ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ大統領がインドの共和国式典に主賓として参加したことの意味

 

 オバマ米大統領は2015年1月25日、インドを訪問しモディ首相と首脳会談を行った。翌日には、米国の大統領としては初めて、インドの共和国記念日の式典に主賓として出席した。

obamaindo オバマ大統領のインド訪問は2回目であり、米国とインドの関係は近年、非常に緊密になっている。だが、戦後一貫して独自路線を貫き、時に米国と激しく対立したインドの国家的式典に米国大統領が主賓として参加したことは、戦後政治の枠組みが大きく変化したことをあらためて内外に示す結果となった。

 インドは、英国から独立後、1950年に共和制に移行した。インドは西側にも東側にも属さない非同盟主義を提唱し、いわゆる第三世界のリーダーとして強い影響力を持ってきた。米国主導の核不拡散条約に加盟せず、独自の核開発を行うなど、時には米国と激しく対立したこともある。米国が同盟国以外で、独自の核開発を実質的に容認したのはインドだけである。

 だが米ソ対立がなくなったことや、世界経済のグローバル化を受けて、国際情勢は大きく変化した。インドではIT産業が活発となり、米国との経済的な関係が深まっていった。最近では中国と並んで、インドは世界最大の市場とみなされており、米国はインドとの関係強化を強く求めるようになっている。

 インドと米国の間には、製薬業界や鉄鋼業界などを中心に、貿易に関する紛争をいくつも抱えており、順風満帆という状態にはない。それでも、オバマ大統領がわざわざ記念式典に主賓として出席した背景には、中国の存在がある。

 インドはかつて中国と国境紛争を起こしたことがあり、利害が対立することが多い。しかし、中国とインドはすでに互いの存在を無視できない立場になっており、今後、どのような二国間関係が構築できるか模索している最中である。
 一方、米国にとっては、中国は最大の貿易相手国であり、現在、もっとも重視すべき国である。インドと米国は双方にとって、中国との交渉を有利に進めるため、お互いを中国への牽制球として利用するメリットがある。
 対中国という意味では、インドと米国は利害が一致しているが、その背後には、実は双方とも、中国と有利に付き合いたいという目的が存在している。いわば大人の関係といったところだろうか。

 インドではイスラム過激派によるテロがたびたび発生しており、今回のオバマ大統領の訪問では厳戒態勢が敷かれた。オバマ氏が乗る米国の大統領専用機エアフォースワンが到着する前後は、半日にわたってインドの広い空域に飛行制限がかけられ、インド空軍の戦闘機以外は、航空機を立ち入らせないという異例の措置が取られた。飛行制限空域は、パキスタン領空ギリギリまで設定されたという。

 オバマ大統領は、当初、タージマハールを訪問する予定だったが、アブドラ国王の急死を受けて、27日にサウジアラビアに向かった。

 - 政治 , ,

  関連記事

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

sutisenkyo
スーチー氏の大統領就任問題から考える憲法の本質。悪法は法なのか?

 ミャンマー国会は2016年3月15日、アウンサン・スーチー氏の側近であるティン …

yudachi
中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?

 防衛省は5日、東シナ海の公海上で中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し、射撃 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …