ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。全世界に建設機械を販売している同社の決算は、世界経済のバロメータともいわれている。このところ世界景気の低迷と、米国経済の一人勝ちという状況がより顕著になっているが、同社の決算もそれを反映したものとなった。

caterpillar002

 同社の四半期の売上高は142億4400万ドル(約1兆6800億円)で、前年同期比でほぼ横ばいだった。純利益は7億5700万ドル(894億円)となり、前年同期比で25%の減益となった。米国を除く全世界的な景気の低迷で、建設機械の売上げが伸び悩んだことが主な要因。

 北米市場は例外で前年同期比9%増となっているが、南米は13%減、欧州は横ばい、アジア太平洋地域は16%のマイナスとなった。アジア太平洋地域は中国の景気失速が、南米については原油価格の下落で建設需要が減ったことが影響していると考えられる。

 IMF(国際通貨基金)は1月20日、世界経済見通しを発表したが、2015年の成長率見通しは、10月の見通しから0.3ポイント引き下げられ、プラス3.5%となった。欧州、日本、中国の景気失速が響いており、米国だけが大幅なプラス成長となっている。

 米国は世界最大級の産油国のひとつだが、世界最大の石油消費国でもある。米国については、原油価格の下落が消費を活性化することになるため、プラスの効果が大きいといわれる。原油価格が100ドルから50ドルに下がると、米国にはそれだけで、年間20兆円近くの資金が転がり込んでくる。特にガソリン価格の値下がりは個人消費を刺激する可能性が高い。

 一方、産油国など資源の輸出で外貨を稼いでいる国々は、今回の原油安で大きな影響を受ける。石油の採掘コストが高く、国家財政の多くを石油に依存するロシアやベネズエラなどへの影響は大きい。

 北米地域で増収、欧州で横ばい、中国と南米でマイナスとなったキャタピラーの決算は、まさに現在の世界経済の縮図である。
 同社のオーバーヘルマン最高経営責任者(CEO)は2015年について「厳しい1年になる」と予想している。通期の売上高についても9%減の500億ドルとかなり厳しい見方だ。原油価格の下落で建設機器の売上げが低迷することに加えて、中国での建設機械需要の低下を見込んだ。
 同社の見立ては、そのまま2015年における世界経済の状況と考えてよいだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

jrhokkaido
火災事故対応から、速度低下と本数減少に踏み切ったJR北海道の決断は妥当か?

 JR北海道は9月4日、11月からのダイヤ改正において、札幌と主要都市間を結ぶ特 …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …

no image
当事者能力を失っているシャープの状況は旧日本軍にそっくりとの声

 鴻海のカリスマ経営者である郭台銘(テリー・ゴウ)会長に翻弄され、オロオロするば …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

setsubitousi
5月の機械受注は大幅減。民間は資金を遊ばせており、官需依存がさらに高まる

 内閣府は2014年7月10日、5月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …