ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比30%増の745億9900万ドル(約8兆8800億円)、純利益は37.9%増の180億2400万ドル(約2兆1268億円)と大幅な増収増益となった。中国向けiPhoneの売上げが大幅に伸びたことが主な要因。
 同社の四半期決算での売上高は、パナソニックやソニーといった日本を代表する電機メーカーの年間売上高よりも大きい。同社の事業はもはや別次元の領域に入ったと考えてよいだろう。

aplkessan

 iPhoneの同四半期における販売台数は7446万8000台で前年同期比で46%も増えた。iPadの販売台数は販売台数は2141万9000台と18%減少したが、iPhoneの好調な売れ行きがこれをカバーしている。
 iPhoneは日本を除くすべての地域で売上げを大幅に拡大しているが、特に中国市場の伸びが大きい。アップルは2013年、世界最大の通信会社である中国移動通信(チャイナモバイル)と提携、2015年1月からiPhoneの販売を開始した。

 中国向けのiPhoneは単価が安く、どれだけ収益に貢献するのか疑問視する声もあった。今回の決算では、原価率が前期比で2ポイント低下しており、これが全体の利益を大きく押し上げる結果となっている。販売台数の多さが利益率をカバーしたことは明白といってよいだろう。

 中国市場は、利用者の購買力の違いから、高価な製品は売りにくいといわれてきた。サムスン電子は中国市場で苦戦しており、代わりに、低価格を武器にした小米(シャオミ)などの中国メーカーが躍進している。今回の決算で、高級なiPhoneは中国市場には向かないとの懸念はほぼ一掃された。低価格製品と高級品という棲み分けを形成しながら、中国市場に浸透していくことになるだろう。

 アップルは今後、中国市場へのシフトを急速に進める可能性が高くなってきた。今回の決算は、同社の戦略上、大きな分岐点となるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

bouekitoukei 201503
貿易収支は2年9カ月ぶりに黒字。長期的に赤字傾向は変わらない可能性が高い

 財務省は2015年4月22日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

runesasu003
日本市場の公平性に重大な悪影響!ルネサスのハチャメチャ出資計画がまとまる

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する政府系ファンドの出資計画 …

chinagdp201510
中国の7~9月期GDPは6.9%増と微妙な数字。今後は消費動向が重要に

 中国国家統計局は2015年10月19日、2015年7~9月期のGDP(国内総生 …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …