ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国の経済が大打撃を受けている。原油価格低迷は当分続くとの見方が大勢を占めており、地政学的なバランスの変化を指摘する声が出始めている。

puting20

 欧州復興開発銀行は、原油価格の低迷によって2015年におけるロシアの実質GDP(国内総生産)成長率がマイナス4.8%になるとの見通しを明らかにした。

 ロシアは、ウクライナ問題に対する西欧諸国による経済制裁の影響で、景気の減速と資金流出が起こっていたが、原油価格の低下によってこれに拍車がかかった。
 ロシアは自国に十分な産業インフラがなく、同国の経済は基本的にエネルギーの輸出に支えられている。ロシアは1日あたり1000万バレルの石油を生産しているが、原油価格が100ドルから40ドルに下落すると、年間で20兆円もの損失となる。ロシアのGDPはわずか200兆円程度しかなく(米国の7分の1、日本の半分以下)、20兆円のインパクトは極めて大きい。

 今回の原油安について産油国は一様に苦慮しているが、サウジアラビアなど伝統的な中東の産油国は状況をそれほど深刻には捉えていない。同国には莫大な埋蔵量があり、採掘コストが極めて安いからである。
 しかも原油価格は1990年代にはわずか20ドル前後であり、ここ20年がむしろ異常な高値水準であった。サウジアラビアにしてみれば、元の状態に戻るだけである。

 これとは正反対なのが、ロシアやベネズエラなど、原油価格高騰の恩恵を受けプレゼンスを拡大させてきた反米的な産油国である。ロシアの採掘コストは中東に比べて高いが、バブル的な原油価格によって、一気に採算が改善した。ロシアやベネズエラが反米的なスタンスを維持できたのも、すべては高い原油価格が背景にあってのことである。

 だが今回の原油安で状況が変わってしまった。ロシアは自国経済の立て直しで精一杯であり、他国に干渉する余裕はなくなってくる。原油価格は長期的に低迷するとの見通しが大半であり、これは地政学的なバランスを大きく変える原動力となる。

 ただ、一方の米国は、オバマ政権が極端な内向き政策を採用しており、世界の警察官として振る舞う意思はない。少なくとも次の大統領選挙が行われるまでは、この状況が続く可能性が高い。ロシアのプレゼンスが大きく低下する一方、米国もプレゼンスを拡大する意思はないという、大国不在の状況が当面続くことになる。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

takusin
タイで再びタクシン派と反タクシン派の政治対立が激化。タイ政治の日本との共通点とは

 タイで再び政治対立が激化している。タイ国会で与党が提出した恩赦法案に対して野党 …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

no image
韓国ソウルの放射能アルファルト問題。結局住民は大量被曝していた

 昨年11月に韓国ソウル市内のアスファルトから高い放射能が検出された問題で、ソウ …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

pentagon
米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

setubitousi
11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指 …