ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。日本では法人税の減税が行われている最中だが、米国での論議は、企業の競争力と税金の関係について多くの示唆を与えてくれる。

 kyosho201502 米国は主要国の中で、突出して法人税が高いことで知られている。日本の法人税の実効税率は35%程度なのに対して米国は40%以上である。しかも、米国は原則として、自国企業が海外で得た利益に対してもすべて課税するというシステムとなっており、容赦なく税金が徴収される。海外で得た利益には原則課税されない日本とは大きく状況が異なっている。
 米国市場はビジネスにとって最高の環境なので、税率が高いことが企業活動の妨げにはなっていない。ただ、海外の利益に対してすべて課税してしまうと、企業の負担があまりにも重くなるため、実際には海外から本国に送金した時に課税される仕組みになっており、課税が猶予されているというのが実態である。

 このため米国企業は米国内に利益を貯め込まず、海外に流出させるようになっている。アップルは、現在、20兆円ほどの現金(もしくはそれに類する証券など)を保有しているが、そのうち約9割が海外にある。利益還流に伴う課税を避けるため、資金を海外に蓄積しているのだ。米国政府からみれば、本来徴収できる税金が確保できないということになる。

 オバマ大統領は、2015年1月20日に行った一般教書演説において、中間層の生活水準向上のため、2年制大学の無償化などのプランを打ち出し、財源として、企業の海外課税強化を盛り込んだ。
 具体的には、海外の利益に対しては19%を課税するが、これを国内に戻して再投資する場合には14%の税率にとどめるというものである。本来であれば、高い税率となるところを14%で国内に還流可能ということになると、これに応じる企業は少なくないと考えられる。

 当然のことながら、このプランに対しては共和党が猛反発しており、実現するかは不透明である。今回は1回限りで14%の課税ということだが、問題は米国が今後、海外課税についてどのような方向性を打ち出していくのかである。
 欧州や日本が海外の利益には課税しないという方針の中、米国だけが課税にこだわっていると、さすがに米国企業の中にも本社移転を真剣に検討するところが出てくるかもしれない。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

sharp
シャープが再び巨額損失を計上。資本政策をめぐって経営陣は右往左往

 経営再建中のシャープは2015年5月14日、注目の2015年3月期決算を発表し …

bananki
バーナンキFRB議長の議会証言。QE3早期終了は否定したが、年内の縮小開始を示唆

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は5月22日、米議会で証言し量的 …

obamaparitero
世界の警察官であることをやめるという米国の外交戦略はテロでどう変わのか?

 過激派組織「イスラム国(IS)」による大規模なテロが発生したことが、オバマ政権 …

ieren02
イエレン議長初のFOMC。結局のところ米国経済は好調。利上げは近い

 イエレン氏のFRB(連邦準備制度理事会)議長就任後初めてとなるFOMC(連邦公 …

Hillary Clinton
イラクへの地上部隊派遣の動きが進む。オバマ大統領は政権末期で制御困難?

 米国でなし崩し的にイラク派兵に向けた動きが進んでいる。イラクでの戦争が再び次期 …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …