ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や子供の収入が大幅に増加している。女性も含め、家族全員で働きに出ている状況が想像される。人口減少社会において、全員が働き手になるのは合理的な選択だが、今回の調査結果は、実質収入の急減という切実な理由からである可能性が高い。

dentaku

 総務省の家計調査によると、2人以上の勤労世帯における12月の実収入は前年同月比マイナス0.8%の92万4911円だった。減少は15カ月連続となっており、輸入物価の上昇に伴い、実質収入の減少が続いていることが分かる。
 特に世帯主の収入は74万677円で、前年同月比ではマイナス2.2%の減少となった。12月はボーナスが支給されるところが多いが、基本給だけでなくボーナスもあまりいい状況とはいえなかったようだ。

 一方、金額が大幅に増加したのは、配偶者の収入である。配偶者収入は一般的な専業主婦世帯の場合、妻がパートなどに出て働いた収入ということになる。配偶者の収入は10万3686円となり、前年同月比で5%の増加となった。実質でプラスになるのは17カ月ぶりのことである。女性の給与だけが大幅に上昇した可能性は低いので、主婦がパート労働を増やした可能性が高い。世帯主の収入が減少しているので、それを補うことが目的と考えられる。

 これは、他の世帯員収入の増加からも伺い知ることができる。他の世帯員収入は、詳細は不明だが、独立した世帯を構えていない子供や年老いた親などが該当すると考えられる。他の世帯員収入は1万5665円となっており、前年同月比で18%も増加した。高齢者が急に仕事を見つけることは難しいので、仕事を増やしたのは、同居している子供と考えられる。

 日本は人口減少社会に突入しており、産業構造も大きく変化している。単純な製造業ではなく、多様なサービス産業が求められており、こうした社会においては、全員が就労することに一定の合理性がある。安倍政権が打ち出している女性活用策も、こうした考え方の延長線上にあるとみてよいだろう。

 今月の家計調査の結果は、まさに全員労働という傾向を強めたものとなったが、世帯収入の減少が主な理由であり、本来の主旨とは少し異なっている。
 この傾向が今度も続くのかどうかは、来月以降の調査結果を見なければ分からないが、家計が苦しいことを理由にした、女性や子供の労働市場への参加はあまり好ましいことではない。労働市場の改善によって、労働の機会が増加するサイクルに入るのは、当分先のことかもしれない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

hasimoto2
橋下氏が慰安婦など一連の発言について釈明会見。だが参院選への影響は必至

 日本維新の会の橋下徹共同代表は5月27日、日本外国特派員協会の記者会見に臨み、 …

nichigin04
日銀が緩和の枠組みを金利目標にシフト。量的緩和策は事実上の長期撤退戦へ

 日銀は、2016年6月20日と21日に開催された金融政策決定会合において、従来 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

smog
悪化する北京の大気汚染。本当に自動車の排気ガスが原因なのか?

 北京を中心に中国各地で大気汚染が悪化している。北京市内では、視界がほとんどきか …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …