ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比30%増の745億9900万ドル(約8兆8800億円)、純利益は37.9%増の180億2400万ドル(約2兆1268億円)と大幅な増収増益となった。中国向けiPhoneの売上げが大幅に伸びたことが主な要因。
 同社の四半期決算での売上高は、パナソニックやソニーといった日本を代表する電機メーカーの年間売上高よりも大きい。同社の事業はもはや別次元の領域に入ったと考えてよいだろう。

aplkessan

 iPhoneの同四半期における販売台数は7446万8000台で前年同期比で46%も増えた。iPadの販売台数は販売台数は2141万9000台と18%減少したが、iPhoneの好調な売れ行きがこれをカバーしている。
 iPhoneは日本を除くすべての地域で売上げを大幅に拡大しているが、特に中国市場の伸びが大きい。アップルは2013年、世界最大の通信会社である中国移動通信(チャイナモバイル)と提携、2015年1月からiPhoneの販売を開始した。

 中国向けのiPhoneは単価が安く、どれだけ収益に貢献するのか疑問視する声もあった。今回の決算では、原価率が前期比で2ポイント低下しており、これが全体の利益を大きく押し上げる結果となっている。販売台数の多さが利益率をカバーしたことは明白といってよいだろう。

 中国市場は、利用者の購買力の違いから、高価な製品は売りにくいといわれてきた。サムスン電子は中国市場で苦戦しており、代わりに、低価格を武器にした小米(シャオミ)などの中国メーカーが躍進している。今回の決算で、高級なiPhoneは中国市場には向かないとの懸念はほぼ一掃された。低価格製品と高級品という棲み分けを形成しながら、中国市場に浸透していくことになるだろう。

 アップルは今後、中国市場へのシフトを急速に進める可能性が高くなってきた。今回の決算は、同社の戦略上、大きな分岐点となるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

saujisaruman
サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首 …

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …

no image
低賃金労働は意外に強い!米国では職の2極分化が急激に進行中。さて日本は?

  NY連銀が米国における30年間の雇用の変化について分析したレポートを発表した …

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …