ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。2015年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.5%となり、10月時点の見通しから0.3ポイント引き下げられた。欧州、日本、中国の景気失速が響いた。一方、米国は0.5ポイントも引き上げとなり、世界経済の成長率を上回るプラス3.6%となった。米国一人勝ちの状況がさらに顕著になっている。

imf201501

 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。また7月と1月には、各見通しの修正を行っている。今回、成長率見通しが引き下げられたのは、欧州と日本の景気が著しく悪化する可能性が高くなってきたからである。中国の成長率が低下していることも響いた。

 ユーロ圏の成長率は、0.2ポイント引き下げられ1.2%となった。スペインやイタリアなども見通しは引き下げられているが、マイナス成長にはなっていない。だがこれまで欧州の優等生だったドイツに影響が及んでおり、同国の成長率はユーロ圏全体と同じ1.2%にとどまる見通しとなっている。日本は0.2ポイント引き下げてプラス0.6%になった。

 欧州ではECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和策の実施を決定した。だが欧州の景気低迷は、日本と同様、構造的な問題が大きく、米国と比べて金融政策が効きにくい状況にある。欧州が量的緩和策で息を吹き返すのかは不透明だ。

 ロシアはウクライナ問題による経済制裁に加え、石油価格下落の影響をモロに受けており、成長率はマイナス3.5%に達する見込みである。ロシアについてはマイナス4%台の成長を予想する国際機関もあり、さらに下ブレするリスクがある。
 ロシア経済を直撃している原油価格下落の影響については、全世界的に見た場合、プラスの効果をもたらすとIMFでは判断している。特に米国は石油の消費量が突出して多く、原油価格下落は個人消費を大幅に拡大させる可能性がある。

 原油価格の下落でシェールガス事業者は減産を迫られているが、巨大な消費市場拡大の効果が上回る可能性が高い。米国は原油価格が上がればシェールガス事業者が増産することで、相対的に他国よりも安く原油を調達できる。一方、原油価格が下がれば、消費市場がその恩恵を受けることになる。基本的にどちらに転んでも有利な立場といえるだろう。

 ここから当分の間、世界経済は米国主導で進むことになる。世界経済の失速懸念があるとすると、それは米国経済の不調ということになる。今のところ米国経済に弱点は見られないが、もし米国経済の歯車が逆転するような事態となれば、世界景気全体が大きく落ち込むことになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

kindleunkimited
アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル …

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

chromecast
グーグルがテレビで動画を楽しめる安価な端末を発売開始。そのインパクトは?

 グーグルは2014年5月27日、テレビに接続するだけで、スマホやタブレットの動 …

livehouse
コンサート・チケットの高値転売問題がネットで激論。音楽業界には知恵が必要

 コンサート・チケットの高値転売をめぐってネットで激論となっている。高値転売を防 …

frb
10月のFOMC。予想外に強気で「やはり年内利上げ」との声も

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年10月28日に開催したFOMC(連邦公 …

ecbdoragi
ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入 …

nihonkeizai02
円安は製造業の収益力に寄与せず、内需企業は公共事業依存体質が鮮明に

 財務省は2013年12月2日、7~9月期の法人企業統計を発表した。金融業と保険 …

it02
ITが仕事を奪うとの書籍が話題に。だが現実のIT化はもっとイヤラシイかもしれない

 コンピュータによって人々の仕事が奪われ、最終的にはごく一部の知的エリートと、肉 …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …