ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入を決定した。欧州のデフレ懸念が高まっていることから、国債の大量購入で資金を供給するが、各国の思惑が錯綜しており、どの程度の成果を上げられるのかは不透明だ。

ecbdoragi

 ECBの決定に基づき、各国中央銀行は、3月から国債を中心に毎月600億ユーロ(約8兆円)の資産買い取りを実施する。期間は2016年9月までとしているが、暫定的な期限であり、物価が適切に上昇するまで続けるというスタンスだ。

 ECBの決定に対して市場はとりあえず好感しているが、量的緩和策の効果については、懐疑的な見方も多い。今回の緩和策における具体的なスキームを見るとそのあたりの理由がはっきりしてくる。

 どの国の国債を購入するのかという購入比率については、基本的にECBへの出資比率で決まってくる。結果的にドイツの国債を購入する割合が高くなるが、人気が集中しているドイツの国債ばかり買っても効果は限定的なものになってしまう。しかもドイツは財政再建に成功しており、新規の国債発行がほとんどない。どこかのタイミングで購入する国債がなくなるという状況が発生する可能性がある。

 また、損失が発生した場合についての穴埋めも、ECBが2割負担するものの、残りの8割は各国の中央銀行がリスクを負う。ECBが欧州全体のために量的緩和を実施するというよりも、各国の中央銀行が個別に緩和策を実施する状況に近い。
 緩和策の規模も限定的だ。日銀は年間80兆円の資金を供給しているが、ECBにおける今回のプランは日銀とほぼ同程度である。経済規模が日本の3倍近くあるユーロ圏全体に対する資金供給量であることを考えると、規模が小さいという印象は拭えない。
 こうした状況になっているのは、ドイツなど財政再建を優先する国の意向が強く働いているからである。異なる経済状況の国の集合体であるユーロが持つ根本的な課題といえる。

 欧州と米国の経済構造の違いを指摘する声もある。欧州は米国よりも日本に近く、資産価格の下落によって単純に金融が目詰まりしていることだけが景気低迷の理由ではない。既得権益の存在など、構造的な問題が大きく影響している可能性が高く、こうした状況を放置したままでは金融政策の効果を半減させてしまう。

 量的緩和を実施しないよりはマシだろうが、大きな効果は期待できないと考えた方が自然である。日本と同様、なかなか出口戦略を見つけられない状況に陥る可能性が高い。

 - 経済 , , ,

  関連記事

toshiba01
東芝が第三者委員会の設置を決定。不適切な会計処理は全社的な問題に拡大

 東芝の不適切な会計処理が全社的な問題に拡大している。同社は2015年5月13日 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …

abe001
2%物価目標の導入に向けて、政府が日銀に見せつけるアメとムチ

 新年が本格的にスタートしたことで、日銀に対する政府のアメとムチを使ったアプロー …

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …