ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。流通総額が大幅に拡大し増収となったが、コストが増大し、利益の伸びは限定的だった。粗悪品の販売をめぐる中国当局との対立もあり、市場には不透明感が広がっている。

aribabachugoku

 同社の売上高は前年同期比40%増の261億7900万元(約4950億円)、営業利益は同6.2%増の93億4700万元(約1767億円だった。原価や開発費、管理費などコストが大幅に増加し、利益の伸びを抑制した。当期利益については税負担の増加などもあり、前期比でマイナスとなっている。

 一方、同社がサイトで取り扱う商品の流通総額は7870億元と前年同期比で49%の増加となっている。流通総額の伸びに比べて売上高の伸びが小さいことや、全般的なコスト増加など、経営効率が低下する傾向がみられる。従来のような破竹の勢いでの成長が持続できるのか、不安視する投資家も出てきている。

 また同社には、中国政府との衝突という別のリスク要因も浮上している。中国の国家工商行政管理総局は、アリババ・グループのサイト「淘宝網(タオバオ)」で粗悪品や模倣品の販売が横行しており、出店者3社を営業停止処分にするという調査結果を発表した。
 だが、指摘を受けた出店者は、調査の方法がずさんだとして、ネット上に声明文を出し、当局に反論するという事態になっている。当局は11月11日に抜き打ちの調査を行い、いくつかの商品が粗悪品だったとしている。だが出店者側は、指摘を受けた3つのロットのうち、1つはメーカーから直接仕入れたものであり、もう一つは販売をしていないと主張している。またアリババも粗悪品対策は十分に実施しているとして反論している。

 双方の指摘が食い違っているため、実態は不明だが、決算の結果が今ひとつだった状態に、このニュースが加わったことから、投資家の一部は今後の業績を不安視している。
 中国における電子商取引が今後も拡大することは間違いない。だが一方で、中国企業には常に国家権力というリスク要因が存在してきたことも事実である。それは米国に上場したアリババであっても同じことである。今回の決算は、アリババが中国企業であることをあらためて実感させる結果となった。

 - 政治, 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

makein
世界のあちこちに顔を出す米国政治のキーマン、マケイン上院議員に要注目

 米共和党の重鎮で、大統領選にも出馬した経験のあるマケイン上院議員の活躍が目立っ …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

usakoyoutoukei201312
米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このとこ …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

airasiasuchi
今話題のLCC(格安航空会社)に思った程安くないとの声が。その理由とは?

 全日空系のLCC(格安航空会社)であるエアアジアジャパンは、10日、LCCとし …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

rakutenmufg
楽天が投資判断を引き下げたアナリスト・レポートに対して異例の批判

 楽天は7月2日、同社に対する投資判断を引き下げた三菱UFJモルガン・スタンレー …