ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国の経済が大打撃を受けている。原油価格低迷は当分続くとの見方が大勢を占めており、地政学的なバランスの変化を指摘する声が出始めている。

puting20

 欧州復興開発銀行は、原油価格の低迷によって2015年におけるロシアの実質GDP(国内総生産)成長率がマイナス4.8%になるとの見通しを明らかにした。

 ロシアは、ウクライナ問題に対する西欧諸国による経済制裁の影響で、景気の減速と資金流出が起こっていたが、原油価格の低下によってこれに拍車がかかった。
 ロシアは自国に十分な産業インフラがなく、同国の経済は基本的にエネルギーの輸出に支えられている。ロシアは1日あたり1000万バレルの石油を生産しているが、原油価格が100ドルから40ドルに下落すると、年間で20兆円もの損失となる。ロシアのGDPはわずか200兆円程度しかなく(米国の7分の1、日本の半分以下)、20兆円のインパクトは極めて大きい。

 今回の原油安について産油国は一様に苦慮しているが、サウジアラビアなど伝統的な中東の産油国は状況をそれほど深刻には捉えていない。同国には莫大な埋蔵量があり、採掘コストが極めて安いからである。
 しかも原油価格は1990年代にはわずか20ドル前後であり、ここ20年がむしろ異常な高値水準であった。サウジアラビアにしてみれば、元の状態に戻るだけである。

 これとは正反対なのが、ロシアやベネズエラなど、原油価格高騰の恩恵を受けプレゼンスを拡大させてきた反米的な産油国である。ロシアの採掘コストは中東に比べて高いが、バブル的な原油価格によって、一気に採算が改善した。ロシアやベネズエラが反米的なスタンスを維持できたのも、すべては高い原油価格が背景にあってのことである。

 だが今回の原油安で状況が変わってしまった。ロシアは自国経済の立て直しで精一杯であり、他国に干渉する余裕はなくなってくる。原油価格は長期的に低迷するとの見通しが大半であり、これは地政学的なバランスを大きく変える原動力となる。

 ただ、一方の米国は、オバマ政権が極端な内向き政策を採用しており、世界の警察官として振る舞う意思はない。少なくとも次の大統領選挙が行われるまでは、この状況が続く可能性が高い。ロシアのプレゼンスが大きく低下する一方、米国もプレゼンスを拡大する意思はないという、大国不在の状況が当面続くことになる。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

fokurando
領有権問題が発生しているフォークランドで英国残留を問う住民投票。反対票はわずか3票

 英国が実効支配し、アルゼンチンが領有権を主張している英領フォークランド諸島で、 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

su24
トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

rikoran
戦争に翻弄された歴史の生き証人「李香蘭」こと山口淑子氏が死去

 「李香蘭」の名で戦前から戦中にかけて日本と中国で人気を集め、戦後は参院議員もつ …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …