ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スイス・ショックで投資家の脳裏に浮かんだのはプラザ合意

 

 スイス中銀が為替無制限介入政策を突如撤廃したことによって、市場に嫌なムードが広がっている。その理由は、スイスの無制限為替介入が、日本に量的緩和策導入を迫る役割を果たしていたこと、そして、今回のスイスの状況が、バブル経済の引き金となったプラザ合意を想起させるからである。

satsutaba

 白川前総裁時代、日銀は量的緩和策の導入に消極的であった。これに対して、各国の量的緩和推進派からは、日本がデフレ脱却に向けてインフレターゲットを導入するよう要請する声が上がっていた。スウェーデン中銀のスヴェンソン副総裁(当時)は、円売りの無制限介入を行うことによって、日本はデフレから脱却できると説いていた。

 スイス中銀が2011年に、今回放棄することになった無制限介入制度を採用したのは、こうした声を背景にしたものである。スイス中銀の決断が直接的な原因ではないが、こうした議論が最終的に黒田総裁による量的緩和策につながったことは間違いない。

 ところが、スイス中銀は、この無制限介入を突如、放棄してしまった。無制限介入は、読んで字のごとく、まさに無制限の介入なので、政策目標が実現できるまで、決して撤退しないというスタンスを明確にすることに意味がある。
 中央銀行の政策がいとも簡単に撤回されるということになると、日銀による異次元の量的緩和策についても、果たしてどこまで貫徹されるのかという疑問が市場に出てくる可能性がある。こうした雰囲気は、量的緩和策の効果を半減させてしまうだろう。

 さらによくないのが、現在スイスが置かれている状況が、日本のバブル経済の引き金となった1985年のプラザ合意の前後とよく似ていることである。
 日本政府はプラザ合意による円高が想定外に進んだことに動揺し、従来の方針を転換して大量の円売りドル買い介入を行ったものの、結局、市場には勝てず、減価する大量のドルを抱え莫大な損失を被った。さらに市中に出回った大量の円を効率よく吸収することができず、結果的に過剰流動性を生み出し、バブル経済の引き金を引いてしまった。

 プラザ合意前後の出来事と今回の措置は直接関係しないが、市場関係者の心理に影響する可能性は否定できない。欧州経済に対する不安と、今回のスイス中銀による政策放棄が、急激な円高の引き金となる可能性はゼロではないだろう。マクロ的に見て円安の要素が多いことと、心理面を引き金とした短期的な値動きは直接関係しない。しばらくはボラティリティの大きい相場となるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

frb
10月のFOMC。予想外に強気で「やはり年内利上げ」との声も

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年10月28日に開催したFOMC(連邦公 …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

kiha183
JR北海道の連続列車火災事故。根本原因はかなり深刻との声も

 JR北海道の特急列車で連続して火災が発生した問題をうけて、JR北海道は事故車両 …

airlineseat
米国を中心にエコノミー席の幅をより狭くする動き。果たして日本の飛行機は?

 米国の航空会社を中心にエコノミー席の座席をより狭くするケースが増えてきていると …

hitogomi
投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

g20german
G20の声明文から反保護主義の文言が消滅。今後は露骨なパワーゲームの時代へ

 ドイツのバーデンバーデンで開催されていたG20(主要20カ国の財務相・中央銀行 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …