ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。流通総額が大幅に拡大し増収となったが、コストが増大し、利益の伸びは限定的だった。粗悪品の販売をめぐる中国当局との対立もあり、市場には不透明感が広がっている。

aribabachugoku

 同社の売上高は前年同期比40%増の261億7900万元(約4950億円)、営業利益は同6.2%増の93億4700万元(約1767億円だった。原価や開発費、管理費などコストが大幅に増加し、利益の伸びを抑制した。当期利益については税負担の増加などもあり、前期比でマイナスとなっている。

 一方、同社がサイトで取り扱う商品の流通総額は7870億元と前年同期比で49%の増加となっている。流通総額の伸びに比べて売上高の伸びが小さいことや、全般的なコスト増加など、経営効率が低下する傾向がみられる。従来のような破竹の勢いでの成長が持続できるのか、不安視する投資家も出てきている。

 また同社には、中国政府との衝突という別のリスク要因も浮上している。中国の国家工商行政管理総局は、アリババ・グループのサイト「淘宝網(タオバオ)」で粗悪品や模倣品の販売が横行しており、出店者3社を営業停止処分にするという調査結果を発表した。
 だが、指摘を受けた出店者は、調査の方法がずさんだとして、ネット上に声明文を出し、当局に反論するという事態になっている。当局は11月11日に抜き打ちの調査を行い、いくつかの商品が粗悪品だったとしている。だが出店者側は、指摘を受けた3つのロットのうち、1つはメーカーから直接仕入れたものであり、もう一つは販売をしていないと主張している。またアリババも粗悪品対策は十分に実施しているとして反論している。

 双方の指摘が食い違っているため、実態は不明だが、決算の結果が今ひとつだった状態に、このニュースが加わったことから、投資家の一部は今後の業績を不安視している。
 中国における電子商取引が今後も拡大することは間違いない。だが一方で、中国企業には常に国家権力というリスク要因が存在してきたことも事実である。それは米国に上場したアリババであっても同じことである。今回の決算は、アリババが中国企業であることをあらためて実感させる結果となった。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

taikudeta2014
軍部が全権掌握するタイで、フェイスブックが一時利用不能に

 軍部がクーデターで全権を掌握したタイでは2014年5月28日、SNSのフェイス …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

obamasiriakubaku
オバマ政権が圧力に抗しきれずシリア空爆を決断。次期大統領選にも影響

 米国のオバマ大統領は2014年9月10日、テレビ演説を行い、イラクとシリアで勢 …

obamaaquino201404
米国がフィリピンと新軍事協定。本格的な米軍駐留が再開されるが・・・

 米国政府とフィリピン政府は2014年4月28日、米軍のフィリピン展開を強化する …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

rikejo
ITの分野は米国でもなぜか女性が少ない。リケジョはどこでも引く手あまた?

 米国ではコンピュータ関連のエンジニアは高収入で知られているが、この分野を専攻す …

hagel04
北朝鮮の強硬姿勢によって米の軍事費削減に赤信号?現状維持派の策略との声も

 敵対的な姿勢を強める北朝鮮への対抗措置から、米軍が相次いで兵力の追加配備を迫ら …

shukimpeigermany
中国が安心して「日本はドイツに見習え」と主張できるようになった理由

 中国の習近平国家主席が、ドイツ訪問をきっかけに「日本はドイツを見習え」という趣 …

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …