ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。全世界に建設機械を販売している同社の決算は、世界経済のバロメータともいわれている。このところ世界景気の低迷と、米国経済の一人勝ちという状況がより顕著になっているが、同社の決算もそれを反映したものとなった。

caterpillar002

 同社の四半期の売上高は142億4400万ドル(約1兆6800億円)で、前年同期比でほぼ横ばいだった。純利益は7億5700万ドル(894億円)となり、前年同期比で25%の減益となった。米国を除く全世界的な景気の低迷で、建設機械の売上げが伸び悩んだことが主な要因。

 北米市場は例外で前年同期比9%増となっているが、南米は13%減、欧州は横ばい、アジア太平洋地域は16%のマイナスとなった。アジア太平洋地域は中国の景気失速が、南米については原油価格の下落で建設需要が減ったことが影響していると考えられる。

 IMF(国際通貨基金)は1月20日、世界経済見通しを発表したが、2015年の成長率見通しは、10月の見通しから0.3ポイント引き下げられ、プラス3.5%となった。欧州、日本、中国の景気失速が響いており、米国だけが大幅なプラス成長となっている。

 米国は世界最大級の産油国のひとつだが、世界最大の石油消費国でもある。米国については、原油価格の下落が消費を活性化することになるため、プラスの効果が大きいといわれる。原油価格が100ドルから50ドルに下がると、米国にはそれだけで、年間20兆円近くの資金が転がり込んでくる。特にガソリン価格の値下がりは個人消費を刺激する可能性が高い。

 一方、産油国など資源の輸出で外貨を稼いでいる国々は、今回の原油安で大きな影響を受ける。石油の採掘コストが高く、国家財政の多くを石油に依存するロシアやベネズエラなどへの影響は大きい。

 北米地域で増収、欧州で横ばい、中国と南米でマイナスとなったキャタピラーの決算は、まさに現在の世界経済の縮図である。
 同社のオーバーヘルマン最高経営責任者(CEO)は2015年について「厳しい1年になる」と予想している。通期の売上高についても9%減の500億ドルとかなり厳しい見方だ。原油価格の下落で建設機器の売上げが低迷することに加えて、中国での建設機械需要の低下を見込んだ。
 同社の見立ては、そのまま2015年における世界経済の状況と考えてよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

yuseijoujou
郵政グループの売り出し価格決定。成長銘柄ではなく、配当銘柄として考えるべき?

 日本郵政グループが2015年11月4日に上場する。上場するグループ3社のうち、 …

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

cyprus03
キプロス支援策は大口預金者のみの負担で何とか決着。だが金融立国継続は絶望的?

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領とキプロスのアナスタシアディス大統領との …

nichigin04
日銀が緩和の枠組みを金利目標にシフト。量的緩和策は事実上の長期撤退戦へ

 日銀は、2016年6月20日と21日に開催された金融政策決定会合において、従来 …

ginkou
全銀協が24時間振り込みに対応する方針。最終的なライバルはビットコイン?

 銀行業界が振り込みの24時間対応に向けて動き始めた。もし実現すれば、15時で当 …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …