ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。このところ、同社に対しては成長の鈍化を懸念する声が上がっ ている。今期の決算は広告のクリック数増加で過去最高益となったが、市場予想は下回った。同社が安定成長期に入りつつあるという見方がさらに強まっている。

googlekesan201303

 2014年10~12月期の売上高は前年同期比15.3%増の181億300万ドル(約2兆1360億円)、純利益は同40%増の47億5700万ドル(約5610億円)だった。広告のクリック数は前年同期比で14%増、クリック単価は同3%減だった。

 同社のビジネスは基本的に広告のクリック数とその単価に依存する。同社はここ数年、クリック単価の下落に悩まされてきた。ただ、スマホからの利用が一般化してきたことから、単価の下落にも歯止めがかかりつつあり、今期は3%減とほぼ横ばいに近い状態となった。一方、ネットの利用者数の増加から広告のクリック数は増加しており、これが業績を押し上げた。

 ただ、同社の検索連動広告は、ほぼ全世界的な標準となりつつあり、今後大幅な拡大が見込めるわけではない。今期の決算は数字だけ見れば、かなりの好業績だが、市場が期待したほどではなかった。今後、同社が安定成長銘柄とみなされる可能性はさらに高まってきたといってよいだろう。

 当然のことながら、同社は次のブレークスルーを狙っている。短期的には携帯電話会社との提携である。米メディアの報道では、同社はソフトバンク・グループと提携し、ソフトバンク傘下の米携帯電話会社スプリントとの共同事業に乗り出す方針を固めたという。
 今後、広告収入を大幅に伸ばす可能性があるのは動画広告だが、そのためには通信回線の帯域がネックとなる。キャリアと提携することで、高速通信の環境を整備し、動画広告の強化につなげることができる。

 長期的にはやはりロボットや人工知能ということになるだろう。同社が実用化を進めている車の自動運転が始まれば、ドライバーの運転時間の多くがネットのアクセスに回ってくる。車に乗っている時間は長いので、広告収入の大幅な拡大につながってくるだろう。また人口知能を使ったパーソナル・アシストの機能が強化されれば、広告の効率が一気に高まることになり、単価の上昇を実現できる。

 こうした次のブレークスルーが出てくるまでは、しばらく時間がかかる。市場はそれまでの間、同社の株価について様子見のスタンスを強めてくるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

businessphone
IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるケースが続出

 IP電話を乗っ取り、アフリカなどに高額な国際電話をかけるという事件が多発してい …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

machikado
景気回復を示す指標が相次ぐ。ただ先行指標は踊り場を入りを示唆?

 景気の回復を示唆する指標が相次いでいる。消費動向調査による消費者心理は5カ月連 …

wasurerarerukenri
EU司法裁判所が「忘れられる権利」を認定。政治的要素も多分にあり

 ネットに掲載された情報の削除を求める、いわゆる「忘れられる権利」について、欧州 …

apple2016q1
アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去 …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …