ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年3月期決算において、黒字予想から一転、300億円の赤字に転落する見通しとなった。だがこの事態は、昨年後半から関係者の間ではある程度予想されていたことであった。

 sharp シャープの業績が悪化した最大の理由は、同社の屋台骨であるスマホ向け液晶パネルで苦戦していること。韓国メーカーや台湾メーカーとの価格競争に巻き込まれた面もあるが、最大の要因はそこではない。政府が全面的に支援して設立された「日の丸」液晶メーカー、ジャパンディスプレイによる値下げ攻勢に耐えきれなくなったのだ。

 シャープは液晶パネルのメーカーなので、顧客はスマホやテレビを製造するセット・メーカーということになる。だがパナソニックやソニーなど日本のセット・メーカーは次々とこうした最終製品から撤退しており、売り先としてはあまり期待できない。
 その結果、世界最大のスマホメーカーであるサムスン電子やアップル、あるいはアップルから製造委託を受ける鴻海精密工業などにデバイスを売りに行くことになる。

 だがこれらのメーカーからの値引き要求は激しく、下手をすると企業体力を消耗してしまう。そこでシャープが注力したのは新しい取引先の開拓であり、白羽の矢を立てたのが、中国の新興スマホ・メーカー「シャオミ(小米)」であった。

 シャオミは創業からわずか5年で売上高1兆円を達成した驚異的なベンチャー企業であり、中国のスマホ市場でサムスン電子を抜いてシェア1位となっている。ただ、シャオミの製品は、iPhone並みの性能を備えていながら、約半額という低価格がウリとなっており、他社と同様、やはり値引き圧力は高い。かなりのボリュームをこなさないとデバイス・メーカーは儲からない構図となっている。

 当初、シャープはシャオミ向けの販売に力を入れており、シャオミ側もシャープが主要な調達元であった。だがこの状態をひっくり返したのが、ジャパンディスプレイである。
 同社は、政府がオールジャパンを掲げ、日立製作所、東芝、ソニーの中小型液晶パネル事業を統合して2012年4月に発足させた企業である。政府系ファンドの産業革新機構がほとんどの株を保有し、日本の製造業を復活させるべく、国費2000億円が投入された。

 ジャパンディスプレイは、2014年3月に鳴り物入りでIPO(新規株式公開)したものの、初値が公募価格を15%も下回るという前代未聞の状況となり、上場1カ月後には、いきなり業績を下方修正するドタバタぶりを見せた。さらに10月に入って2度目の業績下方修正を発表。2015年3月期は100億円の最終赤字に転落する見込みである。
 同社は現状を打開するため、シャオミに対して営業攻勢をかけ、シャープより安い価格を提示してシャープから注文を奪ったと考えられる。

 このような事態は、ジャパンディスプレイが設立された当初から関係者の間ではずっと危惧されてきた。国策企業として同社を支援しても、最大の競合がシャープであることから、市場を食い合うことはほぼ確実だったからである。

 液晶デバイスという付加価値の低いコモディティ・デバイスで勝負する以上、韓国メーカーや台湾メーカーとの価格勝負になることや、シャープとジャパンディスプレイが競合してしまうことは、避けて通れない。日立製作所、東芝、ソニーの3社はこうした状況があるからこそ、液晶事業を諦めたのであり、そこに政府が支援を行って再生させたところで環境が変わるわけではない。

 市場メカニズムを無視した政府支援は機能しないということはもはや世界の常識なのだが、日本だけは別のようである。

 - 政治, 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

ooigenpatu
大飯原発の停止要請をめぐる、政府と原子力委員会の「意味不明」

 唯一稼働中の原子力発電所である関西電力大飯原子力発電所をめぐって、政府と原子力 …

no image
為替市場で円高が進行。投資家の注目が「実質金利」に集中したことが要因?

 為替市場で円安が進んでいる。5日には一時、1ドル=109円台を付けるなど、1年 …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …

nichigin03
日銀が再度物価目標を先送り。だが足元では別のインフレ・リスクが・・・

 日銀は2017年7月20日に開催した金融政策決定会合において、2%の物価目標を …

carlos
スペイン民主化の象徴であるカルロス国王が退位。上からの民主主義は根付いたか?

 スペインのラホイ首相は2014年6月2日、国王のフアン・カルロス1世が退位する …

terebi
政治家も国民もみんなマスコミが大好き。電波停止に言及した高市発言の矛盾

 放送事業者が政治的公平性を欠く放送を繰り返した場合、電波停止を命じる可能性があ …

restaurant
米国の一部で広がるチップ廃止の動き。その背景にあるのはグローバル化?

 レストランにおけるチップの習慣を廃止する動きが米国の一部で広がっているとニュー …

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …