ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比30%増の745億9900万ドル(約8兆8800億円)、純利益は37.9%増の180億2400万ドル(約2兆1268億円)と大幅な増収増益となった。中国向けiPhoneの売上げが大幅に伸びたことが主な要因。
 同社の四半期決算での売上高は、パナソニックやソニーといった日本を代表する電機メーカーの年間売上高よりも大きい。同社の事業はもはや別次元の領域に入ったと考えてよいだろう。

aplkessan

 iPhoneの同四半期における販売台数は7446万8000台で前年同期比で46%も増えた。iPadの販売台数は販売台数は2141万9000台と18%減少したが、iPhoneの好調な売れ行きがこれをカバーしている。
 iPhoneは日本を除くすべての地域で売上げを大幅に拡大しているが、特に中国市場の伸びが大きい。アップルは2013年、世界最大の通信会社である中国移動通信(チャイナモバイル)と提携、2015年1月からiPhoneの販売を開始した。

 中国向けのiPhoneは単価が安く、どれだけ収益に貢献するのか疑問視する声もあった。今回の決算では、原価率が前期比で2ポイント低下しており、これが全体の利益を大きく押し上げる結果となっている。販売台数の多さが利益率をカバーしたことは明白といってよいだろう。

 中国市場は、利用者の購買力の違いから、高価な製品は売りにくいといわれてきた。サムスン電子は中国市場で苦戦しており、代わりに、低価格を武器にした小米(シャオミ)などの中国メーカーが躍進している。今回の決算で、高級なiPhoneは中国市場には向かないとの懸念はほぼ一掃された。低価格製品と高級品という棲み分けを形成しながら、中国市場に浸透していくことになるだろう。

 アップルは今後、中国市場へのシフトを急速に進める可能性が高くなってきた。今回の決算は、同社の戦略上、大きな分岐点となるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

ieren
次期FRB議長はイエレン氏。総じて高評価だが、リベラルな面を危惧する声も

 オバマ米大統領は、来年1月で退任するバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

dentsu
電通の広告不正問題。AI社会になれば解決するが、その時に代理店は必要ない?

 広告代理店最大手の電通は2016年9月23日、インターネット上の広告に関して不 …

no image
尖閣問題で自動車メーカーが悲鳴。だけど中国ではもともと売れてないんじゃないの?

 尖閣諸島問題を受けて、日本の自動車メーカーが大打撃を受けていると各誌が報じてい …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …

shaft01
グーグルによる東大発ロボット企業の買収で危惧されること

 インターネット検索最大手の米グーグルが東大発のロボット開発ベンチャー「シャフト …

abenomics600cho
首相がブチ上げたGDP600兆円という目標は、すでに出ている数字の言い換え

 自民党は2015年9月24日、両院議員総会を開き、安倍首相の党総裁続投を無投票 …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …