ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。このところ、同社に対しては成長の鈍化を懸念する声が上がっ ている。今期の決算は広告のクリック数増加で過去最高益となったが、市場予想は下回った。同社が安定成長期に入りつつあるという見方がさらに強まっている。

googlekesan201303

 2014年10~12月期の売上高は前年同期比15.3%増の181億300万ドル(約2兆1360億円)、純利益は同40%増の47億5700万ドル(約5610億円)だった。広告のクリック数は前年同期比で14%増、クリック単価は同3%減だった。

 同社のビジネスは基本的に広告のクリック数とその単価に依存する。同社はここ数年、クリック単価の下落に悩まされてきた。ただ、スマホからの利用が一般化してきたことから、単価の下落にも歯止めがかかりつつあり、今期は3%減とほぼ横ばいに近い状態となった。一方、ネットの利用者数の増加から広告のクリック数は増加しており、これが業績を押し上げた。

 ただ、同社の検索連動広告は、ほぼ全世界的な標準となりつつあり、今後大幅な拡大が見込めるわけではない。今期の決算は数字だけ見れば、かなりの好業績だが、市場が期待したほどではなかった。今後、同社が安定成長銘柄とみなされる可能性はさらに高まってきたといってよいだろう。

 当然のことながら、同社は次のブレークスルーを狙っている。短期的には携帯電話会社との提携である。米メディアの報道では、同社はソフトバンク・グループと提携し、ソフトバンク傘下の米携帯電話会社スプリントとの共同事業に乗り出す方針を固めたという。
 今後、広告収入を大幅に伸ばす可能性があるのは動画広告だが、そのためには通信回線の帯域がネックとなる。キャリアと提携することで、高速通信の環境を整備し、動画広告の強化につなげることができる。

 長期的にはやはりロボットや人工知能ということになるだろう。同社が実用化を進めている車の自動運転が始まれば、ドライバーの運転時間の多くがネットのアクセスに回ってくる。車に乗っている時間は長いので、広告収入の大幅な拡大につながってくるだろう。また人口知能を使ったパーソナル・アシストの機能が強化されれば、広告の効率が一気に高まることになり、単価の上昇を実現できる。

 こうした次のブレークスルーが出てくるまでは、しばらく時間がかかる。市場はそれまでの間、同社の株価について様子見のスタンスを強めてくるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

virginatlantic
シティバンクに続いてヴァージン航空も日本撤退。その背景にあるもの

 英国のヴァージンアトランティック航空は2014年9月3日、成田-ロンドン線につ …

keizaihakusho2015
経済財政白書が指摘する、日本の労働生産性とイノベーションの問題

 政府は2015年8月14日、2015年度の経済財政報告(経済財政白書)をまとめ …

obamansa
オバマ大統領が国民監視プログラムの改革案を発表。大きな変化はない可能性が大

 オバマ米大統領は8月9日、ホワイトハウスで記者会見を行い、政府の情報監視プログ …

38north02
北朝鮮が寧辺の原子炉を再稼働?外交問題に加えて、安全上のリスクを指摘する声も

 北朝鮮が再稼働を表明していた寧辺(ヨンビョン)の原子炉について、外交上の問題に …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …

ieren03
6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …