレによる不満から大規模デモとなったブラジル。アベノミクスの悪いシナリオを暗示?

 サッカーのコンフェデレーションズ杯が開催されているブラジルで、公共料金の値上げ …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …