ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消化余力減少や経常赤字につながってくる。企業部門の貯蓄があるため、すぐに状況が変わるわけではないが、日本経済全体の資金の流れが大きく変わりつつある。

chokinbako

 内閣府が2014年12月25日に発表した2013年度の国民経済計算確報によると、家計部門の貯蓄率はマイナス1.3%となり、はじめてマイナスとなった。家計の貯蓄率は、可処分所得に対する貯蓄の割合を示している。これがマイナスになったということは、日本の家計は全体として収入以上に消費しており、貯蓄を取り崩して生活していることを意味している。

 マクロ経済的に見れば、家計の貯蓄は、国内の投資に回ることになるが、投資で吸収できなかった分については、経常黒字になるか、国債の消化に充てられることになる。貯蓄率の低下は、国債消化余力の減少や、経常収支の赤字化を想起させる。政府の財政赤字が急に改善するとは考えにくいので、貯蓄率の低下は、経常収支の赤字化をもたらす可能性が高いだろう。

 家計の貯蓄率は1990年代には10%を超えていた。だが徐々に貯蓄率の低下が進み、2000年以降はその傾向がより顕著となっている。貯蓄率の低下は、過剰消費という側面もあるが、日本の場合は高齢化による影響が大きい。
 高齢者世帯が現役時代と同じように収入を得ることは難しいが、退職したからといって支出を大幅に減らせるわけではない。生産性を大幅に向上させない限り、高齢化によって貯蓄率が低下するのは、当たり前のことである。

 今のところ、マイナスに転じた家計部門とは対照的に企業部門は大幅な貯蓄超過となっており、これが国債の消化と経常黒字を支えている。しかし、本来、企業はお金を貯め込む存在ではないことを考えると、家計の貯蓄不足は最終的には国内の資金不足を引き起こすことになる。

 貯蓄率低下が避けては通れない状況なのだとすると、今後はそれを前提に経済運営を行う必要がある。財政再建を進め、日銀による量的緩和策終了後も、市場で国債の消化がスムーズに進むようにしなければならない。また海外からの資金流入を前提にし、良質な資金調達を促進するための金融市場整備も必要となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …

abesingapore
本心?それとも外国人向けポーズ?安倍首相がシンガポールで既得権益層との対決を宣言

 安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行っ …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

roadie
ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

economistataranai
GDP改定値はまさかの下方修正。今回もエコノミストは大ハズシなのだが・・・

 内閣府は2014年12月8日、7~9月期のGDP(国内総生産)改定値を発表した …