ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。このところ、同社に対しては成長の鈍化を懸念する声が上がっ ている。今期の決算は広告のクリック数増加で過去最高益となったが、市場予想は下回った。同社が安定成長期に入りつつあるという見方がさらに強まっている。

googlekesan201303

 2014年10~12月期の売上高は前年同期比15.3%増の181億300万ドル(約2兆1360億円)、純利益は同40%増の47億5700万ドル(約5610億円)だった。広告のクリック数は前年同期比で14%増、クリック単価は同3%減だった。

 同社のビジネスは基本的に広告のクリック数とその単価に依存する。同社はここ数年、クリック単価の下落に悩まされてきた。ただ、スマホからの利用が一般化してきたことから、単価の下落にも歯止めがかかりつつあり、今期は3%減とほぼ横ばいに近い状態となった。一方、ネットの利用者数の増加から広告のクリック数は増加しており、これが業績を押し上げた。

 ただ、同社の検索連動広告は、ほぼ全世界的な標準となりつつあり、今後大幅な拡大が見込めるわけではない。今期の決算は数字だけ見れば、かなりの好業績だが、市場が期待したほどではなかった。今後、同社が安定成長銘柄とみなされる可能性はさらに高まってきたといってよいだろう。

 当然のことながら、同社は次のブレークスルーを狙っている。短期的には携帯電話会社との提携である。米メディアの報道では、同社はソフトバンク・グループと提携し、ソフトバンク傘下の米携帯電話会社スプリントとの共同事業に乗り出す方針を固めたという。
 今後、広告収入を大幅に伸ばす可能性があるのは動画広告だが、そのためには通信回線の帯域がネックとなる。キャリアと提携することで、高速通信の環境を整備し、動画広告の強化につなげることができる。

 長期的にはやはりロボットや人工知能ということになるだろう。同社が実用化を進めている車の自動運転が始まれば、ドライバーの運転時間の多くがネットのアクセスに回ってくる。車に乗っている時間は長いので、広告収入の大幅な拡大につながってくるだろう。また人口知能を使ったパーソナル・アシストの機能が強化されれば、広告の効率が一気に高まることになり、単価の上昇を実現できる。

 こうした次のブレークスルーが出てくるまでは、しばらく時間がかかる。市場はそれまでの間、同社の株価について様子見のスタンスを強めてくるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

casino
カジノ解禁をめぐって依存症の問題が急浮上。だが本質はそこではない

 現在、政府内部で検討が進むカジノ解禁をめぐって、ギャンブル依存症に関する話題が …

mof02
財務省が物価連動国債を個人にも解禁。足元では金利低下が続いているが・・

 財務省は2014年5月13日、物価連動国債の個人保有を2015年1月から解禁す …

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …

tusruga
敦賀原発の活断層の解釈をめぐって不服申請。活断層の解釈はもはや「言葉遊び」

 日本原子力発電(日本原電)は7月16日、原子力規制委員会に対して行政不服審査法 …

zaiseishuusi
骨太の方針に歳出上限を盛り込まない公算。市場はこれをどう受け止めるか?

 政府は今月末に経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の閣議決定を予定しているが、 …

chiamujinki
日本を尻目に中国が着々と無人機を開発。ガラパゴスの影響はこんなところにも

 航空業界の国際見本市「北京国際航空展」が9月25日から中国・北京で開催されてい …

3dprintergun
米国の学生グループが、3Dプリンタを使って自宅で製造できる銃を公開

 テキサス大学ロースクール(法科大学院)の学生を中心とした3Dプリンターによる銃 …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …