ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政権のプラユット首相は2月にも来日し、安倍首相に対してプロジェクトへの協力を打診する予定。一方でタイは中国政府と高速鉄道プロジェクトについてすでに合意しており、日本の支援がどれほど効果があるのか疑問の声も上がっている。

indosina

 現在、日本政府はタイ政府と、インドシナ半島を横断する鉄道計画について協議している。タイは日本の製造業がもっとも積極的に進出している地域だが、タイの西隣にはミャンマーが、東隣にはラオスとカンボジア、海側にはベトナムがある。これらの国はまだ開発途上であり、今後の発展余地が大きい。
 日本としては、ベトナムからラオス、タイを経由してミャンマーに抜ける交通インフラが整備されれば、南シナ海からインド洋までが連結されることになり、一体のエリアとしてサプライチェーンを構築できることになる。このルートは「東西回廊」と呼ばれる。

 一方、中国はインドシナ半島を縦断するルートの開拓を行っている。中国はラオスと共同で、雲南省の昆明からビエンチャンを結ぶ高速鉄道建設計画を進めている。
 中国は同時に、タイ国内において、ラオス国境のノンカイから首都バンコクを経て、タイ湾(南シナ海)に至る鉄道建設計画も推進している。ビエンチャンとノンカイは目と鼻の先なので、これが実現すると、中国内陸部からバンコクまで一気に高速鉄道でつながることになるが、これは東西回廊に対して南北回廊と呼ばれている。

 中国や欧米列強による植民地支配が長かったASEAN各国は、こうした地政学的な動きに敏感である。かつて大英帝国はアフリカ大陸を南北に展開し、フランスは東西に展開したが、最終的には英国の戦略が功を奏した。ASEAN各国では、タイの鉄道開発を日中による地政学的な争いと認識しており、どのような形で決着するのかに注目している。

 現地メディアの報道によると、今のところ日本側は不利な状況に置かれているようだ。タイ国内で先行しているプロジェクトは、中国と共同で行う南北回廊の高速鉄道開発であり、この鉄道開発にはすべて中国の技術が採用される。日本が協議を進めている東西回廊開発の優先順位は低い。

 今回、プラユット首相が来日して鉄道計画について支援を要請するのは、日本のメンツをつぶさないようにする配慮だとの報道も目立つ。
 プラユット氏の来日で鉄道計画は合意に達する可能性が高が、この計画は、インドシナ半島における日本のプレゼンス向上にはあまり役立たないだろう。日本の資金提供で鉄道建設を行うことで、日本企業の売上げを確保するという、産業政策的側面が目立つ結果となりそうだ。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

osupurei
オスプレイ導入で着々と進む自衛隊の海兵隊化。だがソフト面での覚悟は出来てるのか?

 これまで本土防衛能力だけに特化してきた自衛隊が、徐々に米国海兵隊のような国外展 …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

monhiru
公的年金を運用するGPIFが、とうとう赤字運用に転落。今後の年金は株価次第?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年8月2 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

no image
株価の新指数「JPX日経400」がスタート。市場への影響は?

 日本取引所グループ、東京証券取引所及び日本経済新聞社は2014年1月6日、新し …

jogmec
メタンハイドレートから天然ガスの採取に成功。だがあえて厳しいことを言えば・・・

 政府は3月12日、愛知・三重県沖の海底にある「メタンハイドレート」から天然ガス …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …