ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消化余力減少や経常赤字につながってくる。企業部門の貯蓄があるため、すぐに状況が変わるわけではないが、日本経済全体の資金の流れが大きく変わりつつある。

chokinbako

 内閣府が2014年12月25日に発表した2013年度の国民経済計算確報によると、家計部門の貯蓄率はマイナス1.3%となり、はじめてマイナスとなった。家計の貯蓄率は、可処分所得に対する貯蓄の割合を示している。これがマイナスになったということは、日本の家計は全体として収入以上に消費しており、貯蓄を取り崩して生活していることを意味している。

 マクロ経済的に見れば、家計の貯蓄は、国内の投資に回ることになるが、投資で吸収できなかった分については、経常黒字になるか、国債の消化に充てられることになる。貯蓄率の低下は、国債消化余力の減少や、経常収支の赤字化を想起させる。政府の財政赤字が急に改善するとは考えにくいので、貯蓄率の低下は、経常収支の赤字化をもたらす可能性が高いだろう。

 家計の貯蓄率は1990年代には10%を超えていた。だが徐々に貯蓄率の低下が進み、2000年以降はその傾向がより顕著となっている。貯蓄率の低下は、過剰消費という側面もあるが、日本の場合は高齢化による影響が大きい。
 高齢者世帯が現役時代と同じように収入を得ることは難しいが、退職したからといって支出を大幅に減らせるわけではない。生産性を大幅に向上させない限り、高齢化によって貯蓄率が低下するのは、当たり前のことである。

 今のところ、マイナスに転じた家計部門とは対照的に企業部門は大幅な貯蓄超過となっており、これが国債の消化と経常黒字を支えている。しかし、本来、企業はお金を貯め込む存在ではないことを考えると、家計の貯蓄不足は最終的には国内の資金不足を引き起こすことになる。

 貯蓄率低下が避けては通れない状況なのだとすると、今後はそれを前提に経済運営を行う必要がある。財政再建を進め、日銀による量的緩和策終了後も、市場で国債の消化がスムーズに進むようにしなければならない。また海外からの資金流入を前提にし、良質な資金調達を促進するための金融市場整備も必要となるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

factory01
米欧中で製造業の景況感改善がより鮮明に。米国依存の日本にとっては朗報

 米国政府の一時閉鎖問題によって世界経済が揺れているが、足元の景況感を示す指標は …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

gajoen
都心部で大型不動産をめぐるマネーの動きが活発化。ようやくバブルの闇が消える?

 東京の不動産取引が活発になってきている。量的緩和策によるインフレ期待を背景に、 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

moribuild
これが本当の「森ビル」だ!ミラノで全面緑化ビルが完成したが、その前途は多難?

 イタリアのミラノで建設が進められていた全面緑化型の高層ビル2棟がこのほど完成し …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …