ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東大生の親は金持ちという統計学者の投稿が話題。議論の本質はどこにあるか?

 

 東大生の親の6割が年収950万円以上というツイッターの投稿がネットで話題となっている。一部では、教育格差絶望社会などと騒がれているが、この傾向はかなり以前から変わっておらず、特段驚くべきことではない。むしろ問題なのは、一流大学に行くことしか社会的に成功する道がないという、多様性のなさにあると考えられるが、こうした議論は少ない。

todai

 この投稿は、教育社会学者の舞田敏彦氏が行ったもの。舞田氏によれば、東大生の57%が親の年収が950万円以上であったという。40代から50代の世帯のうち、950万円以上の年収がある世帯の割合は21.8%なので、東大生の親は突出して金持ちだということになる。
 舞田氏は、幼少期からの通塾や早期受験をはじめとした、教育投資の差が出ている可能性が高いと指摘している。これは各種統計データから導出されたものなので、かなり確度の高い結果と考えてよいだろう。

 この結果は特段目新しいものではなく、20年以上も前から指摘されてきたことである。今も昔も、一流大学の学生の親は高所得者が多い。高所得者は金銭的に余裕があるので、子弟に対して多くの教育費をかける可能性が高く、こうした結果になることは容易に想像ができる。

 一部からは、格差社会を助長するとの声も出ているようだが、こうした議論で抜け落ちている点がある。一流大学を卒業した人と、そうでない人との間に根源的な格差が生じるということは、多くの日本人が、一流大学を出た人を特権的に扱うということについて是認しているということになるが、この考え方が正しいのかどうかという問題である。

 学歴が何を意味しているのかという解釈には2種類あるといわれている。ひとつは獲得したスキルの証明であるという解釈。もうひとつは、将来のポテンシャルを証明するという解釈である。
 日本以外の国は、学歴を獲得したスキルの証明とする傾向が強い。経済学を学んだ人は、経済学の知識があるので、その専門家として、相応の給与で雇用される。だが、その後のキャリアについては、そこからの競争となる。一方、日本の場合は、何を学んだのかはあまり関係なく、どの大学だったのかが重要となっている。いい大学を出れば、その後、実際に競争させなくても、高い能力を発揮することが分かっているということになる。

 単純な製造業の時代には、日本式の解釈もうまく機能した。業務内容は単純であり、基礎学力と仕事の能力がほぼ一致していたからである。だが、新しい付加価値を作り出す必要がある現代社会においては、学力は最低限の仕事の能力しか担保しない。本来は、そこから競争を行い、適性のある人物を選抜する必要があるが、日本の雇用システムは今のところそうなっていない。

 高学歴者が無条件で好待遇を受けるというシステムについて、その恩恵を受けている人もいない人も、これを所与の条件として受け入れている現状を考えると、日本型の選抜システムが今後、大きく変わる可能性は低いと考えられる。
 だが、このような硬直化した日本の選抜システムが、日本の国際競争力低下に大きく影響している可能性はかなり高いと考えた方がよいだろう。

 - 社会 ,

  関連記事

abeamari201409
安倍首相が年功序列賃金の見直しに言及。アベノミクス初の構造改革?

 政府は2014年9月29日、政府、経済団体、労働団体の代表らが雇用や賃金につい …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

uchishiba
無罪を確信していた内柴被告。下半身の行動とは正反対のあきれたナイーブさ

 東京地裁は1日、酒に酔った10代の女子柔道部員に性的暴行をしたとして準強姦(ご …

shoushika2014
地方創生骨子案。出生率1.8を目標にするも、これでは人口維持は困難

 政府は2014年11月6日、「まち・ひと・しごと創生本部」の有識者会議を開き、 …

korusika
まるでマフィア映画!コルシカ島の首領が相次いで殺害。それでも観光客が訪れる理由

 地中海に浮かぶフランス領の美しい島、コルシカ島で、マフィア映画さながらの連続殺 …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …