ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指導部である政治局常務委員会7名が決定した。


 中国共産党は15日、第18期中央委員会第1回総会(1中総会)を北京で開き、習近平国家副主席を総書記に選出したほか、最高幹部である政治局常務委員7名も選出した。習氏は党中央軍事委員会主席のポストも胡錦濤氏から引き継ぎ、胡氏は党の要職から完全引退する。

 注目されていた胡錦濤グループ(党のエリート学校出身者中心)と太子党(共産党幹部の2世3世グループ)の派閥争いは、太子党側の大勝利となった。胡錦濤グループが今後厳しい立場に追い込まれることは必至の情勢となった。

 政治局常務委員に選出されたのは、以下の7名。

 ・習近平(太子党)
 ・李克強(胡錦濤グループ)
 ・張徳江(太子党寄り)
 ・兪正声(太子党)
 ・劉雲山(太子党寄り)
 ・王岐山(太子党)
 ・張高麗(太子党寄り)

 7名のうち胡錦濤グループは李克強氏ただ一人。胡錦濤氏が猛プッシュしていた改革派のホープである汪洋氏は太子党の猛反発を受け常務委員からはずれた。胡錦濤氏は党中央軍事委員会主席に残ることができず、さらに太子党の王岐山氏が幹部の汚職摘発などに影響力を行使できる中央規律検査委員会書記に就任することなどから、太子党に圧倒的に有利な人事となった。

 政治基盤の確立が難しいといわれた習近平氏だが、ひとまず安定的な権力は確保したことになる。だが状況によっては、胡錦濤グループの巻き返しやそれを阻止するための粛清工作が行われる可能性もあり、予断を許さない状況が続く。

 - 政治

  関連記事

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

higasi
東国原氏が下半身記事で週刊文春を提訴。今更名誉毀損でもないでしょ!

 東国原英夫・前宮崎県知事が、週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の …

family3nin
課税対象の「個人」から「世帯」への見直しは、アベノミクスにも逆行する

 政府は少子化対策のひとつとして、所得税の課税対象を「個人」から「世帯」に変更す …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

maduro
ベネズエラ総選挙で野党が勝利。ボリバル革命は原油安の直撃を受け瓦解

 反米主義を掲げ、社会主義的な政策を強引に推進してきた南米ベネズエラで総選挙が実 …

makuron
仏大統領選では独立候補のマクロン氏が勝利。欧州の景気拡大も後押しか

 フランス大統領選は事前の予想通り、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が極 …

kagoike
「森友」疑惑に関して国策捜査発動との観測。日本の議会制民主主義にとって正念場

 学校法人「森友学園」に対する国有地払い下げ問題をめぐり、国会で証人喚問を受けた …