ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広がっている。その理由は、スイスの無制限為替介入が、日本に量的緩和策導入を迫る役割を果たしていたこと、そして、今回のスイスの状況が、バブル経済の引き金となったプラザ合意を想起させるからである。

satsutaba

 白川前総裁時代、日銀は量的緩和策の導入に消極的であった。これに対して、各国の量的緩和推進派からは、日本がデフレ脱却に向けてインフレターゲットを導入するよう要請する声が上がっていた。スウェーデン中銀のスヴェンソン副総裁(当時)は、円売りの無制限介入を行うことによって、日本はデフレから脱却できると説いていた。

 スイス中銀が2011年に、今回放棄することになった無制限介入制度を採用したのは、こうした声を背景にしたものである。スイス中銀の決断が直接的な原因ではないが、こうした議論が最終的に黒田総裁による量的緩和策につながったことは間違いない。

 ところが、スイス中銀は、この無制限介入を突如、放棄してしまった。無制限介入は、読んで字のごとく、まさに無制限の介入なので、政策目標が実現できるまで、決して撤退しないというスタンスを明確にすることに意味がある。
 中央銀行の政策がいとも簡単に撤回されるということになると、日銀による異次元の量的緩和策についても、果たしてどこまで貫徹されるのかという疑問が市場に出てくる可能性がある。こうした雰囲気は、量的緩和策の効果を半減させてしまうだろう。

 さらによくないのが、現在スイスが置かれている状況が、日本のバブル経済の引き金となった1985年のプラザ合意の前後とよく似ていることである。
 日本政府はプラザ合意による円高が想定外に進んだことに動揺し、従来の方針を転換して大量の円売りドル買い介入を行ったものの、結局、市場には勝てず、減価する大量のドルを抱え莫大な損失を被った。さらに市中に出回った大量の円を効率よく吸収することができず、結果的に過剰流動性を生み出し、バブル経済の引き金を引いてしまった。

 プラザ合意前後の出来事と今回の措置は直接関係しないが、市場関係者の心理に影響する可能性は否定できない。欧州経済に対する不安と、今回のスイス中銀による政策放棄が、急激な円高の引き金となる可能性はゼロではないだろう。マクロ的に見て円安の要素が多いことと、心理面を引き金とした短期的な値動きは直接関係しない。しばらくはボラティリティの大きい相場となるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
Amazon課税包囲網が完成。だが日本の出版業界は暗い顔。その真意とは?

 米国カリフォルニア州において、インターネット小売業者(Amazonがターゲット …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

tosho
株高で富裕層はウハウハ?日本ではなぜ庶民が株高の恩恵を受けられないのか?

 このところの株高で富裕層の消費が拡大していることが明らかになった。日本百貨店協 …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

kiuchi
黒田新体制で役回りが激変した日銀の木内審議委員。孤高の慎重論を貫けるか?

 日銀による異次元の量的緩和策を決めた4月4日の政策決定会合では、黒田総裁の提唱 …

son
ソフトバンクが米3位の携帯電話会社を巨額買収したワケとは?

 ソフトバンクが米携帯3位のスプリント・ネクステルを買収する方針であることが明ら …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

no image
シャープが中間決算を発表。同社が初めて倒産のリスクについて言及

 シャープが1日、中間決算を発表した。  半期の売上げは約1兆1000億円で前年 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …