ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

原油価格の低迷が促す、地政学的バランスの変化

 

 原油価格の大幅な下落で、ロシアやベネズエラといった反米的なスタンスだった産油国の経済が大打撃を受けている。原油価格低迷は当分続くとの見方が大勢を占めており、地政学的なバランスの変化を指摘する声が出始めている。

puting20

 欧州復興開発銀行は、原油価格の低迷によって2015年におけるロシアの実質GDP(国内総生産)成長率がマイナス4.8%になるとの見通しを明らかにした。

 ロシアは、ウクライナ問題に対する西欧諸国による経済制裁の影響で、景気の減速と資金流出が起こっていたが、原油価格の低下によってこれに拍車がかかった。
 ロシアは自国に十分な産業インフラがなく、同国の経済は基本的にエネルギーの輸出に支えられている。ロシアは1日あたり1000万バレルの石油を生産しているが、原油価格が100ドルから40ドルに下落すると、年間で20兆円もの損失となる。ロシアのGDPはわずか200兆円程度しかなく(米国の7分の1、日本の半分以下)、20兆円のインパクトは極めて大きい。

 今回の原油安について産油国は一様に苦慮しているが、サウジアラビアなど伝統的な中東の産油国は状況をそれほど深刻には捉えていない。同国には莫大な埋蔵量があり、採掘コストが極めて安いからである。
 しかも原油価格は1990年代にはわずか20ドル前後であり、ここ20年がむしろ異常な高値水準であった。サウジアラビアにしてみれば、元の状態に戻るだけである。

 これとは正反対なのが、ロシアやベネズエラなど、原油価格高騰の恩恵を受けプレゼンスを拡大させてきた反米的な産油国である。ロシアの採掘コストは中東に比べて高いが、バブル的な原油価格によって、一気に採算が改善した。ロシアやベネズエラが反米的なスタンスを維持できたのも、すべては高い原油価格が背景にあってのことである。

 だが今回の原油安で状況が変わってしまった。ロシアは自国経済の立て直しで精一杯であり、他国に干渉する余裕はなくなってくる。原油価格は長期的に低迷するとの見通しが大半であり、これは地政学的なバランスを大きく変える原動力となる。

 ただ、一方の米国は、オバマ政権が極端な内向き政策を採用しており、世界の警察官として振る舞う意思はない。少なくとも次の大統領選挙が行われるまでは、この状況が続く可能性が高い。ロシアのプレゼンスが大きく低下する一方、米国もプレゼンスを拡大する意思はないという、大国不在の状況が当面続くことになる。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …

hongkongdemo02
香港の民主化デモがすべての拠点で収束。3年後の長官選挙への影響は未知数

 香港の民主活動家や学生らが民主的な選挙を要求して行った抗議活動が収束した。20 …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

kenpoukaisei
憲法改正の動きが本格化?だが本当にまともな憲法が自主制定できるのか疑問との声も

 憲法改正をめぐり、まずは「総議員の3分の2以上の賛成」を必要とする現憲法96条 …

kerryohki
ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪 …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …