ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消化余力減少や経常赤字につながってくる。企業部門の貯蓄があるため、すぐに状況が変わるわけではないが、日本経済全体の資金の流れが大きく変わりつつある。

chokinbako

 内閣府が2014年12月25日に発表した2013年度の国民経済計算確報によると、家計部門の貯蓄率はマイナス1.3%となり、はじめてマイナスとなった。家計の貯蓄率は、可処分所得に対する貯蓄の割合を示している。これがマイナスになったということは、日本の家計は全体として収入以上に消費しており、貯蓄を取り崩して生活していることを意味している。

 マクロ経済的に見れば、家計の貯蓄は、国内の投資に回ることになるが、投資で吸収できなかった分については、経常黒字になるか、国債の消化に充てられることになる。貯蓄率の低下は、国債消化余力の減少や、経常収支の赤字化を想起させる。政府の財政赤字が急に改善するとは考えにくいので、貯蓄率の低下は、経常収支の赤字化をもたらす可能性が高いだろう。

 家計の貯蓄率は1990年代には10%を超えていた。だが徐々に貯蓄率の低下が進み、2000年以降はその傾向がより顕著となっている。貯蓄率の低下は、過剰消費という側面もあるが、日本の場合は高齢化による影響が大きい。
 高齢者世帯が現役時代と同じように収入を得ることは難しいが、退職したからといって支出を大幅に減らせるわけではない。生産性を大幅に向上させない限り、高齢化によって貯蓄率が低下するのは、当たり前のことである。

 今のところ、マイナスに転じた家計部門とは対照的に企業部門は大幅な貯蓄超過となっており、これが国債の消化と経常黒字を支えている。しかし、本来、企業はお金を貯め込む存在ではないことを考えると、家計の貯蓄不足は最終的には国内の資金不足を引き起こすことになる。

 貯蓄率低下が避けては通れない状況なのだとすると、今後はそれを前提に経済運営を行う必要がある。財政再建を進め、日銀による量的緩和策終了後も、市場で国債の消化がスムーズに進むようにしなければならない。また海外からの資金流入を前提にし、良質な資金調達を促進するための金融市場整備も必要となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

apple
アップルが株主への現金還元を検討。日本経済再生のヒントがここにある!

 多額の現金退蔵が株主から問題視されている米Appleは2月7日、株主への追加の …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

newshaisin
ネット上のニュース配信サービスに参入相次ぐ。だが日本特有のいつもの課題も・・・

 スマホ向けにニュース閲覧アプリを提供するベンチャー企業が相次いでサービスを拡充 …

ana787
これぞジャパン・パッシング!ANAが新北米路線で打ち出した驚異の運賃設定

 日本のエアラインが相次いで北米のニッチ路線に進出している。日本航空は12月2日 …

furyokuhatudenrakka
京都の風力発電所で45トンの発電用風車が落下。一歩間違えば大惨事に。

 京都府は3月13日、太鼓山風力発電所に設置した風力発電機の鉄柱が折れ、風車が落 …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …