ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や子供の収入が大幅に増加している。女性も含め、家族全員で働きに出ている状況が想像される。人口減少社会において、全員が働き手になるのは合理的な選択だが、今回の調査結果は、実質収入の急減という切実な理由からである可能性が高い。

dentaku

 総務省の家計調査によると、2人以上の勤労世帯における12月の実収入は前年同月比マイナス0.8%の92万4911円だった。減少は15カ月連続となっており、輸入物価の上昇に伴い、実質収入の減少が続いていることが分かる。
 特に世帯主の収入は74万677円で、前年同月比ではマイナス2.2%の減少となった。12月はボーナスが支給されるところが多いが、基本給だけでなくボーナスもあまりいい状況とはいえなかったようだ。

 一方、金額が大幅に増加したのは、配偶者の収入である。配偶者収入は一般的な専業主婦世帯の場合、妻がパートなどに出て働いた収入ということになる。配偶者の収入は10万3686円となり、前年同月比で5%の増加となった。実質でプラスになるのは17カ月ぶりのことである。女性の給与だけが大幅に上昇した可能性は低いので、主婦がパート労働を増やした可能性が高い。世帯主の収入が減少しているので、それを補うことが目的と考えられる。

 これは、他の世帯員収入の増加からも伺い知ることができる。他の世帯員収入は、詳細は不明だが、独立した世帯を構えていない子供や年老いた親などが該当すると考えられる。他の世帯員収入は1万5665円となっており、前年同月比で18%も増加した。高齢者が急に仕事を見つけることは難しいので、仕事を増やしたのは、同居している子供と考えられる。

 日本は人口減少社会に突入しており、産業構造も大きく変化している。単純な製造業ではなく、多様なサービス産業が求められており、こうした社会においては、全員が就労することに一定の合理性がある。安倍政権が打ち出している女性活用策も、こうした考え方の延長線上にあるとみてよいだろう。

 今月の家計調査の結果は、まさに全員労働という傾向を強めたものとなったが、世帯収入の減少が主な理由であり、本来の主旨とは少し異なっている。
 この傾向が今度も続くのかどうかは、来月以降の調査結果を見なければ分からないが、家計が苦しいことを理由にした、女性や子供の労働市場への参加はあまり好ましいことではない。労働市場の改善によって、労働の機会が増加するサイクルに入るのは、当分先のことかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

rikenchousakekekka
STAP細胞疑惑の最終報告。やはり科学的真実は分からずじまい

 理化学研究所は2014年4月1日、新しい万能細胞である「STAP細胞」の論文問 …

handotai
特許データを元にした革新的な企業100社。最多ランキングとなった日本の課題

 トムソン・ロイターは2014年11月6日、特許データをもとにした、世界でもっと …

usakoyoutoukei201402
2月の米雇用統計で失業率は悪化したのに、市場が高く評価した理由

 米労働省は2014年3月7日、2月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

facebookhead
グーグルとフェイスブックが好決算。ただ、従来路線の延長で目新しさはなし

 ネット企業大手のグーグルとフェイスブックが共に好決算を発表した。ただ両社とも収 …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …

softbankson02
ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・ …

kousakukiki
7~9月期の設備投資の見通しはいまひとつ。10%増税の判断はいかに?

 内閣府は2014年8月14日、6月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …