ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入を決定した。欧州のデフレ懸念が高まっていることから、国債の大量購入で資金を供給するが、各国の思惑が錯綜しており、どの程度の成果を上げられるのかは不透明だ。

ecbdoragi

 ECBの決定に基づき、各国中央銀行は、3月から国債を中心に毎月600億ユーロ(約8兆円)の資産買い取りを実施する。期間は2016年9月までとしているが、暫定的な期限であり、物価が適切に上昇するまで続けるというスタンスだ。

 ECBの決定に対して市場はとりあえず好感しているが、量的緩和策の効果については、懐疑的な見方も多い。今回の緩和策における具体的なスキームを見るとそのあたりの理由がはっきりしてくる。

 どの国の国債を購入するのかという購入比率については、基本的にECBへの出資比率で決まってくる。結果的にドイツの国債を購入する割合が高くなるが、人気が集中しているドイツの国債ばかり買っても効果は限定的なものになってしまう。しかもドイツは財政再建に成功しており、新規の国債発行がほとんどない。どこかのタイミングで購入する国債がなくなるという状況が発生する可能性がある。

 また、損失が発生した場合についての穴埋めも、ECBが2割負担するものの、残りの8割は各国の中央銀行がリスクを負う。ECBが欧州全体のために量的緩和を実施するというよりも、各国の中央銀行が個別に緩和策を実施する状況に近い。
 緩和策の規模も限定的だ。日銀は年間80兆円の資金を供給しているが、ECBにおける今回のプランは日銀とほぼ同程度である。経済規模が日本の3倍近くあるユーロ圏全体に対する資金供給量であることを考えると、規模が小さいという印象は拭えない。
 こうした状況になっているのは、ドイツなど財政再建を優先する国の意向が強く働いているからである。異なる経済状況の国の集合体であるユーロが持つ根本的な課題といえる。

 欧州と米国の経済構造の違いを指摘する声もある。欧州は米国よりも日本に近く、資産価格の下落によって単純に金融が目詰まりしていることだけが景気低迷の理由ではない。既得権益の存在など、構造的な問題が大きく影響している可能性が高く、こうした状況を放置したままでは金融政策の効果を半減させてしまう。

 量的緩和を実施しないよりはマシだろうが、大きな効果は期待できないと考えた方が自然である。日本と同様、なかなか出口戦略を見つけられない状況に陥る可能性が高い。

 - 経済 , , ,

  関連記事

yahoojapan
ヤフーの通販サイト出店無料化は、近い将来マクロ経済にも影響を与える?

 ヤフーがネット通販サイトとオークションサイトへの出店料を無料にするという大胆な …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

ichiganrefu
日本企業の世界シェア調査。トップ品目も多いが、縮小市場・低付加価値が目立つ

 日本経済新聞社は2015年7月5日、2014年における主要商品・サービスシェア …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

swiss
失業率が高止まりする欧州で、スイスの職業訓練システムへの関心が高まる

 高い失業率が続く欧州で、スイスの職業訓練システムに注目が集まっている。スイスは …