ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予想を上回っており、米国の雇用環境が極めて良好であることが明らかとなった。
 現在、世界経済は米国だけが好調な状態にあるが、市場では、世界経済の不調が米国経済に波及するのかどうかが最大の関心事となっている。雇用統計を見た限りでは、米国内にはまったく不安要素がなく、6月の利上げは予定通りという見方が強まっている。日本の製造業にとっては朗報である。

usakoyoutoukei201501

 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。1月時点での非農業部門の雇用者数の増加は25万7000人となり市場予想を大きく上回った。また2014年11月と12月の数字が大幅に上昇修正となり、11月は何と42万3000人の増加、12月も32万9000人の増加となった。
 11月から12月にかけては年末商戦があり雇用は増える傾向にあるが、それにしても40万人台の雇用増加は驚きであった。年末商戦が終了した年明け以降も、好景気の目安である20万人を大きく超えていることから、雇用の勢いは衰えていない。

 昨年10月の段階で2.6%程度であった米国の長期金利は、ディスインフレ懸念から低下しており、1月は1.6%台まで下落していた。だが2月に入って金利は上昇傾向を見せ始めており、今回の雇用統計はそれを後押しする可能性がある。

 原油価格の下落が実体経済に効いてくるまでには多少のタイムラグがある。世界最大の消費国である米国は、原油価格下落の恩恵をもっとも受ける国のひとつだが、その効果が出てくるまでの間に米国経済も失速してしまうと、全世界的な景気低迷に陥ってしまう。

 トヨタをはじめとする日本の製造業の多くが米国経済に依存しており、日本経済の将来は、米国がスケジュール通り利上げに踏み切れるのかどうかにかかっている。
 ギリシャ問題やウクライナ問題など当面の不安要素は多い。また日本と欧州が積極緩和姿勢を続けており、ドルの独歩高が続いている。あまりにもドル高が進むと、米国の輸出産業に影響が出てくる可能性もある。そのような中、とりあえず米国の雇用が好調であることが確認できた意味は大きい。
 今のところ利上げスケジュールは予定通りという認識でよいだろう。同時に、日本の製造業も引き続き業績を拡大できる可能性が高まってきたといえる。

 - 経済 , ,

  関連記事

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …

doruen201505
ドルの調達コストが急上昇。日本は外貨での運用もできなくなりつつある

 日本の機関投資家が、資金を運用したくても運用する先がないという問題に直面し、悲 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

sontrump
孫正義氏がトランプ氏と電撃会談で米国投資を確約。パートナーが鴻海である理由

 ソフトバンクグループの孫正義社長は2016年12月6日、トランプ次期米大統領と …

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …