ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行役員が昇格する人事を発表した。安永氏は副社長以下32人をゴボウ抜きする形で社長に就任する。
 掛け声とは裏腹に、なかなか若手の登用が進まない日本の企業社会において、今回の人事は思い切った決断と高く評価されている。しかし、一方で、コーポレート・ガバナンスという観点からどうしても気になる点が残った人事でもある。

mitsuishacho

 安永氏は東京大工学部卒業後、1983年に三井物産に入社。主にプラント畑を歩み、2013年から執行役員として、輸送システム本部長に就任している。
 同社は、2014年6月、取締役でない人物でも社長に就任できるよう定款変更を行った。これは社長候補を若手にも広げるための措置という主旨であり、安永氏はその第1号ということになる。

 企業は、株主から経営を委託された取締役が経営に関する全責任を負う。取締役はすべて対等であり、各人がそれぞれそ、会社に対する経営責任を負っている。一方、取締役会から指示を受け、実際に業務を執行する人物は、CEO(最高経営責任者)以下、ピラミッド型のヒエラルキーになっている。

 こうした所有と経営、さらには執行の分離を徹底し、それぞれの責任範囲を明確にしている企業では、経営者である取締役と、経営者から指示を受ける執行役は完全に分離し、両者を兼ねるのはCEO(最高経営責任者)などごく少数のみというケースが多い。

 しかし日本の場合には執行と経営が明確に分離されておらず、執行側の上席者の多くが取締役を兼務するケースが多い。こうなってくると、本来、対等な責任を持つはずの取締役会が機能しなくなってくる。取締役として対等でも、自分の執行上の上司である社長から決議への同意を強要されれば、反対することは難しい。

 今回のケースでは、社長の安永氏は取締役ではない。つまり同社の経営者ではないのである。経営者ではない人物が、執行のトップに就任することになると、経営責任は誰が追うのかという疑問が出てくる。
 また、同社の取締役には、執行上、安永氏の部下となる人が多数就任している。安永氏は自分の部下から経営上の指示を受けるという形になってしまう。同社の社外役員には経営学の重鎮である野中郁次郎氏も就任しているが、取締役会がこの人事に対してどのような反応をしたのか興味のあるところだ。

 現実には、安永氏は6月の株主総会で取締役に就任するはずであり、その時点でこの問題は解消される。だが、そのためにわざわざ定款を変更し、総会前に取締役ではない人物をあえて社長に就任させる人事を行ったという事実は、市場に対して誤ったメッセージを送りかねない。

 定款変更と社長就任、その後の株主総会による取締役就任という、一連の手続きに形式的不備がないこととはまた別の問題である。会社法の上位に存在する基本的な理念という点において、やはり疑問が残る。もしそれが、4月人事といった社内事情を最優先した結果なのだとすると、なおさらである。

 - 経済 ,

  関連記事

apartron
地方の金融機関でアパートローンが急拡大。あらたな不良債権予備軍?

 アパート向けの融資がバブルの様相を呈してきている。地方では、入居者不在のまま建 …

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

mitsubishi20160421
三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんして …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

jimbeam
サントリーが米ビーム社を1兆6500億円で買収。金額はかなり割高だが・・・・

 サントリーホールディングスは2014年1月13日、米ウイスキー大手のビーム社を …

japandisplay
「国営企業」ジャパンディスプレイの公募価格割れから考える、過剰な政府介入のリスク

 オールジャパンを掲げ、鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したジャパンディスプレ …

kokuzei
高額所得者の税負担が増加。今後もこの傾向が続くのか?

 政府は、来年度の税制改正において年収1000万円を超える会社員の給与所得控除を …

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …