ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を撤廃したことで、市場が動揺している。混乱は一時的である可能性が高いが、ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策に踏み出す直前というタイミングだっただけに、今後の金融政策に冷や水を浴びせる形となった。

 swissnb スイスは、プライベートバンクをはじめとする高度な金融サービス業や高級時計に代表される高付加価値製造業が基幹産業であり、低迷が続く欧州の中では例外的に堅調な経済を維持してきた。また、ユーロに参加せず、独自の通貨であるスイスフランを採用していることもあり、同通貨はユーロに対する安全資産と認識されている。このため欧州債務危機などユーロに対する信認が低下すると、スイスフランが買われるという状況が続いてきた。

 過度なスイスフラン高が続くと、製造業は相対的に不利になってしまうことから、スイス中銀は、1ユーロ=1.2スイスフランという為替上限を設定し、これ以上の通貨高になった場合には、無制限にユーロ買いの介入を実施する方針を明らかにしていた。
 自国通貨買いの介入には限度があるが、自国通貨売りの介入は、理論的には無制限に実施が可能であり、この為替上限策は万能と思われた。実際、この措置を発動して以降、3年間は為替は安定的に推移してきた。

 だが、このところ欧州の景気低迷が顕著になり、ECBが量的緩和策の実施に踏み切ることがほぼ確実になってきたことから、状況が変化し始めた。為替市場において、スイスフラン買いが殺到し、再び大量のスイスフラン発行を迫られる状況になったのである。

 スイス中銀はこれまでの為替介入によって大量のユーロを保有しており、中銀のバランスシートは大幅に拡大している。同行の外貨保有高は2009年時点では946億8000万スイスフランだったが、2013年末には5倍近くの4432億7500万スイスフランとなっている。これに伴って同行のバランスシートの規模も2倍以上に膨れ上がった。

 同行としては、為替介入のために必要な措置とはいっても、今後、価値が減価することが分かっているユーロをこれ以上抱え込むわけにはいかないという判断に至った可能性が高い。逆にいえば、ECBによる量的緩和策の影響の大きさをスイス中銀が強く意識していた結果ともいえる。さらに言えば、量的緩和策が始まってからでは、タイミングを逸してしまうという焦りがあったのかもしれない。

 ただ、ECBが量的緩和策に踏み切る直前に、しかも事前のアナウンスなしの決断は少々稚拙だった。IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事も、事前の相談がなかったことについて苦言を呈している。実際、為替市場はもちろんこと、各国の株式市場にも大きな動揺を与える結果となってしまった。

 スイスは金融立国とはいえ、GDPが76兆円程度の小国である。今回の措置が直接市場に影響を与える範囲は限定的だろう。むしろ重要なのは、ECBの量的緩和策が米国のようにうまく機能するのかという市場の疑問を、スイス中銀の拙速な行動がはからずも顕在化させてしまった点にある。今回の騒動は、今後、再燃するかもしれない欧州危機の予兆なのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kakeibo
家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …

bouekitoukei201305
5月の貿易統計。円安で金額はカバーしたが輸出数量の下落に歯止めがかからない

 財務省は6月19日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

no image
伝説の債券ディーラー藤巻健史氏。予想ハズしまくりでブチ切れた!

 強固な円安論者として有名なフジマキ・ジャパンの藤巻健史氏が、予想をハズシまくり …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

uber02
ウーバーをめぐる動きが活発化。シェアリング・エコノミー本格離陸の気配

 米配車サービス最大手ウーバー(UBER)をめぐる動きが活発になってきている。シ …