ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことから、保険料の増額が難しくなりつつある。年金財政を改善するには、給付を減らすしかないが、一方的な給付削減には反対意見も多くハードルが高い。

nenkintecho

  厚生労働省は2015年1月21日、社会保障審議会の年金部会を開き、公的年金制度改革の報告書をまとめた。詳細な内容は明らかではないが、報道によると、保険料の納付期間を5年延ばして65歳までにする案は先送りとなった。給付額増加に見合う国庫負担のメドが立たないことが原因である。

 一方、人口動態などに応じて物価が上がっても給付額を抑制するマクロ経済スライド制がスタートしており、給付額の抑制はすでに始まっている。ただ、物価が実際に下落した場合には、発動を少なくとも1年間凍結ことが検討されており、抑制効果がどの程度になるのかは不透明だ。

 年金財政を改善させるためには、「入」の部分である保険料収入を増やすか、「出」の部分である給付水準を抑制する必要がある。しかし、年金がいきなり減額されてしまうと、生活が破たんしてしまう人が少なくないことから、両方を徐々に進めていくしか方法はない。

 日本では高齢化が進んでいるため、年金の給付額が増える傾向にある。保険料を納める期間を65歳まで延長して「入り」を確保し、とりあえず給付額を増やすというやり方が検討されてきた。しかし給付額を増やしてしまうと、国庫負担も同時に増えてしまうという問題があり、実現が難しくなっている。年金そのものの問題ではなく、政府の予算の制約上、給付額を増やせないという状況が発生しているのだ。

 一方的に給付額を削減することは受給者からの反発が大きく、実現には困難を伴う。一度は決定したマクロ経済スライド制の要件緩和が検討されているのは、こうした声に配慮してのことと考えられる。

 保険料の増額も、大幅な支出抑制も難しいという状況であり、年金財政はかなり行き詰まっている。本来は抜本的な制度改革が必要なところだが、現在の政治情勢ではそれも難しい。2015年度予算は、高齢化による自然増で社会保障費だけが大幅増となった。年金の国庫負担がいよいよ財政問題の足かせとなりつつある。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

hakukirai02
薄熙来被告の初公判が始まる。公判では検察と全面対決の様相だが・・・・

 中国共産党の最高指導部入りが確実視されながら権力闘争で失脚し、収賄や横領の罪に …

abe20140213
「改憲論者」安倍首相の憲法解釈見直し論に対し、党内「改憲論者」から反発の声

 安倍首相の集団的自衛権行使に関する憲法解釈見直しについて、与党内部から批判の声 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

koyashirin
女性社会起業家が挑むインターナショナルスクールが開校。ふるさと納税をフル活用

 日本の高校卒業資格を得ることができ、かつ国際的な大学入学資格が得られる国際バカ …

mof03
財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任 …

mox
プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料 …

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

mof02
来年度予算は大幅増額で100兆円突破の見込み。財政再建からはさらに一歩後退

 2014年度予算の概算要求が各省から出揃いつつある。概算要求の締め切りは8月3 …