ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予想を上回っており、米国の雇用環境が極めて良好であることが明らかとなった。
 現在、世界経済は米国だけが好調な状態にあるが、市場では、世界経済の不調が米国経済に波及するのかどうかが最大の関心事となっている。雇用統計を見た限りでは、米国内にはまったく不安要素がなく、6月の利上げは予定通りという見方が強まっている。日本の製造業にとっては朗報である。

usakoyoutoukei201501

 米国では新規雇用者数の増加が20万人を超えていると好景気とみなされる。1月時点での非農業部門の雇用者数の増加は25万7000人となり市場予想を大きく上回った。また2014年11月と12月の数字が大幅に上昇修正となり、11月は何と42万3000人の増加、12月も32万9000人の増加となった。
 11月から12月にかけては年末商戦があり雇用は増える傾向にあるが、それにしても40万人台の雇用増加は驚きであった。年末商戦が終了した年明け以降も、好景気の目安である20万人を大きく超えていることから、雇用の勢いは衰えていない。

 昨年10月の段階で2.6%程度であった米国の長期金利は、ディスインフレ懸念から低下しており、1月は1.6%台まで下落していた。だが2月に入って金利は上昇傾向を見せ始めており、今回の雇用統計はそれを後押しする可能性がある。

 原油価格の下落が実体経済に効いてくるまでには多少のタイムラグがある。世界最大の消費国である米国は、原油価格下落の恩恵をもっとも受ける国のひとつだが、その効果が出てくるまでの間に米国経済も失速してしまうと、全世界的な景気低迷に陥ってしまう。

 トヨタをはじめとする日本の製造業の多くが米国経済に依存しており、日本経済の将来は、米国がスケジュール通り利上げに踏み切れるのかどうかにかかっている。
 ギリシャ問題やウクライナ問題など当面の不安要素は多い。また日本と欧州が積極緩和姿勢を続けており、ドルの独歩高が続いている。あまりにもドル高が進むと、米国の輸出産業に影響が出てくる可能性もある。そのような中、とりあえず米国の雇用が好調であることが確認できた意味は大きい。
 今のところ利上げスケジュールは予定通りという認識でよいだろう。同時に、日本の製造業も引き続き業績を拡大できる可能性が高まってきたといえる。

 - 経済 , ,

  関連記事

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …