ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イスラム国による邦人殺害予告。真価が問われる日本版NSCと日本人

 

 イスラム過激派組織「イスラム国」のグループは2015年1月20日、日本人男性2名を拘束している映像をインターネット上に公開し、日本政府に対して72時間以内に身代金2億ドル(約238億円)を支払わなければ殺害すると警告した。

isuramutero

 殺害を予告されているのは、昨年8月、シリアでイスラム国に身柄を拘束された湯川遥菜氏と、昨年10月にシリアに入国したフリー・ジャーナリストの後藤健二氏。湯川氏は軍事請負会社を経営していると自称しているが、その実態は不明でシリアでの活動もよく分かっていない。後藤氏は取材のためシリアに入国している。

 今回の映像公開は、安倍首相が中東を歴訪し、イスラムテロ対策として2億ドルの支援を表明したことが発端になっていると考えられる。身代金として2億ドルが設定されているのは、日本からの支援金額に合わせた可能性が高い。

 安倍政権は2013年12月、外交・安全保障政策の目玉として、国家安全保障会議(いわゆる日本版NSC)を発足させた。国家安全保障会議は、外交・安全保障の分野において首相が強いリーダーシップを発揮し、迅速に行動することを目的としている。
 今回の人質事件は、国家安全保障会議設置後、はじめての国家的な重大案件となる。安倍政権の目玉となっている政策であるだけに、首相のリーダーシップで事態を適切に処理できるのか、その手腕が問われることになる。

 人質を取るテロ行為に対しては、大きく分けて、開放を優先し身代金を払うというやり方と、テロリストとは交渉しない方針を貫くという2つがある。かつて日本政府は、1977年に発生したダッカ日航機ハイジャック事件において、福田赳夫首相(当時)が身代金支払いと過激派メンバー釈放という超法規的決断をしたことがある。「一人の生命は地球より重い」という福田氏の発言は有名である。

 この行為に対しては、各国から批判が殺到したが、欧米各国も、基本的にはテロリストとは交渉しないという方針を打ち出しつつも、実際には状況に応じて交渉に応じるケースがある。
 この事件をどう解決すべきなのかは、日本人がイスラム国、あるいはこうしたテロリズムに対して、どのようなスタンスで臨むのか、さらには邦人の安全確保についてどのような価値観を持つのかというところで決まってくる。最終的には日本人自身の問題と考えるべきだろう。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
党大会目前でも権力闘争が終結せず。中国は不安定な状態が継続か?

 中国の政権交代を間近に控えているにも関わらず、権力闘争がさらに激しさを増してい …

takeshima
日本は竹島問題を提訴せず。安倍首相が韓国との関係改善を優先する3つの理由

 日本政府は、竹島の領有権問題をめぐって国際司法裁判所への単独提訴を当面、行わな …

hasimoto2
橋下市長による朝日新聞との全面対決が意味するもの

 橋下徹大阪市長は17日、実父の出自などを報じた週刊朝日の記事について「きちんと …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

shogaigenneki
厚労省が年金の維持可能性検証をスタート。全国民・生涯現役が必須要件か?

 厚生労働省は、長期間にわたって年金を維持することが可能なのかについての検証作業 …

chugokutaisikan
NSAによる電話盗聴でにわかに注目を浴びる大使館の「地理的条件」

 米国の諜報機関による電話盗聴問題によって、大使館の地理的な位置関係がにわかに注 …