ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入を決定した。欧州のデフレ懸念が高まっていることから、国債の大量購入で資金を供給するが、各国の思惑が錯綜しており、どの程度の成果を上げられるのかは不透明だ。

ecbdoragi

 ECBの決定に基づき、各国中央銀行は、3月から国債を中心に毎月600億ユーロ(約8兆円)の資産買い取りを実施する。期間は2016年9月までとしているが、暫定的な期限であり、物価が適切に上昇するまで続けるというスタンスだ。

 ECBの決定に対して市場はとりあえず好感しているが、量的緩和策の効果については、懐疑的な見方も多い。今回の緩和策における具体的なスキームを見るとそのあたりの理由がはっきりしてくる。

 どの国の国債を購入するのかという購入比率については、基本的にECBへの出資比率で決まってくる。結果的にドイツの国債を購入する割合が高くなるが、人気が集中しているドイツの国債ばかり買っても効果は限定的なものになってしまう。しかもドイツは財政再建に成功しており、新規の国債発行がほとんどない。どこかのタイミングで購入する国債がなくなるという状況が発生する可能性がある。

 また、損失が発生した場合についての穴埋めも、ECBが2割負担するものの、残りの8割は各国の中央銀行がリスクを負う。ECBが欧州全体のために量的緩和を実施するというよりも、各国の中央銀行が個別に緩和策を実施する状況に近い。
 緩和策の規模も限定的だ。日銀は年間80兆円の資金を供給しているが、ECBにおける今回のプランは日銀とほぼ同程度である。経済規模が日本の3倍近くあるユーロ圏全体に対する資金供給量であることを考えると、規模が小さいという印象は拭えない。
 こうした状況になっているのは、ドイツなど財政再建を優先する国の意向が強く働いているからである。異なる経済状況の国の集合体であるユーロが持つ根本的な課題といえる。

 欧州と米国の経済構造の違いを指摘する声もある。欧州は米国よりも日本に近く、資産価格の下落によって単純に金融が目詰まりしていることだけが景気低迷の理由ではない。既得権益の存在など、構造的な問題が大きく影響している可能性が高く、こうした状況を放置したままでは金融政策の効果を半減させてしまう。

 量的緩和を実施しないよりはマシだろうが、大きな効果は期待できないと考えた方が自然である。日本と同様、なかなか出口戦略を見つけられない状況に陥る可能性が高い。

 - 経済 , , ,

  関連記事

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

softbankpepason
四半期決算好調も株価が冴えないソフトバンク。重しはやはり米国事業

 ソフトバンクの米国事業が同社の株価の重しとなっている。足元の業績は好調だが、本 …

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …