ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比1.3%増の7880億円だった。プラス転換したが、前月の落ち込みをカバーできなかった。

setsubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、関係者の注目度が高い。7~9月のGDPがまさかのマイナス成長となり市場にはちょっとした衝撃が走ったが、その原因のひとつが設備投資の伸び悩みであった。

 10~12月のGDPについても引き続き、設備投資がカギになる可能性が高いが、10月の機械受注はマイナス6.4%と大きく落ち込んでいた。11月で前月のマイナスを埋め合わせればプラスマイナス・ゼロとなるが、結果は1.3%増にとどまった。10~12月の機械受注の見通しはマイナス0.3%となっている。内閣府は基調判断について「緩やかな持ち直しの動きがみられる」から「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に変更した。

 内訳は、製造業の落ち込みが大きく、10月のマイナス5.5%に続いて、11月はマイナス7%と下げ幅を拡大させた。非製造業は何とかプラスとなったが、変動の大きい船舶と電力を含めた民需全体ではマイナス10.6%に達する。設備投資はかなり弱いと考えた方がよいだろう。

 この先、しばらくは景気が持ち直す材料がほとんどない。個人消費は回復せず、今回の統計が示すように設備投資も冴えない状況が続いている。14日に閣議決定された2015年度予算案は、景気対策よりも財政再建を優先する内容になっており、政府支出もあまり期待できない。

 これに加えて、原油価格の大幅な下落によって、しばらくは物価に対して下押し圧力が働く。原油価格の下落は最終的には景気にプラスに作用するが、その影響が出てくるのは、半年から1年後のことである。今年の前半は、不透明な状況が続くことになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
フランスの高級ワイナリーを中国人が大人買い。その真相は?

 フランスの2大ワイン産地の一つであるブルゴーニュ地方にある老舗ワイナリー(現地 …

naiburyuuho
希望の党のトンデモ公約で、再び企業の内部留保が注目の的に

 企業の内部留保の問題に再び焦点が当たっている。日本企業が多くの現預金を活用でき …

ginkou02
銀行の貸出が増加中。ただしこの傾向は昨年からで、アベノミクスの効果なのかは不明

 全国銀行協会は4月9日、3月末の全国銀行預金・貸出金速報を発表した。全国の銀行 …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

watsonibm
人工知能の本格普及が始まる兆し。これからの時代、知的職業はどう変わるのか?

  米IBMは2014年10月8日、同社の人工知能「ワトソン」を本格普及させるた …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …