ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比30%増の745億9900万ドル(約8兆8800億円)、純利益は37.9%増の180億2400万ドル(約2兆1268億円)と大幅な増収増益となった。中国向けiPhoneの売上げが大幅に伸びたことが主な要因。
 同社の四半期決算での売上高は、パナソニックやソニーといった日本を代表する電機メーカーの年間売上高よりも大きい。同社の事業はもはや別次元の領域に入ったと考えてよいだろう。

aplkessan

 iPhoneの同四半期における販売台数は7446万8000台で前年同期比で46%も増えた。iPadの販売台数は販売台数は2141万9000台と18%減少したが、iPhoneの好調な売れ行きがこれをカバーしている。
 iPhoneは日本を除くすべての地域で売上げを大幅に拡大しているが、特に中国市場の伸びが大きい。アップルは2013年、世界最大の通信会社である中国移動通信(チャイナモバイル)と提携、2015年1月からiPhoneの販売を開始した。

 中国向けのiPhoneは単価が安く、どれだけ収益に貢献するのか疑問視する声もあった。今回の決算では、原価率が前期比で2ポイント低下しており、これが全体の利益を大きく押し上げる結果となっている。販売台数の多さが利益率をカバーしたことは明白といってよいだろう。

 中国市場は、利用者の購買力の違いから、高価な製品は売りにくいといわれてきた。サムスン電子は中国市場で苦戦しており、代わりに、低価格を武器にした小米(シャオミ)などの中国メーカーが躍進している。今回の決算で、高級なiPhoneは中国市場には向かないとの懸念はほぼ一掃された。低価格製品と高級品という棲み分けを形成しながら、中国市場に浸透していくことになるだろう。

 アップルは今後、中国市場へのシフトを急速に進める可能性が高くなってきた。今回の決算は、同社の戦略上、大きな分岐点となるかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

africa
国連の世界人口予測が示す、中国の失速と米国の躍進。総人口ではアフリカが急進

 国連経済社会局は6月13日、世界人口展望の最新報告を発表した。それによれば、現 …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

hotelohkura
ホテルオークラ東京がとうとう建て替えを発表。同社が決断した背景を探る

 ホテルオークラは2014年5月23日、同社の旗艦ホテルであるホテルオークラ東京 …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …