ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を撤廃したことで、市場が動揺している。混乱は一時的である可能性が高いが、ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策に踏み出す直前というタイミングだっただけに、今後の金融政策に冷や水を浴びせる形となった。

 swissnb スイスは、プライベートバンクをはじめとする高度な金融サービス業や高級時計に代表される高付加価値製造業が基幹産業であり、低迷が続く欧州の中では例外的に堅調な経済を維持してきた。また、ユーロに参加せず、独自の通貨であるスイスフランを採用していることもあり、同通貨はユーロに対する安全資産と認識されている。このため欧州債務危機などユーロに対する信認が低下すると、スイスフランが買われるという状況が続いてきた。

 過度なスイスフラン高が続くと、製造業は相対的に不利になってしまうことから、スイス中銀は、1ユーロ=1.2スイスフランという為替上限を設定し、これ以上の通貨高になった場合には、無制限にユーロ買いの介入を実施する方針を明らかにしていた。
 自国通貨買いの介入には限度があるが、自国通貨売りの介入は、理論的には無制限に実施が可能であり、この為替上限策は万能と思われた。実際、この措置を発動して以降、3年間は為替は安定的に推移してきた。

 だが、このところ欧州の景気低迷が顕著になり、ECBが量的緩和策の実施に踏み切ることがほぼ確実になってきたことから、状況が変化し始めた。為替市場において、スイスフラン買いが殺到し、再び大量のスイスフラン発行を迫られる状況になったのである。

 スイス中銀はこれまでの為替介入によって大量のユーロを保有しており、中銀のバランスシートは大幅に拡大している。同行の外貨保有高は2009年時点では946億8000万スイスフランだったが、2013年末には5倍近くの4432億7500万スイスフランとなっている。これに伴って同行のバランスシートの規模も2倍以上に膨れ上がった。

 同行としては、為替介入のために必要な措置とはいっても、今後、価値が減価することが分かっているユーロをこれ以上抱え込むわけにはいかないという判断に至った可能性が高い。逆にいえば、ECBによる量的緩和策の影響の大きさをスイス中銀が強く意識していた結果ともいえる。さらに言えば、量的緩和策が始まってからでは、タイミングを逸してしまうという焦りがあったのかもしれない。

 ただ、ECBが量的緩和策に踏み切る直前に、しかも事前のアナウンスなしの決断は少々稚拙だった。IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事も、事前の相談がなかったことについて苦言を呈している。実際、為替市場はもちろんこと、各国の株式市場にも大きな動揺を与える結果となってしまった。

 スイスは金融立国とはいえ、GDPが76兆円程度の小国である。今回の措置が直接市場に影響を与える範囲は限定的だろう。むしろ重要なのは、ECBの量的緩和策が米国のようにうまく機能するのかという市場の疑問を、スイス中銀の拙速な行動がはからずも顕在化させてしまった点にある。今回の騒動は、今後、再燃するかもしれない欧州危機の予兆なのかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

frb
量的緩和の縮小はいつか?今回のFOMC声明では若干表現が後退しているが・・・

 米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)は7月31日、2日間の会 …

nihonchokuhan
TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」 …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

tosho02
日経平均大暴落。常識で考えれば一時的な下落だが、そうとは言い切れない面も

 5月23日の日経平均株価は前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と大幅 …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …